本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宝くじ2等700万円

2014年01月31日 02時17分06秒 | 日記
ちょっと見にくいかな…。


116549…

116549


同じ~~~~!

ひえ~~~!!



喜ぶことなかれ!

組番号が一つ違い。

たった一コ違っただけで

0円。


そしてちなみにこれはお客さんのです(汗

お客さんの悔しいは計り知れないだろうな~(涙
コメント (6)

その鏡は嘘をつく/薬丸岳

2014年01月31日 01時54分56秒 | 作家 や行
鏡に囲まれた部屋で首をつっていたエリート医師。

一方、チンピラに袋叩きにされた後、失踪した医学部受験生。

正義感溢れる検事と、敏腕刑事が推理と行動力で真実をつきとめていく。


Wキャスト?

検事と刑事の視点がちょっとゴチャゴチャしてたかな。


ドラマ化された『刑事のまなざし』の夏目刑事。

その夏目刑事でしっかりストーリーを作っていたら、もっと面白かった気がします。


あっ、でも今回は推理合戦の要素を楽しむと思えば、これは”アリ”なのかも。
コメント (2)   トラックバック (1)

東京家族

2014年01月30日 11時28分10秒 | 邦画 た行
監督 山田洋次
出演 橋爪功
    吉行和子
    妻夫木聡


東京に住む3人の子供に会うために上京した老夫婦。

子供たちには子供たちの生活があり、戸惑いをかくせない。


なんか…

良い映画過ぎる感も。

そして考えさせられる作品でした。


橋爪功の一言一言が身に沁みます。


役者さんも若手、ベテラン共に実力揃い☆


涙が溢れました(感動
コメント (2)

ジャッキー・コーガン

2014年01月29日 11時01分22秒 | 洋画 さ行
監督 アンドリュー・ドミニク
出演 ブラット・ピット
    スクート・マクネイリー
    ジェームズ・ガンドルフィーニ


賭博場への強盗を働いたチンピラ2人組。

殺し屋ジャッキー・コーガンがそのチンピラと黒幕を探し出す仕事を引き受ける。

そして、優しく殺す?


ちょっと地味だったかな。


90分ちょっこの上映時間なんに、なかなかブラピが出てこない。

それならせめて派手にドンパチ… も無い(汗


唯一の見せ場はブラピが殺しをやるスローモーション。

ここはさすが、絵になる華があるブラピって感じ☆


ただ、優しく殺すの意味が分かんない(照

コメント (2)   トラックバック (3)

可愛い子が手を振ってきた

2014年01月28日 01時58分11秒 | 日記
父と車でカレー屋さんへ。

途中、道を歩いている女の子が手を振ってきた。


20代後半のなかなか可愛い子。

でも、誰か思いだせない。

呑み屋の女の子?


思案していると今度はニコッと笑いかけてくる。

んんっ?

でもその視線が微妙にずれている。


隣りを見ると、父が親しそうに「よおっ!」と手を上げていた。



嫉妬した(笑



コメント (10)