なまず++の徘徊日記 Ⅲ(自然と野鳥gooブログ版)

キノコ、粘菌(変形菌)、花、蝶、トンボなどと野鳥写真のブログです。

ノゴマとトケンなど・・・ 10/29

2018-10-30 11:13:06 | 野鳥

千里南公園のノゴマ 少し前何となく気が向いてっつうか遠いところの方が運動になるかと思って行ってみたら・・・ 草刈りで場所移動してたみたいで見れませんでした。 前日、またおるっつうんで見て来ました。 ノゴマをどうしても撮りたいわけでも無いんじゃけれど見れないとほんのり悔しいというかむきになるのかもね。 見れないと見せてみと言って、じゃあ見せる言うと要らんわと言うの心じゃね。 ほお~!

と言う事でノゴマです。 羽縁に白っぽい所あるし今年生まれじゃろかね。 1歳やのに渡りみたいにしんどいことせんと暑からず寒からずのあたりにおればええように思うけどね~。




右向いたり左向いたりしてるだけじゃが・・・


ノゴマも一回出てきたからもうええわ。ノゴマ撮ったから帰ろうと思ってたら。 あそこのトラックの後ろ側にトケンもおるから撮って帰ったら。と教えて頂いて・・・ そんじゃと見に行きました。 撮ってたら・・・何か胸の横斑がえろう細くて本数も多いように思ってツツドリじゃ無いんちゃうかな? こんなに細い横斑は、カッコウかも知れん・・・ 帰って大きいモニターで見てみろう・・・ 胸から腹の横斑13本以上あるよね。下尾筒の斑もまばら。 ならカッコウ? でも虹彩がそないに明るくないような・・・ なら何じゃろか?


のんびり羽繕い。 何かあんまし緊張感が無いね。 下尾筒の横斑が少ないね。 以前撮ったツツドリ見てたら下尾筒に太めの斑がおおくあるのや、確かに鳴いてて撮ったのにこの個体並みに無いのやら混じっててよけい判りません。 ホトトギスもそうじゃけど、こいつはホトトギスにしたらでっかすぎるんよね。 めっちゃんこ栄養状態のええホトトギスじゃったりして・・・ 違!


秋は、鳴かないから判りにくいよね。


大きめにトリミングしてみたら・・・ 雨覆いの前面羽縁側に横斑があるようにも見えます。ならカッコウの今年生まれの若鳥? まあ 幼鳥は、頭も背中も黒っぽいらしいから・・・ 


羽縁が明瞭なところは、カッコウ 関西風に早く言った者勝ちにした方がめんどくさくないが・・・ 


虹彩は、向きによって明るめじゃったり草色がかって暗めじゃったり・・・ すっきり明るい黄色っぽい言えないね。 幼鳥じゃからかカッコウじゃないからなのか??? カッコウも幼鳥は、ツツドリのように暗いのもおるらしい。 訳わからん・・・ ん・・・ あれこれ思いながら観察するのが鳥見の楽しみなんよね。


ウンチが出た! 


こりゃ狙ったんじゃ無くてマグレ! 何回か飛んだけど飛んだらずいぶん大きく見えます。ツツドリか大きいくらいに・・・ で結局色々見てたらよけいにわからんようになったりして・・・  オリエンタル バードイメージでたくさん画像見て見て・・・ まあ 自分の判断では、この個体はカッコウの若いのんじゃなかろうかと思います。 自分の判断基準は、鳥の大きさと虹彩の色アイリングと同じキイロっぽいのは、カッコウだけなのと胸から腹の横斑の細さと数の多さです。


参考 ツツドリ幼鳥と思われるもの 腹の横斑がカッコウより太くより疎 下尾筒の斑については、この個体はあるけれど疎。 下尾筒の横斑は、本数が多かったり少なかったり密なものや疎なものがあって判断材料には? 首の横斑は、不明瞭。頭部の白斑の有無もあてにならないと聞いたが・・・ 虹彩が暗橙褐色  むずかしいね。


参考 ホトトギス幼鳥と思われるもの 腹部の横斑は疎 下尾筒の横斑は、無いかごく少ない。大きさがツツドリより小型。虹彩は、黒目の周りがあずき色でその外側が暗灰色。虹彩が暗いんよね。


帰りに服部霊園に寄ったらクイナだけ・・・ 午前中草刈りやったらしいから仕方ないね。


※ EOS7DMark2  100-400mmF5.6 何でもええから写ってりゃええ時はこれ。
  写りより何より軽いのがええんよね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヨシガモなど・・・ 10/... | トップ | 服部緑地徘徊 11/2ぶん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野鳥」カテゴリの最新記事