本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リトル・ランナー

2014年10月31日 02時14分16秒 | 洋画 ら行、わ行
監督 マイケル・マッゴーワン
出演 アダム・プッシャー
    キャンベル・スコット
    ジェニファー・ティリー


厳粛なカトリック学校に通う14才の少年。

病気でこん睡状態の母に奇跡を起こすべく、自らもボストンマラソンで優勝という奇跡を起こそうと邁進する。


いや~。

感動しました。

涙が流れるというより、身体が震える感じ。


性に旺盛な少年。

旺盛過ぎます(笑

そんな少年が走る!走る!走る!


そしていよいよボストンマラソン。

少年を見守る人々に感激。


胸が熱くなっちゃいました。
コメント (2)

俺は器量が小さいんだから

2014年10月30日 00時08分11秒 | 日記
ガソリンを入れに行った。

無料で洗車してくれるというので待合室で待つことに。


しばらくして何気に自分の車を見ると、知らないオジサンが俺の車の中を覗いている。

挙句の果てに勝手に後部座席を開けたりまで。

店員さんも一緒に談笑している。


ええ~。

なんか面白くない。


別にそれぐらいいいやんと言われてしまえばそうなんだろうけど…。


でも!

もし車の中にエロ本とかあったら恥ずかしいやん(汗

拳銃あったら…

誘拐した子供がいたら…


車の中って結構にプライベートな空間なんだと思うんだけどな~。

やっぱり俺の器量が小さいのかな~(爆


コメント (12)

群青のタンデム/長岡弘樹

2014年10月29日 01時31分07秒 | 作家 な行
警察学校で同期の男女2人。

一話ごとに視点が交互し、共に出世していきます。

定年まで描かれているんだけど、なかなか趣向の凝らした連作短編でした。


その話その話、長岡弘樹得意の意外性が待ち受けています。


そしてこの本全体の意外性?真相?

これがちょっとイマイチだったかな。


たぶん俺自身が全ての伏線に気づいていなかったり理解できなかった部分も大きいと思うけど。

勿体ない(寂
コメント (2)   トラックバック (1)

カイジ2 人生奪回ゲーム

2014年10月28日 02時16分47秒 | 邦画 か行
監督 佐藤東弥
出演 藤原竜也
    吉高由里子
    伊勢谷友介


タコ部屋の仲間達のお金で地上に戻るカイジ。

みんなの借金を帳消しにするお金を裏カジノで獲得するぞ~。

狙うは一攫千金!当たれば10億の沼パチンコ!


いや~、面白かったです☆


原作読んでいるのにハラハラドキドキ。


ギャンブルと人間ドラマ、両方楽しめます♪
コメント (4)   トラックバック (1)

朝から2つも頂きました♪

2014年10月27日 09時54分12秒 | 日記
朝一番、目覚ましが鳴る前に携帯に着信が。


お客さんからだ。

早朝の電話を恐縮しながらも、釣ったお魚を下さるという。

「ありがとうございます」

早速頂いて来ました♪


たぶん朝一番に電話してくれたのは、俺が仕入れに行く前にと思ってくれたんだろうな。

頂いたのはブリだったんだけど、おかげでブリは仕入れなくてすみました(照


ブリと心遣い、朝から2つも素敵なものをいただきました(感謝



俺も明後日は釣りです☆

あやかって大物釣るぞ~!
コメント (6)