本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

永遠の0

2014年01月01日 10時21分02秒 | 邦画 あ行
監督 山崎貴
出演 岡田准一
    三浦春馬
    井上真央


太平洋戦争で特攻隊として死んでいった祖父。

「臆病者!」と罵られようと、誰よりも”生きる”ことにこだわっていた人が何故…。

孫姉弟が当時の人達に話を聞き、真相に辿り着く。


もう少し戦闘シーンが多いのかと思っていたけど、そんなことを忘れさせてくれるストーリーでした。


橋本功、田中泯はじめ、とりあえず語り手が良い☆

死んでいった宮部久蔵への想い、悲痛が伝わってきます。


そして全編に渡って泣きどころ?

幾度となく瞼に涙が溜まりました。

あっ、でも一度も落ちなかった(残念


最後の岡田准一のシーン…

とても良かったです☆

本音を言えば、ドッカ~ン!までいってほしかったな~(爆









『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日は「深夜食堂」って言わ... | トップ | ブラックホーク・ダウン »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (freedombear)
2014-01-01 20:28:10
映像となると、かなり構えてしまいます、この作品。
どうしよう??と思いつつ、
今のところ、観る予定はありません…
freedombearさんへ (けん)
2014-01-02 00:20:14
俺は原作を読んでいないので、結構すんなりその世界観に入っていけました。
そしてやっぱり原作を読んでみたいなと思いました♪
Unknown (dekochin)
2014-01-05 12:45:19
TBさせていただきました。
よろしくお願いいたします!
dekochinさんへ (けん)
2014-01-06 09:47:03
ありがとうございます。
よろしくお願いします♪
Unknown (daisuki-johnny)
2014-01-08 22:47:20
観ました~~!

思っていたとおり切なかったのですが
観て良かったです。

宮部を語り、解ってくれた人々にじんときました。
演じた大御所の役者さん達、良かったですよね~
そして岡田くんが~良かったです~
私も何度も涙が溜まり流れました

daisuki-johnnyさんへ (けん)
2014-01-09 11:50:40
分かっているけど、切なかったですよね。
daisuki-johnnyさんは涙流れましたか。
俺は何度も溜まるんだけど、最後の一押しがなかなか(汗

岡田君も良い役者さんですね。
アイドルとは思えない。
そして脇を固めるベテランの役者さん達も味があって良かったです☆
Unknown (タケヤ)
2014-01-19 14:44:17
今観てきました。

最後にけんさんの言われてる
意味よく分かります。
(あれっ)ってところで終わりましたね。

でも全編に渡っていい作品でした。
僕はあまりに涙が溢れすぎて顔面が
白くなってました(塩?)

こういう風に良かった作品程うまく
感想を書けないんですけどね・・・。
タケヤさんへ (けん)
2014-01-20 09:43:27
おお!
観てらっしゃったんですか♪

涙が塩になるほどの号泣とは、タケヤさんまだまだ潤ってますね☆
やっぱり思いっきり泣けたり笑えたりって良いですよね。

もうちょっこしたらタケヤさんのレビュー覗きにいきま~す♪
Unknown (そらママ)
2014-02-03 13:55:32
TB有難うございました。
はじめからずーと涙が溢れてきました、
戦争を知ってる人にも知らない若者にも是比見ていただきたい映画でした。
アイドルとは思えない岡田くんの演技力でしたね、脇役さんも味がある演技で素晴らしかったと思います。

もう一度ゆっくり見てみたい映画です。
こんばんは! (pearlseller)
2014-02-03 22:41:00
TBさせていただきました。

これからもよろしくです。

コメントを投稿

邦画 あ行」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

映画「永遠のゼロ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/12/25、109シネマズ木場。スクリーン3。 岡田准一、三浦春馬、吹石一恵、夏八木勲、井上真央、風吹ジュン、平幹二郎、浜田岳。 * 祖母、松乃の死、葬儀で泣き崩れる祖父、賢一郎(夏八木勲)。 控室で健太郎(三浦春馬)は母、清子(風吹ジュン)と...
永遠の0 (そーれりぽーと)
先に観に行った甥っ子(小学六年生)が絶賛していた『永遠の0』を観てきました。 ★★★★★ 戦争を知らない世代の日本人に命の尊さと戦争の愚かさを改めて訴え掛ける、とても大切なメッセージのこもった映画です。 こんな命の礎の上に戦後反映した国家の総理大臣が、散...
永遠の0 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健太...
永遠の0  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛....
永遠の0に感化されて・・ (なんチャない日記♪)
2日に映画永遠の0を観て 私も戦死した爺ちゃんのことを調べようと思ったのですが 婆ちゃんが死んでしまっているので、私が幼い頃に見た記憶がある手紙や写真類は 母は全然わからないということでした あぁ~やっぱり父や婆ちゃんに詳しく戦争の話を聞いておくべきでし...
永遠の0 (居心地)
我が家の恒例行事 「お正月には映画でしょ」が今年も敢行された。 今年の映画は待ち侘びていた≪永遠の0≫ 我が家は3人とも原作を読んでいる。 主役の岡田君が余りにもピッタリの配役なので 早くから期待は高まっていた。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-...
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
永遠の0 (迷宮映画館)
泣いた!泣きおさめ。
永遠の0 (to Heart)
この空に願う、未来――壮大な愛の物語。 製作年度 2013年 上映時間 144分 原作 百田尚樹 脚本 山崎貴/林民夫 監督 山崎貴 出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田...
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
永遠の0 (映画と本の『たんぽぽ館』)
若い方には是非 * * * * * * * * * * 本作は見ないつもりが、 他にタイミングよく見たいものがなかったため、見ました。 原作は読んで十分堪能したのですが、 いかにも「感動作」という触れ込みが、 あまのじゃく気味の私に二の足を踏ませていたの...
永遠の0 (You got a movie)
                                        ALWAYS三丁目の夕日シリーズで日本アカダミー賞を席巻した山崎 貴監督による 百田尚樹の同名のベストセラーの映画化。 主題歌を担当した桑田桂祐もそして原作者の百田尚樹自身...
永遠の0 (ゆっくり一人歩き)
一月の終わり 話題の映画『永遠の0』を観に行ってきました。 観るまでは、人気があることと、泣ける映画だということは知っているものの、原作も読んでいないし、すでに観た人の感想も読まないまま・・・ ただ私は邦画の戦争映画をほとんど観ているので、私なりの注目...
映画 「永遠のゼロ」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
昨年12月21日に封切られたあと、あちこちで物議をかもし、興行成績7週連続1位という記録を出したとされる映画 「永遠のゼロ」 を見てきました。いつものように、僕は、この映画の原作もストリーも知らずにぶっつけ観賞です。この映画が戦争賛美の映画とも云われて...
「永遠の0」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                    「永遠の0」 TOKYO FMのラジオ番組で、桑田佳祐さんが本作について触れていたのを聴き、久しぶりに劇場で映画を観ることに致しました。。。 ネタバレあります。。。 司法試験に落ちて、自分....
永遠の0 (空色のきもち)
映画「永遠の0」を観る。 同じ、ひとりの人をみるにも、人によって捉え方は違うわけで。 ある人にとっては「臆病者!」 別の人にとっては「生きることにこだわって、生かそうとしてくれた人」 太平洋戦争で特攻隊として死んでいった祖父のことを 孫姉弟が当時の人達に....
永遠の0 (テアトル十瑠)
(2013/山崎貴:監督・共同脚本/岡田准一、井上真央、三浦春馬、吹石一恵、風吹ジュン、夏八木勲、濱田岳、橋爪功、新井浩文、田中泯、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、山本學、平幹二朗、斉藤とも子、平岳大、駿河太郎、鈴木ちなみ/144分)