本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

アデル ファラオと復活の秘薬

2011年04月30日 11時21分12秒 | 洋画 あ行
監督 リュック・ベッソン
出演 ルイーズ・ブルゴワン
    マチュー・アマルリック


絶滅したはずの翼竜が1900年のパリを飛び回るさなか、主人公アデルは瀕死の妹を救うため、エジプトからミイラを盗み出す。

『アメリ』の主人公がインディー・ジョーンズになったみたい(笑

それはともかく、何よりアデルのキャラクターがイイ。

そしてとても気持ちの良い終わりかた。

最後はあの船が…。

続編期待します♪
コメント (2)   トラックバック (6)

図書館戦争/有川浩

2011年04月30日 11時13分13秒 | 作家 あ行
以前から読みたい読みたいと思っていたこのシリーズ。

やっと手に取ることができました♪

いやいや、なかなかの奇想天外です。

図書館の自由、本の閲覧の自由を守るべき、武力行使も辞さない戦闘員達のお話。


なんせ、上官と主人公の新入戦闘員のかけ合いが最高(爆笑

口はお互い悪いんだけど、よくよくみるとそこには愛があるんです。

最後は「やっぱりそうか~」と、いや、「そうじゃないと面白くないよ!」ととても満足させてくれました。

さあ~、これからが楽しみ♪
コメント   トラックバック (5)

見つけた~

2011年04月29日 12時00分40秒 | 日記
先日から探していた映画のDVDをやっとみつけました♪

『ライト・スタッフ』です。

探すこと5軒目のレンタル店です(喜


でも…

レンタル中。

ええっ~(涙

メッチャ旧作で、棚の一番下「その他のアクション」ってジャンルで、周りは全部貸し出しOKなのに…。

そこだけポツンと「貸し出し中」

なんで~

車で20分。

トホホホ…


まあ、それだけ今でも尚語り継がれている人気作ということだ。

ますます楽しみ~

またG.W明けにでも行って来たいと思います♪♪



コメント

毒殺魔の教室/塔山郁

2011年04月29日 09時39分30秒 | 作家 た行
この作品が『このミステリーがすごい!』の大賞に選ばれなかったとは…。

そう思わせるぐらい面白かったです。

小学校の一クラスで起こった、生徒による毒殺事件。

30年後、手紙や独白によって事件が解明される。

ある意味、湊かなえの『告白』みたいな感じです。

後半、一つ一つの真相が暴かれていくたびに「そうだったのか~」「そうきたか!」と心躍り、快感すら覚えました。

必見です♪
コメント

REC/レック2

2011年04月29日 02時15分18秒 | 洋画 ら行、わ行
監督 ジャウマ・パラグロ
出演 ジョナサン・メヨール
    レティシア・ドレラ


前作のそのまま続きです。

伝染病が発生し、完全隔離されたアパート。

今回はいちお感染源の謎の解明と、血液を手に入れることが目的です。

前半はゾンビがウジャウジャ、後半はエクソシストです。

ストーリーも映像も前作より派手になっていて楽しめました♪

こりゃ~、3作目もあるかな(笑
コメント   トラックバック (1)