五劫の切れ端(ごこうのきれはし)

仏教の支流と源流のつまみ食い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★玄奘さんの御仕事 特集★

2005-04-23 12:52:20 | 玄奘さんのお仕事
三蔵法師・玄奘さんの偉大な御仕事について連載しています。
仏教・シルクロードの歴史・中華思想など、内容盛り沢山。ぜひ御一読下さい。
玄奘さんの御仕事 其の弐拾
玄奘さんの御仕事 其の壱十九
玄奘さんの御仕事 其の壱十八
玄奘さんの御仕事 其の壱十七
玄奘さんの御仕事 其の壱十六(5/27)
玄奘さんの御仕事 其の壱十五(5/24)
玄奘さんの御仕事 其の壱十四(5/20)
玄奘さんの御仕事 其の壱十参(5/18)
玄奘さんの御仕事 其の壱十弐(5/16)
玄奘さんの御仕事 其の壱十壱(5/9)
玄奘さんの御仕事 其の壱十(5/6)
玄奘さんの御仕事 其の九(5/2)
玄奘さんの御仕事 其の八(4/27)
玄奘さんの御仕事 其の七(4/23)
玄奘さんの御仕事 其の六(4/18)
玄奘さんの御仕事 其の五(4/17)
玄奘さんの御仕事 其の四(4/14)
玄奘さんの御仕事 其の参(4/11)
玄奘さんの御仕事 其のニ(4/8)
玄奘さんの御仕事 其の壱(4/5)
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄奘さんの御仕事 その七 | トップ | 玄奘さんの御仕事 その八 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました! (鮎川龍人)
2005-04-23 20:44:57
旅限無さま、リンクさせて戴きました。

宜しくお願い致します。

私もTBありがとうございました (neto)
2005-04-24 00:40:17
仏教についての知識はあまりないのですが、今後も宜しくお願いいたします。
TBありがとうございました。 (あり)
2005-04-24 02:10:56
またお寄りください。
TBありがとうございます (vivace)
2005-04-24 11:47:21
こういうブログおもしろいですね~

ときどき寄ってお勉強してみます☆
TB有難うございます (TM)
2005-04-24 19:00:25
読み応えがありますね。



なかなか時間がないのですが、頑張って最後まで拝読いたします。

ありがとうございます (sibabasi)
2005-04-25 16:53:35
トラックバックいただき、ありがとうございます。仏教を少しばかりかじっておりますので、貴ブログを読ませてもらって、勉強させていただきます。
はじめまして (リアムズ)
2005-05-01 18:29:29
はじめまして



沙門あきさんのブログから来ました。



これから拝見させていただきます。



とりあえずご挨拶までに
リアムズさんへ (旅限無)
2005-05-01 20:27:45
いらっしゃいませ。大歓迎です。拙い内容である上に、余り頻繁にアップ出来ない現状ですが、どうぞ気長にお付き合い下さいね。
こんばんは (ahaha)
2005-05-05 03:26:05
過日、TBをいただいて、コメントをこちらに書いたつもりでした。

今、見ると、書いたはずのコメントがなくて、もう真剣に自分のボケを考えてます。

実は、4月末くらいからgoo blogにTBができなくなっております(いただけるのですが)。そんな次第で、力作を読ませていただきながらTB返しができず、恐縮です、と書いたはずのが消えていて、もう消え入りたいくらいです。本当にあいすみませんでした。
ahahaさんへ (旅限無)
2005-05-05 03:47:31
こちらにもコメントを頂きまして、御丁寧に、有難う御座いました。仏教をじっくり考えていられれないような殺伐とした事件や、今回は100人を越える大惨事まで起きて、玄奘さんの旅の続きを書くのも気が引けるような日々が続いております。でも、死者を弔う文化の中にも歴史の流れが有ることを知っておくのも大切なんだと思います。

コメントを投稿

玄奘さんのお仕事」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

たらいまわし・本のTB企画(11) 『旅』の文学! (てらブログ)
えー、またのってみます。 生来の出不精のせいか旅には縁遠い私ですが、てっちゃんの過去もあったりしてそそるテーマであります。 でも、いざ探してみると完全フィクションものばかり目に入りますね。『指輪物語』も旅と言えば旅ですよね。 でも、これははずせない 『深夜特
新・シルクロード (ナガメル記)
NHKスペシャル「新・シルクロード」 今日は天山南路. シルクロードを思想の道として,鳩摩羅什(くまらじゅう)を中心に 組み立てたものになっていました. この鳩摩羅什,日本の仏教ではおなじみの数々の教典(その数300)を サンスクリット語から中国語へと翻訳