即席の足跡《CURIO DAYS》

毎日の不思議に思ったことを感じるままに。キーワードは、知的?好奇心、生活者発想。観る将棋ファン。線路内人立ち入り研究。

竜王戦第二局大盤解説会・その2

2009年10月30日 01時00分27秒 | 将棋
たいがーさんオジサンとのディープなアフターを楽しんで今帰宅しました。

それにしても強かったです。
先日の竜王戦展望でも書いたのだけど、去年の渡辺竜王とは、一枚力が違うと思うのです。

後手の消極的で受身の△7三角が敗因か。
森内九段の良さがほとんど出なかったところが残念だったけど、竜王の強さだけが目立った一局でした。

特に、木村八段絶賛の▲7五歩。
1筋、2筋で戦いが始まっていたところに、視野の広い絶妙な一手。
△6二銀が最後まで働かなかった、いや、働かせなかった竜王の大局観の勝利。

このままずるずるとはいかないだろうけど、今年の竜王は違うと思います。

去年のあの3連敗から這い上がった自信は目に見えない力をつけてるはず。

森内九段の巻き返しにも期待しつつ、第三局を楽しみにしたいと思います。

木村八段は、「将棋はいやがらせのゲーム」と言っていたけど、とにかく将棋は、面白いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 竜王戦第二局大盤解説会 | トップ | アイディアは組み合わせ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Dancho)
2009-10-30 08:50:36
nanaponさん、おはようございます。

羨ましいです。環那ちゃんが聞き手だったとは…(涙)。

まぁ、それはさておき、ssayさんのところにも同じコメントを残していますが、渡辺竜王は、竜王戦に調子をピークに持っていく…凄い集中力だと思いますね。

去年の大逆転から、この棋戦に限って言えば、相当な自信を付けている気がします。

まぁ、竜王戦は、将棋界最高峰の棋戦ですから、他の棋戦が少しおろそかになっても、ある程度仕方がないのではないか…と個人的には思っています。

その観点で言えば、渡辺竜王も、私達と同じ「人間」だと思えば、納得できるかもしれません。
(そんな風に捉えているのは、私だけ!?)

まぁ、このまま、森内九段も終わらないと思うので、今後の展開に期待したいと思います。
お疲れ~! (オジサン)
2009-10-30 10:07:48
いや~、面白かったですね。
あの二人は最強コンビかも。(笑)

しかし、飲んだ後にブログ更新するとは・・・nanaponさんが最強なんでは?
コメント、ありがとうございます。 (nanapon)
2009-11-01 20:14:58
☆Danchoさん、こんばんは。

>羨ましいです。環那ちゃんが聞き手だったとは…(涙)。

すみません。羨ましがらせて。(笑)
マジに幸せでした。

>渡辺竜王は、竜王戦に調子をピークに持っていく…凄い集中力だと思いますね。

ほんと強いですよ。森内九段がしっかり巻き返してきたとしても、重い腰でそう簡単には動かないと思います。

>まぁ、このまま、森内九段も終わらないと思うので、今後の展開に期待したいと思います。

はい、一方的なままでは行かないと思いますので、次も楽しみにしましょう。

☆オジサンさん、こんばんは。

>いや~、面白かったですね。
あの二人は最強コンビかも。(笑)

ほんと、そう思います。ライバルコンビが現れて、解説会の醍醐味を争うようになったら面白いです。

>しかし、飲んだ後にブログ更新するとは・・・nanaponさんが最強なんでは?

そんなことないですよ。
ヘロヘロのままなんとかやっつけた、って感じで。
しっかりメモしてて、きちんと整理して書いてるオジサンとは2枚落ちくらい。
速効性とあとは写真でごまかしてるだけで。(笑)

また行きましょう!

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

トラックバック

最近の将棋界あれこれ (中野ブロードウェイ在住者の日常と仕事と趣味の備忘録)
最近の