本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダークタワー

2019年02月27日 16時47分23秒 | 洋画 た行
監督 ニコライ・アーセル
出演 トム・テイラー
    イドリス・エルバ
    マシュー・マコノヒー


巨大なタワーや黒魔術の存在する夢を見る少年。

現実世界で命を狙われ、その世界へ導かれる。


スティーヴン・キングの原作です。

前半はスティーヴン・キングの雰囲気がたっぷり。

懐かしい~。

面白い!


それが後半は普通のアクション映画に。

ちょっともったいない作品でした。
コメント (2)

ここは太平洋側?

2019年02月26日 11時44分49秒 | 日記
ここ何日か晴天が続いています。

朝起きて外を見たときの気持ちのいいこと♪

寝ている間に太平洋側にワープした?(笑

そんな冗談も心に浮かぶほど(照


やっぱり老後は太平洋側に終の住処か☆
コメント (2)

蛇と月と蛙/田口ランディ

2019年02月26日 10時51分26秒 | 作家 た行
表題を含む6つからなる短編集。


一番印象に残ったのは「4ヶ月3週と2日」

これは小説というよりエッセイに近いのかな。

日本ってどんな国?

田口ランディが性、風俗、歴史、宗教などに返答。

的確な言葉なんだけど、異人さんにそんな風に伝えていいの?って(笑

そしてこの「4ヶ月3週と2日」ってルーマニアの映画の題名だそうです。

観てみたい。

ツタヤにあるのかな~。
コメント

眼球綺譚/綾辻行人

2019年02月23日 11時23分27秒 | 作家 あ行
表題を含む7つからなる短編集。

どのお話も咲谷由伊という女性が絡んできます。


げてもの料理を出す料理店がエスカレート。

自分の身体はトカゲのように再生するという女性。

沼から釣ってきた魚に足が生え…。

などなど。

そんなオドロオドロな一冊。


久しぶりに綾辻行人の世界観が読みたくて再読。

やっぱりいいな~。


咲谷由伊の存在が回を増すごとに大きくなるのが快感(笑
コメント (2)

とうとう限界か。

2019年02月21日 09時38分33秒 | 日記
ここ何日かパソコンの調子が絶不調。

携帯をスマホにして、パソコン君いじけちゃったのかな(汗

それとももう10才だから老齢化?


スマホで長い文章を書いたりネット検索を見るのまだまだ苦手。

復活して欲しい!(願
コメント (4)