本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

検察側の罪人

2019年03月14日 09時38分05秒 | 邦画 か行
監督 原田眞人
出演 木村拓哉
    二宮和也
    吉高由里子


ある殺人事件の容疑者を執拗に犯人に仕立てようとするエリート検事。

その下で働く新人検事が疑問をもつ。


容疑者を落とそうとするニノ、迫力ありました。

そんなニノも吉高由里子には手のひらで泳がされ(笑

二人が結ばれるシーンもなんかよかったな~(照


ただ、戦争話の行は不要だったような気が。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 木曜日の子ども/重松清 | トップ | ターザン:REBORN »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「悪」が見えない時代 (平凡人)
2019-03-14 17:42:06
 「悪がなかなか見えない時代」
 検察は、表面上「悪」を標的に、国家権力を超えます。政治家すら、そのまま、呼び捨てできる、傲慢な集団です。

 2000代半ば、堀江被告を「ホリエ!」と呼び捨てた検察OBを、私は忘れない。

 そのくせ、「この国の空気の”悪事”を凝らしめて、国民の人気を保とうとする」。

 やや古くは、有機水銀を使った農薬で、水俣病やイタイタイ病を招いた時、検察は被害者に何をしたか?

 現代、人間の自然と時間とかけ離れたITエンジニアら仕事の被害者に目を向けてるか?

 「悪」は、もう、ずっと拡散している。
 93,4年、ゼネコン疑惑(事件)で、「一(小沢一郎)、三(三塚博)、四(中村喜四郎=ニューハーフ好き)、六(梶山静六)の「誰か?}という、”牧歌的な時代は、とうに過ぎている。

 休んで、先生と少々、語った一側面。ドラマの「占い師・・」が終わるのが、ちょっと哀しい(泣。
 大変、失礼しました。


 
どうぞ、御元気で (サラ公、去る)
2020-12-29 18:21:44
 20年末、サラリーマンとして無事に定年退職致しました。去る者を押い過ぎる小生。自分自身の場合は頑固に”逆”を実践。家族4人は、お互いを思いやり、先の目標に、友人らの力も借て先に。10年前はごろは、楽しかった!
 作家の太宰治氏の「暗いうちは滅びはせぬ」の言葉は、至言と実感しました。家族は良く耐えてくれました。
 人間力と人口自体も退化・減少する。昭和20年、戦争に敗れた「悔しさ」で豊かにした方々(脚本家では、疎開蒔、倉本聰氏や山田太一氏)に後世代が済まない思い。今の課題に自分流で。今後も、試練の時代へ沈むでしょう。辛かった時代の経験が味方になるはず。それでは、遠くからですが、お元気で。

コメントを投稿

邦画 か行」カテゴリの最新記事