なまず++の徘徊日記 Ⅲ(自然と野鳥gooブログ版)

キノコ、粘菌(変形菌)、花、蝶、トンボなどと野鳥写真のブログです。

コウボウフデが生えた。 9/14ぶん

2018-09-16 08:36:33 | キノコ・粘菌

連続で行くとますます画像の整理が出来ません。整理っつうてもピンボケかちゃんと写ってるか見てブログサイズにリサイズするのと一応名前調べてファイルに名前残すだけだけじゃけどね。調べるのに時間が掛かります。 半分は、何か判らんけど・・・

と言う事でコウボウフデです。 山口市あたりは、公園にも生えてるらしいけどね。大阪府じゃ珍しいんとちゃうかな? 字が上手じゃった弘法大師っつうて讃岐出身の空海という坊主にちなんでコウボウフデじゃそうな。 何か食うかい? 


卵から出て間が無いのん


コウボウフデの卵?


セイタカイグチ あんまし傷んでなかったかね。


テングタケ ダマシが多いけれど本家じゃな。


ナカグロモリノカサ


コテングタケモドキ


カバイロツルタケ


ハナオチバタケの褐色型かなぁ~?


アシベニイグチ?


アシベニイグチ? まあ 足が赤いけどね~。


ダイダイイグチじゃったか? まあ そんなようなもん 一年経ったら多くの記憶がリセットされてるし・・・ 座ってて起き上がる時は、魔法の言葉が必要な年頃・・・ よっこらしょ! どっこいしょ! 困ったもんじゃ・・・


ホオベニシロアシイグチ


※ オリンパス TG-5 FD-1

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 箕面の粘菌(変形菌) 9/... | トップ | 箕面徘徊残りその① 9/14... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キノコ・粘菌」カテゴリの最新記事