本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

船を編む/三浦しをん

2012年05月11日 09時49分48秒 | 作家 ま行
2012年度本屋大賞受賞作。


本を読むことで自然に得るものの一つとして、その分野に携わる人や事柄に読み手も触れることができることだと思います。

まさにこの『船を編む』がその一冊です。


辞書作りに情熱を注いだ人々のお話。


本を作る人、本を売る人、本を読む人、そんな人達みんながとても気持ち良くなれるんじゃないかな。

もちろん読む人として俺も♪

気持ちイイ~(笑


それと同時に言葉の重みや面白さも味わえました☆


是非(お薦め



『小説』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄ってきて~ | トップ | ロシアン・ルーレット »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (恵)
2012-05-11 14:56:57
この本予約してるんですが
凄い人気で半年くらい待ちそうです;
けんさんの感想拝読してかなり楽しみになりました♪
恵さんへ (けん)
2012-05-12 09:55:18
俺もやっと図書館から順番が来たって感じ♪
後ろにまだ70人ぐらい順番ついてた(驚

面白かったですよ~☆
主人公のキャラクターがすごい良かったです。
実は・・・ (pia)
2012-05-16 21:16:34
けんさんのBlogを覗かせて頂いて・・・
読んでみよっかな!って思った本なのです。

まだ、初っ端しか読んでませんが・・・面白そう~。
ありがと♡
piaさんへ (けん)
2012-05-17 09:49:22
いや~、そんな風に言って頂けるとすごい嬉しいです。
こちらこそありがとございます(嬉

また感想聞かせて下さいね♪
大好きな本 (新人ハノイ人)
2012-06-01 10:46:09
TBありがとうござました
私もこの本はもちろん、三浦しをん作品はどれも大好きです。これからもお邪魔させてもらいますね~よろしくお願いします
新人ハノイ人さんへ (けん)
2012-06-01 11:38:52
コメントありがとうございます(嬉

三浦しをんはまだ4~5冊しか読んだことがないので、これから順番に読んでいきたいと思っています。
結構たくさんあるので楽しみ♪

またよろしくお願いします。
けんさん (きし)
2012-06-01 20:25:41
TBありがとうございました。
おっしゃるとおり、気持ちのよい本でしたね。
きしさんへ (けん)
2012-06-02 01:42:26
コメントありがとうございます。

俺も読んだ後、辞書をペラペラしちゃいました(笑

コメント TBありがとうござました。 (遊戯三昧)
2012-06-10 21:01:41
携帯電話も昔は大きかった(ショルダーからかけるようなものもあった!)ですね。
すみません (遊戯三昧)
2012-06-10 21:04:59
MIBのTB等へのコメントを違うところに投稿してしまいました。(・・;)

コメントを投稿

作家 ま行」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

舟を編む (とつぜんブログ)
  三浦しをん    光文社  趣味でショートショートなどを書いている素人がなにをバカをいう、としかられそうだが、本書読了後の正直な感想は「くそっ、先を越されたか」  小生は小学生向け家庭学習用問題集の編集をやった経験がある。これを小説にしたら面白い....
『 舟を編む 』 読みました。 (のんびりかな打ち日記  ini's blog)
三浦しをんさんの小説、『 舟を編む 』を読みました。 文庫派なのにめずらしく単行本で買いました。 でも単行本でもハードな装丁ではなく電車内で読んでもあまり苦にならない大きさです。 そして紺に銀の箔押し文字のカバーはちょうどストーリーの柱である辞書「大渡海...
舟を編む 三浦しをん著 光文社 (極私的映画論+α)
 いやぁ・・・ホントに引き出しの多い人(笑)
『舟を編む』 三浦しをん (【徒然なるままに・・・】)
最初に書名を聞いた時は、一体何のお話なのか見当もつきませんでした。それが、どうやら辞書を作ろうとしている人たちの話だ、と知った時もさっぱりわからなかったのですが、作品中にこんな言葉が出てきます。 「辞書は、言葉の海を渡る舟だ」 そして彼らが作ろうとして...
舟を編む 三浦 しをん (花ごよみ)
舟を編む 主人公は玄武書房に勤める、 馬締光也ことまじめさん。 在籍していた営業部では、 変人と見られていたが、 新たな辞書『大渡海』を編集することとなり、 メンバーとして編集部に。 馬締はこの部署で辞書作りに没頭する。 多くの問題を乗り越え15年という歳....
三浦しをん『舟を編む』を読む (電網郊外散歩道)
平成24年に本屋大賞を受賞した作品、三浦しをん著『舟を編む』を読みました。 第1章:玄武書房辞書編集部の荒木公平は、監修者の松本先生との二人三脚で、国語辞典『大渡海』の編纂作業を続けて来ましたが、定年退職を前にして、後任となる編集担当者を探しておかなければ...
舟を編む  三浦しをん/著  光文社 (西京極 紫の館)
【紹介文】 玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし....
「舟を編む」【小説】 (サナダ虫 ~解体中~)
「舟を編む」(著:三浦しをん)を読んだ。 不器用な人間たちが辞書編集部を舞台に、恋に仕事に右往左往。 新しい辞書、『大渡海』は編み上がるのか? 感想。 ?辞書、作りてェーーーッ!! ?メリーゴーランドに3回も・・。 ?象形文字読めるの?! 映画が凄く好...
『舟を編む』 三浦しをん (みゆみゆの徒然日記)
 最近、映画化されましたがそちらは未見。辞書編纂という題材も興味深いので、読んでみました。  まず「舟」を「編む」とは何?????というような題名ですね。言葉という大海原を公開するための船=辞書。そして、編む=編纂するということなのですね。そんな辞書の...
小説 三浦しをん 『舟を編む』 (向う岸)
舟を編む三浦 しをん光文社 三浦しをんを初めて読むとしたらどの小説?と訊かれたら この作品を推す。 一つのことに夢中で周りが見えなくなる人、 その姿を見て自分が空っぽな人間であることに気付き、 羨望と嫉妬のまなざしを向ける人、 それでも放っておけないから何...
辞書を作ろう! ~ 小説編 (笑う社会人の生活)
小説「舟を編む」を読みました。 著者は 三浦 しをん 三浦作品も久々で あまり ハマったのは多くはないのだけど、話題作になるので読んじゃいますね 本作も本屋さん大賞も取ったし 映画も見まして、良かったので サラサラっと 読めて 言われているけど、ライトノベル....