竹原BLOG:奈良民話祭り ― グリム童話・メルヘン・語りの文化 とっておきの話。 

夏の奈良民話祭り:8月5日(金)午後3時より奈良町物語館で4回公演!
奈良燈花会に行きがてら、ぜひ来てくださいね!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

吉野の河童はなんと薬をお礼にくれたのだ!

2010年06月22日 | 日記
NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」も漫画家の妻として苦労も多いが、
その一方で、漫画のキャラクターとして、狐、河童、悪魔くんたちが登場し、
ドラマもにぎやかに展開中である。


NHKの朝ドラより

そこで、思い出したのが、吉野の河童である。

前回のブログで述べた吉野の民話の調査では、愛すべき河童(ガタロウ)の話を聴いた。
そのひとつを紹介しよう!

ガタロウと錦草

辻堂のな、蒲生の裏に、どえらい、あの、大きな淵があったんや。
今はダムにして無いけどな。
その淵にはガタロウがおった。昔の話やで。

お便所に行ったらね、ガタロウが下から手を出してきたと。
それを切ったんと、鎌で。
その代わりにね、ガタロウが「その手を返してくれ」と。
「手を返してくれたら、ええ薬教えるさかい。」
ほんでね、蒲生屋さんですわ。
その薬な、今でも売ってると思うわ。


河童のくれた薬

語り手:福本清明(大塔村 宇井)
原典:昔話研究懇話会編『昔話―研究と資料』 14号 (昭和60年)

上の写真の薬は民話調査の際、入手したものです。
薬効に、「打身、くじき、筋違、神経痛、感冒によし」とあります。
河童に教えられた薬だから、よく効くのでしょうね。






『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 入鹿の首塚は高見山にもある... | トップ | 日本昔話学会・武庫女大で開... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぼぶ)
2010-06-22 10:45:26
河童というところが吉野らしいですね。
私も小さい頃よくお父さんやおじいちゃんから、河童の話を聞いていたので、久しぶりに河童の話を読んで、懐かしかったです!
訂正 (こいちゃん ぶどう)
2010-06-26 00:05:27
ガタロウの話の中で
便所に行ったら~ のところがガクロウになってますよ(^o^)
訂正指摘感謝 (竹原威滋)
2010-06-27 00:04:14
ご指摘の箇所訂正しました。
ありがとう。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事