M.T氏日記

アーケードに限らず、最近の出来事等色々

ストライカーズ1945-2のスコア日記 第77回

2006-04-21 01:51:11 | Weblog
連射装置について

このゲームではシンクロ12連が最速ということです。離れて戦う場合は見た目にはわからないのですが、7ボスなど重なって戦う敵に対しては連射速度で壊れる速さが変わります。震電や疾風など重なってもサブウェポンがあまり回転しない機体はそれほど変わりませんが、ライトニングやフォッケの15連では7ボスが壊れる速さが明らかに遅くなります。(20連などでは不明)

実は離れて戦う場合でも、サブウェポンの発射間隔が微妙に違っていますので厳密には違う壊れ方をします。
私はいつも震電をプレイしている場所が15連のため、この遅い連射に慣れてしまいました。そのため12連ではプレイできなくなっています。この違いは5面中ボスなどでヒートミサイルを確実に制御しなければならない場面で顕著です。12連ではヒートミサイルを思ったとおりに制御できないので、いつもの12個パターンが全くできません。海面道中なども毎回適当に撃っているように思っていましたが、戦艦の砲台や本体の壊れるタイミングがいつもと変わってしまい非常に死にやすく、金塊の精度も著しく落ちます。

今は12連のところではなるべくプレイしないようにしています。ちょっとでもプレイすると今度は体が12連に慣れようとして、元の感覚を忘れてしまいそうになります。

同じシンクロ15連でも、オンとオフのフレーム数によっても感覚に差がでます。基本的にオンのフレーム数が多いタイプの連射装置が良いです。ビデオの解説書では逆のことを書いていましたので、訂正します。
オフが多いタイプは、溜めうちを溜めるためにAボタンを押さなければいけない時間が1フレームか2フレーム長いです。また溜めうちを発射する際にAボタンを離してから、実際に発射されるまでの時間がやはり1フレか2フレ遅れます。
ほんの僅かな違いですが、プレイには多大な影響がでます。
1周目では余裕をもって溜めうちを撃つことが多いのですが、2周目では溜めるために必要な最小限の時間しかAボタンを押さないことが多いため、ゲージはあるのに溜めうちが発射されないということが頻発します。特に2周目海ボス第1形態と列車ボス第1形態で溜めうちを連続発射する場面では、2回目の溜めうちが溜らずに死亡ということが何回もありました。
本当は1周目でも溜めたつもりが溜まっていないということがありましたが、1周目では改めて溜め直して発射してもアドリブでなんとかなってしまうことが多いです。
しかし2周目では溜めうちを撃つべきときに撃てないとすぐに死んでしまいます。
このタイプの連射でも2周目ランダム面までは何回か繋がったことはありますが、ほとんどが海ボスか列車ボスでやられてしまいました。その場合でも1周目からアドリブが多くなっているため、点数は安かったです。今はこのタイプの連射装置ではちょっと繋がる気がしません。

15連のオンとオフが同じフレーム数のタイプはラスボスで連射が効かなくなるという大きな問題点がありますが、それ以外はオンが多いタイプと全く同じ挙動を示しますので、私は問題なく使えます。1周目はともかく2周目のラスボスを手連でやるのは少しいやな感じもしますけど。

今から連射装置を作る方はシンクロ12連でオンのフレーム数が多いタイプがお薦めです。

震電のヒートミサイルはAボタンを1回押すと基本的に自機の両サイドから2本同時に発射されます。画面上に既にいくつかヒートミサイルが存在していて、それらが次々消えていくような場合は、片側ずつ交互に発射されるときもあります。Aボタンまたは連射ボタンをほんの一瞬だけ押して離すと、ショットのみが出てヒートミサイルは出ません。しかし、ヒートミサイルが2本出るタイミングと出ないタイミングの中間くらいの時間押して離すとたまに1本だけ出るときがあります。実際は意図的に1本だけ出すのは難しいのでやっていませんが、ルールの範囲内で1本だけヒートミサイルを出せる特殊連射装置を作れたら、少しだけ点数の期待値が上昇するかもしれません。海ボス第1形態などのいくつかの場面では本当は1本だけヒートミサイルを発射したいところがあります。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿