小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

ツバメシジミ、ヒメアカタテハ、他、チョウ

2019-06-15 | 蝶と昆虫

6月13日いつもの池で出会ったチョウ達です。池の葦も刈られ、土手の草もしょっちゅう刈られますので、水鳥も昆虫達も種類、数ともに少なくなってしましました。寂しい限りです。

ツバメシジミ 今季初めての出合いでした。裏翅も撮りたかったのですが……。

アゲハ

ヒメアカタテハ こんな色あせたヒメアカタテハ初めて見ました。別の種類かと思いましたがそうではないようです。このチョウは私と同様老いたチョウではないでしょうか。ガンバレ!

ヒメアカタテハ

ベニシジミ

モンシロチョウ

 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ボタンクサギ、ジャカランダ... | トップ | ハゼラン、ヤマモモ、他、植物 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
池の葦 (Rei)
2019-06-16 09:11:23
池の葦も刈られ>人の手が入ると昆虫、水鳥には住み難くなるのですね。
かと言って管理者にとっては
自然に任せるわけにもいかないでしょう。
むつかしいところですね。

ジャカランタ、紫が美しいです。
こんな美しい木が街中で見られるのですか?
ビワはこの季節のものですが
子供のころお腹こわすからと
食べさせてもらえませんでした。
季節もの、一度は食べたいので
スーパーで探してみます。
ツバメシジミ (fukurou)
2019-06-16 09:24:38
nampoo様
おはようございます。
最近ツバメシジミ見ていません。
尾状突起のあるシジミチョウが多いのにこの蝶だけどうしてツバメなのでしょう?
先日ブログでこんな疑問が載っていました。
この蝶の尾状突起はちょこっとついていてツバメの尾みたいなのかな?
刈り取ってしまうと (nampoo)
2019-06-16 20:23:33
Rei様

こんばんは。
何事もほどほどが良いと思っています。
この池も葦が3分の1ほど茂っていた頃は、
ゴイサギや南方系のアカガシラサギなどがやって来ていました。
今は身を隠すところもありませんから、ただのガラ~ンとした水面だけです。
尾状突起のあるチョウは (nampoo)
2019-06-16 20:28:08
fukurou様

こんばんは。
尾状突起のあるチョウはこれだけではありませんよね。
どうしてツバメシジミなんでしょう。
一度調べたことあるのですが、わかりませんでした。
Unknown (necydalis_major)
2019-06-17 04:32:36
だんちょう

おはようこざいます!!
みんな綺麗に撮影されており素晴らしいですね(ノ^^)ノ

ツバメシジミとても綺麗な個体に出会えてのですね!
なかなか翅を開いてくれないけど写真ではバッチリですね(//∇//)
早々と (nampoo)
2019-06-17 20:34:41
だんちょう様

こんばんは。
今季はラッキーなことに早々とツバメシジミにあえました。
いつもの池の傍は最近南方系のチョウに会えるので、
今季も期待しているのですが。

コメントを投稿

蝶と昆虫」カテゴリの最新記事