怪力娘達のショートストーリー。Sな人、男性優位主義な人は精神を害される可能性がありますので閲覧をご遠慮下さい。
怪力娘症候群




【筋肉地獄】アリスVS女子生徒(1)
学園の地下にある実験棟にて。
制服姿の女子生徒二人が、互いに右肘を分厚いコンクリート製の台に置き、手を握り合って対峙している。
「あはっ、よろしく~」
片方の女子生徒―アリス―は能天気にもう片方の女子生徒へ話しかけるが、応答は無い。
ただ無言で、指示を待つ。
そして、天井のスピーカーから実験の開始を告げるアナウンスが流れた。





【筋肉地獄】アリスVS女子生徒(2)
腕に力が込もる。
強化された女子生徒の筋肉がぶるりと震え、脈動する。
「……ッ」
だが、女子生徒の顔に焦りの色。
腕が、動かない。
アリスの腕を、押し倒せない。
「んふふ~、それ本気なの?」
アリスは、余裕の表情で彼女の顔を見据えている。
女子生徒は早々に本気を出し、筋肉を肥大化させつつ対抗する。





【筋肉地獄】アリスVS女子生徒(3)
女子生徒は鬼の形相で、制服をはち切れんばかりに肥大化させた全身の筋肉をフルに使い、全力でアリスの腕を倒そうと尽力する。
そして、ゆっくりとアリスの腕が倒れ始める。
わずかに、ほんのわずかに、アリスの腕が台へと沈んでいく。
もう少し。
あと少し。
台にアリスの手の甲が付くまで、あと数センチ。
だが、そこで止まる。
そこからは、女子生徒がどれだけ力を込めても、動かない。動かせない。
そして気づく。
アリスは、まだ筋肉をまるで肥大化させていない。
アリスはまだ、まるで本気を出していないのだ。
絶望に打ちひしがれる女子生徒の顔を嬉しそうに眺めるアリス。
あれだけ苦労してここまで倒したアリスの腕が、その努力を嘲笑うかのようにゆっくりと最初の位置へと戻されていく。






【筋肉地獄】アリスVS女子生徒(4)
「じゃあそろそろ、本気出すよ~」
アリスが、右腕に力を込めた。
途端に、彼女の腕の筋肉が猛烈な勢いで肥大化を始める。
腕全体が膨張し、二の腕には逞しい力こぶがくっきりと浮き上がる。





【筋肉地獄】アリスVS女子生徒(5)
アリスの筋肉肥大化は止まらない。
制服のシャツの腕の裾がパンパンに膨れ上がり、いまにもはち切れそうだ。
「非力、ひ弱、貧弱~」
アリスが、もう戦意をとっくに喪失している女子生徒を嘲笑う。





【筋肉地獄】アリスVS女子生徒(6)
「ふんっ!」
アリスが気合の一声を発し、同時に全身に力を込めた。
筋肉が、更に膨張する。
バチンッ!
限界まで膨れ上がった制服のシャツが弾け飛ぶ。





【筋肉地獄】アリスVS女子生徒(7)
対峙している女子生徒よりも遥かに逞しい自らの肉体。
それを見せつけるかのように、腕を曲げて力こぶを女性生徒の目前へと近づける。
すでに腕相撲の体勢では無いが、それでも女子生徒の手をアリスは離さない。
強烈な力で、台に女子生徒の手の甲を押しつける。
メリッ、と骨が軋む音がした。
「腕、すり潰してあげようか?キャハハハハハッ!」
アリスの顔が、狂気で歪む。
青ざめて必死にもがく女子生徒の顔を眺めながら、アリスが目を細め、笑う……。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« PCがヤバイ 【姉妹楽園】... »
 
コメント
 
 
 
リクエスト (自称ファン1号)
2010-08-10 12:15:58
いつも拝見させていただいておりますが、すばらしい作品をありがとうございます(勝手に見てるだけですが…)。ところで、私は『結城サラ』が好きです。気が向いたらでよろしいのですが、「サラで服破り」を作っていただけないでしょうか?よろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (ネムレス)
2010-08-14 22:39:59
どうもです~。

あー、サラの筋肉服破りはまだ無かったかもしれませんね。
ちょっとチャレンジしてみます~
 
 
 
お返事ありがとうございます (自称ファン1号)
2010-08-15 19:49:21
本当ですか!?
よろしくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。