「野のなななのか」製作委員会日誌

北海道芦別(あしべつ)市を舞台に製作された,映画『野のなななのか』(大林宣彦監督)。市民による製作委員会のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝日新聞 be on Saturday に記事が掲載!

2018-05-26 09:00:00 | 日記
 5月26日付け朝日新聞の be on Saturday 「みちのものがたり」に、「野のなななのか」の大林宣彦監督のエピソード「大林宣彦監督が歩いた道(広島県尾道市)」が掲載されました。



 記事では、戦争に伴う建物強制疎開で失われてしまった下町の風景を取り上げ、戦争に対する思いや、「野のなななのか」など近年の"戦争三部作"について、さらには尾道を舞台に企画している次回作について大林監督が語っています。

 該当の記事(朝日新聞のwebサイト。全文を読むには会員登録が必要)はこちら

(事務局・さ)
コメント

3月18日・20日・22日に東京で「野のなななのか」を上映!「この空の花」、「花筐」も!

2018-03-15 12:30:00 | 日記
 ポレポレ東中野(東京都中野区)で3月17日から23日にかけて「大林的戦争三部作」と題し、『野のなななのか』、 『この空の花―長岡花火物語』と最新作『花筐/HANAGATAMI』が上映されます。

 『野のなななのか』は18日、20日、22日、『この空の花―長岡花火物語』は17日、19日、21日、23日に、いずれも15時50分からの上映となります。
 また、『花筐/HANAGATAMI』は各日12時20分から上映されるほか、24日以降も19時30分から上映されます。なお、初日の17日には大林宣彦監督が登壇して、舞台挨拶を行います。
 詳しくは、同館のウェブサイトでご確認ください。

(事務局・さ)
コメント

大林宣彦監督が新作の構想を公表!原爆投下までの日本の戦争を描く

2018-02-22 08:00:00 | 日記
 「野のなななのか」の大林宣彦監督がNHKのインタビューに答え、新作の構想を明らかにしました。
 NHKの報道によると、新作は「原爆が投下されるまでの日本の戦争」をテーマにし、脚本はほぼ完成。大林監督は早ければことし5月から撮影を始めたいと話しているそうです。

インタビュー内容を報じるNHKのwebサイトはこちら
(リンク切れの可能性があります)

(事務局・さ)
コメント

大林監督の最新作「花筐」が毎日映画コンクール大賞を受賞!美術賞も!

2018-01-18 08:30:00 | 日記
 第72回毎日映画コンクールの受賞者が発表され、大林宣彦監督の最新作「花筐/HANAGATAMI」が「日本映画大賞」を受賞しました。また、「野のなななのか」の美術監督も担当した竹内公一さんが、本作で美術賞を受賞しました。表彰式は2月15日(木)、神奈川県川崎市内で開かれます。

 1月18日付け毎日新聞朝刊に掲載された毎日映画コンクールの結果・大林宣彦監督のインタビューはこちら
 (毎日新聞のWebサイト。リンク切れの可能性があります)

 「花筐/HANAGATAMI」の公式サイトはこちら

(事務局・S)
コメント

「青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言」、9月2日放送!

2017-08-28 08:30:00 | 日記
 NHKEテレ(教育テレビ)で9月2日(土曜日)午後11時から、ETV特集「青春は戦争の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言」が放送されます。
 末期ガンを宣告された大林宣彦監督が43作目に選んだテーマは「戦争」。映画人生の“集大成”として新作「花筐(はながたみ)」を製作した大林監督の1年を追ったドキュメンタリーです。

 詳細は、番組のウェブサイトでご確認ください。
 (リンク切れの場合があります。)

(事務局・S)
コメント