本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エリジウム

2014年05月31日 12時04分41秒 | 洋画 あ行
監督 ニール・ブロムカンプ
出演 マット・デイモン
    ジョディ・フォスター
    シャールト・コプリー


地球が荒廃しスラム街化した近未来。

富裕層は宇宙に造ったエリジウムという理想郷に暮らす。

一方、貧困層の青年が余命5日と診断される。

エリジウムの最新の医療を受けるべく、危険な闇取引に応じることに。


マット・デイモン、すごいことやらかしているのにあんまり強くない(笑

そこがイイ☆


大まかなストーリーは面白いんだけど…。

ただ、登場人物を掘り下げていないので、感情移入するのに難がありました。

ちょっともったいない。
コメント   トラックバック (6)

そんな目で見ないで

2014年05月30日 02時30分43秒 | 日記
昨日映画館に行った時のこと。


時間ギリギリになって、もう予告が始まっている最中に劇場内へ。

そこには一組の若いカップルがいるだけ。

後は誰もいない。


そしてそのカップル、俺を見るなり「ええ~」って顔に。

たぶん「二人っきりだね」とか「貸し切りだね」って盛り上がっていたんだろうな~。


馬に蹴られたい気分になりました(爆
コメント (8)

スペードの3/朝井リョウ

2014年05月30日 02時24分20秒 | 作家 あ行
落ち目を意識しざるおえないミュージカル女優。

その女優のファンクラブを仕切るという役目にしがみつく美知代。

美知代の学生時代の同級生で、大仏というあだ名の地味なむつ美。

何かを求めている3人の女性のお話。


女性心理を描いたこのお話を25歳の青年が書いているってのが何気にすごい。


だだ、どうなんだろう…。

男性読者は共感するのかな~。


ミスリードがあったり、ミステリーとしての面白さはありました。


それとトランプの大富豪をしながら「革命なんて起きないから」ってくだりは意味深でした。
コメント (2)   トラックバック (1)

オー!ファーザー

2014年05月29日 10時10分31秒 | 邦画 あ行
監督 藤井道人
出演 岡田将生
   忽那汐里
   佐野史郎


4人の父親をもつ高校生。

事件に巻き込まれて監禁されちゃった。

お父さんみんなで力合わせて助けるぞ~。


伊坂幸太郎の原作です。


そこそこの面白さ?(笑


ミーハーの俺としては主人公の脇を固める俳優陣をもう少しインパクトあるものにしてほしかったかな。

さすがに柄本明はアリアリだったけど☆


それと伏線があまりにも露骨過ぎて、その回収に「おお~!」って感激が少なくて。


それでも4人の父親が息子にそれぞれの得意分野を伝授するシーンは良かったな~。

それにクイズの手旗信号はニンマリ感動しちゃった☆






  
コメント (4)   トラックバック (10)

携帯の声

2014年05月28日 02時06分04秒 | 日記
『携帯電話から聞こえる相手の声は、そのままの声ではなく、約2000種類の中からもっとも似ている声質で再生されている』


そんな記事があった。


へぇ~。

知らなかった。


携帯の着信をとる時、あらかじめディスプレイ見て、誰からか確認して出るから尚更「この声」って思い込んでいるのかも。


それにしても、2000種類って少ない気が。

親子や兄弟だったら、全く同じ声ってこともありえるんじゃないかな。
コメント (8)