本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

64-ロクヨンー 前篇・後篇

2017年09月02日 09時21分42秒 | 邦画 ら行、わ行
監督 瀬々敬久
出演 佐藤浩市
    綾野剛
    永瀬正敏


たった一週間の昭和64年。

その時に起こった少女誘拐未解決事件。

さまざまな人々の人生を狂わすことに。

そして14年後ー。

模倣ともいえる類似した誘拐事件が起こる。


いや~、見ごたえたっぷり。

誘拐のお話。

警察内部の確執。

記者クラブとの対立。


もう佐藤浩市、ストレス死しちゃうんじゃないかと思うぐらい辛そう。

まさに名演でした☆

瑛太もイヤな奴を熱演。

そんなに浩市を責めないで~(笑


その他の豪華俳優陣もみんな迫真の演技でした。

エンドロール観て、この俳優さんも出てたんだって。

それぐらいチョイ役?でも名の通った人ばかりでした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アキラとあきら/池井戸潤 | トップ | やっぱり得意じゃない »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これね NHKのドラマだと瑛太さんの弟の (夢見)
2017-09-02 10:13:10
俳優さん永山絢斗さんが瑛太さんと同じ役を演じられたんです

原作も夢中で読みましたっけ
夢見さんへ (けん)
2017-09-02 10:45:31
えっ!
永山絢斗って瑛太の弟だったんですか?
朝ドラに出てた人ですよね。
ビックリポンです(照
Unknown (daisuki-johnny)
2017-09-03 21:21:26
サスペンスとしても面白かったですね~~♪
佐藤浩市、いや~~~ホント大変な役でしたね!
記者クラブの所は
責めすぎてて観ていてちょっと疲れてしまいました。
あと警察幹部とかホント憎たらしくて腹立ちましたよ~~(笑)
可哀想に・・・佐藤浩市~(笑)

永瀬さんの父親の執念が凄かったですね・・・
せめて「あ行」だったらよかったのに~なんて思いました
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2017-09-04 09:20:27
面白かったですよね♪
ホント、あんなにみんなで寄ってたかって佐藤浩市イジメなくてもいいのに(涙
円形脱毛症になっちゃうよ(爆

永瀬正敏の執念すごかったです。
俺も”あ行”だったらよかったのに~って思いました(照

コメントを投稿

邦画 ら行、わ行」カテゴリの最新記事