本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライオンの歌が聞こえる ~平塚おんな探偵の事件簿2~/東川篤哉

2015年07月31日 02時12分47秒 | 作家 は行
4つからなる短編集。

黄金のたて髪がトレードマークのヤンキー風の探偵。

そして助手の天然ボケの可愛い女の子。

二人があーだこーだ言いながら事件を解決します。


「いなくなった亀の捜索中に依頼主の死体を発見。靴下を履いていない理由は?」

「車に轢かれた老婦人は珈琲まみれ。なぜ?」

「深夜のビーチで正面衝突したはずの車が消えた!」

などなど。


いちお「ふ~ん」と納得する感じかな。

でも真相が分からないとストレスが溜まりそうな事件ばっかり(笑


エピローグの後日談が面白かったです♪
コメント (2)

仕事の顔とプライベートの顔

2015年07月30日 09時50分45秒 | 日記
先日、店のビールサーバーを新調した。


その時の担当者さん。

30歳半ばぐらいかな。

”超”が10個ぐらい付くほど真面目。

この人は冗談を言ったことがあるんだろうかって思ってしまったぐらい。


仕事は丁寧で、礼儀正しい。

設置の後、ビールをサーバーに入れていると「僕まだ時間あるので何かお手伝いしましょうか」と言ってくれる。


そんな彼をタリーズで見かけた。

「蝉が脱皮しているとこを見た」と友達と談笑している。

その語り、笑顔がとても生き生きと楽しそう。

二人で爆笑したりもしている。


俺が女だったら、彼に惚れていたかも。

俺にもあの笑顔を見せてほしい~と、一緒に笑っている友人にちょっと嫉妬(照




コメント (10)

美女と野獣

2015年07月29日 01時56分14秒 | 洋画 は行
監督 クリストフ・ガンズ
出演 ヴァンサン・カッセル
    レア・セドゥ
    アンドレ・デュソリエ


ディズニーで有名な同タイトルの実写版。


「男は顔じゃないよ~」と、とても!とても!素晴らしい教訓のこの作品。

ただ、この映画の野獣さん、それなりにカッコいい。

ライオン丸みたい(笑


映像が綺麗。

主人公のベルも可愛い。


展開的には前半に時間をかけ過ぎたのか、後半はちょっとバタバタと急ぎ足。

ベルはいったいいつ野獣さんのどこを好きになったんだろう…。

そこらへんのラブ♪をもう少し描いてほしかったな(照
コメント (4)

掟上今日子の推薦文/西尾維新

2015年07月28日 02時52分46秒 | 作家 な行
記憶が一日ごとにリセットし全て忘れてしまう探偵ー。

だから依頼はその日のうちに解決できるものだけ。


これはもう設定と文章力の勝利☆


ストーリーとしては犯人探しなんだけど、登場人物があまりにも少なすぎ。

探偵、助手、被害者、犯人のみ(笑

そりゃ~誰でも犯人わかっちゃう♪


展開も超ご都合主義。

でも面白い。

ある意味すごいな。


この作品、シリーズの第2弾だとか。

第1作目も図書館に予約しました♪
コメント (4)

幸せのおっそわけ

2015年07月27日 09時39分48秒 | 日記
昨日小部屋に入られたお客さん6人。

彼氏彼女のご両家の初顔合わせだとか。


いいですね~。

緊張と喜びと未来に溢れていて。


いいな~(照


コメント (10)