本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私が、生きる肌

2013年02月26日 03時05分16秒 | 洋画 ら行、わ行
監督 ペドロ・アルモドバル
出演 アントニオ・バンデラス
    エレナ・アナヤ
    マルサ・パレデス


これは!これは!

なんとも禁断的な作品です。


ある人を監禁して、肌に人工皮膚移植の人体実験をする天才外科医。


この”ある人”が、うぇぇぇぇぇ~(爆


そんな人と、あんなこととかこんなこととかできるなんて…。

二重の意味で、うぇぇぇぇぇ~(笑


すごい面白かったです☆


この「うぇぇぇぇぇ~」を是非是非観てもらいたいな~(願

まさに驚愕!


野郎同士でこの映画について酒を呑みながら語り合いたい(笑


お薦めです♪

コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 大工さんってカッコいい! | トップ | コモリと子守り/歌野晶午 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うえええええ~! (ベリー)
2013-02-26 06:40:40
と、見てみたいです(笑)
グロくはないんですか?
ベリーさんへ (けん)
2013-02-26 11:56:10
是非♪
そんなにグロくはないんだけど、性描写がちょこっと多いです(汗
こここれは! (daisuki-johnny)
2013-02-26 21:06:22
衝撃でした!!面白かったですねー!!
私も、もう~~~~~~けんさんと同じで
あの衝撃の場面になった時
うぇぇぇぇぇ~のぎぇぇぇぇぇ~でした。
サスペンス?くらいしか思っていなかったので
なお更でございます。

いや~~、けんさんの言う通りでございます。
そこからあんな事やらこんな事まで出来るものなのでございましょうか?

でも、これから観る方は何も知らないままのほうがいいですよね♪
この衝撃は語りたくなりますね!
Unknown (とまぴー)
2013-02-26 23:18:47
あはは!
皆さんのコメントが面白くて(笑)

私はグロいの、ホラーなの、サイコサスペンス、パニックものはちょつと無理なんです。
息ができなくなる(笑)

でもこの映画は興味深いですね。

ギリギリネタバレしてないなのも、そそられます(笑)
daisuki-Johnnyさんへ (けん)
2013-02-27 11:52:06
おお~
daisuki-Johnnyさんもご覧になられていたのですね!
ということでdaisuki-Johnnyさんのレビューを見て戻ってまいりました(笑

俺もほとんど予備知識なしで観たもんで、後半の展開にビックリ(驚
「バンデラス~ なんの目的で移植手術してたんだ~」って感じです(汗

daisuki-Johnnyさんは映画館で観られたんですよね☆
俺もこの作品は映画館で観るべきでした(悔
とまぴーさんへ (けん)
2013-02-27 11:56:18
ジャンル的にはサイコサスペンスかな~。
となると、とまぴーさんは苦手かも。
まさに中盤、息ができなくなっちゃいそうだし(爆
でも観てほしいな~。
機会があれば是非♪
たった今 (タケヤ)
2013-05-01 23:25:45
観ました。。。

衝撃的で言葉もでません。
なんの目的で一体。。。

最初の性描写にはドキドキ
しましたが…後半は…。。。

もう寝ます(沈)
タケヤさんへ (けん)
2013-05-02 10:53:42
タケヤさんも観られたんですね~。
ホント、衝撃的でした。
寝る前に観たら、その夜はうなされそう(汗
安眠できたことを祈ってます(笑

コメントを投稿

洋画 ら行、わ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

私が、生きる肌 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバル監督が、ティエリ・ジョンケの小説「蜘蛛の微笑」を原作に放つサスペンス。亡き妻の代役を創造しようとする形成外科医と、そのゆがんだ愛情のいけにえとなってしまった者の姿を、退廃と官能が入り交じる鮮烈なタッチで活写し...