本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

市民ポリス69

2018年10月31日 10時36分36秒 | 邦画 さ行
監督 本田隆一
出演 酒井敏也
    早見あかり
    佐藤二朗


治安が悪くなった東京。

警察官の人手不足から、市民ポリスという制度を立ち上げる。

任期は一カ月。

気弱なサラリーマンがその任務を受け…。


B級コメディ?

なかなか面白い設定だなって思いきや。

トイレに駆け込みながらの銃撃戦?が超長すぎる。

この時間を有効に遣っていたら結構な掘り出し物になっていたかも。

すごい勿体ないなって思ってしまう作品でした。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 静かに、ねぇ、静かに/本谷有... | トップ | 久しぶりに午前様 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2018-10-31 19:12:36
あら~~勿体無い。監督さん自身が好きで頑張っちゃったんですね・・・
長いのも疲れますよね。それが超~ですもんね~

佐藤二朗さんが出演されてるのでコメディかな?と
思ったら違うんですね♪
daisuki-johnnyさんへ (けん)
2018-11-01 09:22:50
いや、バリバリのコメディです(笑
佐藤二朗最近いろんな番組に出ていますよね。
結構好きな俳優さんです。
銃撃戦が本当に長くて。
それもダラダラとした感じ。
監督さん思い入れ強かったのかな~。

コメントを投稿

邦画 さ行」カテゴリの最新記事