なまず++の徘徊日記 Ⅲ(自然と野鳥gooブログ版)

キノコ、粘菌(変形菌)、花、蝶、トンボなどと野鳥写真のブログです。

カラスも難しい・・・  2/11

2018-02-11 07:57:31 | 野鳥

2/9日の部分白化カラス・・・ ハシブトガラスではと言う意見もあります。野鳥の会の方?のブログでは、ハシブトガラスになっていました。 おらの場合、正直カラスなんて、まともに調べてなかったし思い込みもあったかも知れないね。 ぱっと見てハシボソガラスと思った訳なんじゃけどね。 鳥にキノコに虫に植物にとあっちゃこっちゃ首突っ込むけれど深く勉強するタイプじゃ無いし・・・ カモなんかは、えろうややこしい思ったけれどカラスよおまえもかぁ~!っつう感じなんで一回勉強してみようと思っています。

問題のカラスこれね。 おみゃぁ~は、誰じゃ?  ハシボソガラスじゃね、やっぱし。。。


これあたりは、ハシボソガラスに比べて額がちょっとせり上がって見えます。クチバシが短く見えて幅もやや太いか・・・ 典型的なハシブトガラスほどいかつくもない。ハシブトガラスも若いとこんな感じのかも知れないね。 ハシブトガラス風味?



ハシブトガラス クチバシは大きく上部が大きく湾曲して先端が下に曲がる。額はせり上がって見える。 鳴き声は、カーカー 色んな鳴き方があるが・・・  撮り方によっても感じが違うけれど写真は、これだけしか無かったりして・・・ 地域や年齢によって違いがあるかも知れません。ええ機会じゃけん調べて見ないと・・・


自分の思っていたハシブトガラスのイメージは、これ。 これじゃないね。


ハシボソガラス  そう思って撮ったけど・・・ 額はせり上がってない。クチバシの上部は大きく湾曲していない。 先端も下を向いて曲がってない。鳴き声は、一般的にはガァーガァー 問題のカラスとちょっと違うようにも見えます。
 

額がせりあがって無くてぺったんこじゃね。


これは、宮古島とか?南西諸島におるオサハシブトガラス 伊丹におるはず無いけれど見た感じ感じはこれに近いような・・・ 上クチバシも大きく湾曲してなくていかつくないもんね。


撮る向き次第で額は、せり上がって見えないし・・・


リュウキュウハシブトガラスじゃと思うのはこんな感じ これもいかついね。


ミヤマカラス これはクチバシが違い過ぎる。


ワタリガラス まあ大きさも居住域(日本では北海道)もクチバシも違い過ぎ・・・


ハシブトとハシボソの交雑は無いと言うから・・・よう判らんけれど、後は年齢的なもの幼鳥とか若鳥とか成鳥とか撮り方でも感じが違って見えるのかも知れませんね。 まあ カラスってじっくり観察したり写真に撮ったりしてませんでしたんで比較サンプルも少ないし・・・ せっせとカラス集めして勉強してみます。がんばってお勉強したら知的レベルが1ポイントくらい上がるかなぁ~? カラス「知るか!」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミコアイサ  2/9ぶん | トップ | 普通の鳥   »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まーくん)
2018-02-13 20:11:06
今日、また見に行こうかと思ったけど緑ヶ丘でカワセミたちと遊んでしまいバッテリーがギリギリで帰還しました。(笑)
幼鳥も考えたけどメスって考えたら頭のボッコンが少ないのかな?とか
近くて遠い地元の昆陽池家から3kmくらいなんだけどなぁ~坂が邪魔する(笑)
昆陽池にはセンター復活して充電させてくれたらいいのに(ワガママ)
Unknown (なまず++)
2018-02-16 09:04:50
ちょっとスズメ見に出かけてまして・・・ 寝てました。睡眠不足の回復が遅い年頃なもんで・・・ 気づくのが遅れてごめん。
行って鳴くまで待てば済むんじゃけれど、あのカラス鳴かないよね。
それだけでとなると、なかなか行けませんね~。←根が横着もん

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野鳥」カテゴリの最新記事