本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

SOSの猿/伊坂幸太郎

2009年12月31日 16時16分56秒 | 作家 あ行
今までとは少し毛色の違う作品でした。

猿だけに…(笑


全体的には面白かったけど、後半少し話がゴチャゴチャした感がありました。


それでもやはり伊坂!

随所に「そうきたか」とうならせてくれます。

とにかく上手いです。


ただ、伊坂幸太郎の小説を初めて読もうと思っている人にお薦めする本ではないように思います。
コメント (5)   トラックバック (6)

好きな人とお揃いの携帯ストラップをする方法

2009年12月31日 02時05分29秒 | 日記
「そのストラップいいね~。どこに売ってるの?俺の代わりに買って来てよ」

先日、目の前でかわされた会話だ。

で、今日、男の人もそのストラップをしていた。

まさにお揃いだ。

なるほど・・・

でも僕は「お揃いにしよ」って言ってそうしたい。

神様、僕に勇気を。
コメント

呪怨 ビデオオリジナル版

2009年12月31日 01時58分56秒 | 邦画 さ行
監督 清水崇
出演 栗山千明
    三輪ひとみ


やっぱり呪怨は怖いです。

ただ、劇場版からみると映像的にインパクトが少なかったです。

それと栗山千明の制服姿が見れて良かったです(惚れ
コメント

今生の別れ?

2009年12月30日 12時35分28秒 | 日記
今日は鮮魚の止市だった。

仕入れをしている鮮魚店で帰りの際、社長はじめ、奥さん、従業員の一人一人に挨拶をしてまわった。

まるで今生の別れのようなおもむきだ。

しかし10分後、忘れたものがあり、また逆戻り。

なんとなくバツが悪かった(汗
コメント

年忘れの宴

2009年12月30日 12時15分49秒 | 日記
昨夜このブログではもはやレギュラー化された、繊維さん、ピンクのママさん、ふかづめちゃんとご苦労さんの酒盛りをした。

ワインにビール、ピンクのママさん特製の生ハムを暖房で燻製にした料理、それにほろ酔いの可愛いふかづめちゃんと場は賑やかだ。

途中、北島三郎級のサプライズゲストも乱入して、繊維さんはソファーに正座するは、後の3人は背筋がピンっとなるは。

お帰りになる時はみんな立ちあがってお見送り。

あっ、繊維さんは座ったままだったけど。

そんなハプニングもあり、楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

今年一年本当にありがとうございました。

この場をかりて感謝申し上げます。
コメント (2)