本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

仮面同窓会/雫井脩一

2014年07月06日 12時00分18秒 | 作家 さ行
同窓会でかつて体罰を受けていた教師と再会。

同窓生4人でちょっとした復讐をしたつもりが…。

翌日その教師が全然違う場所で死体で発見される。


とりあえず怪しい人ばかり。

それでいて誰が犯人でも”そんなもん”?


ドラえもんじゃなかったら興ざめの一冊だったんだろうな~(笑


後味の悪い結末だけど「よいしょーー」と何気に爽快☆

どっちねん!(笑


そして警察の人、もっと頑張りましょう(爆
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 42 ~世界を変えた男~ | トップ | 洋服の整理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

作家 さ行」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

「仮面同窓会」を読んで。 (読書感想文。)
雫井脩介さんの「仮面同窓会」を読了しました。 ラストは全然予想がつかない形でしたが、ただただ読了感はあまり良くありません・・・。 どうせならもっととことん後味の悪い感じの方が良かったかも。 満足度は70%です。 ・・・病院に血圧の1ヶ月分の記録を見ても...
「仮面同窓会」」/雫井脩介 (京の昼寝~♪)
「仮面同窓会」/雫井脩介(幻冬舎) 高校の同窓会で再会した幼馴染みの4人組。同窓会の壇上で、“したり顔”でスピーチしていたある生徒を囚人扱いしていた体育教師。4人は教師に仕返しを計画。 生きたまま廃工場に置き去りにしたはずが、なぜか....
仮面同窓会 (風竜胆の書評)
 仮面舞踏会ならぬ、「仮面同窓会」(雫井脩介:幻冬舎)。主人公の新谷洋輔は,システムキッチンの営業マン。彼が通っていた狐狸山高校の同窓会で出会った級友たちに、かっ ...
「仮面同窓会」ネタバレ感想 雫井 脩介 (ポコアポコヤ)
雫井さんの小説は、自分とは合わないかもしれない・・・