おっさんZANNMAI

のんびり、ゆったり、おっさん度100%満喫の日々

巨大化!

2012-06-30 01:49:48 | 日記
今日は日差しが強くなりました。

けれど、風は冷んやりと心地いい一日でした。

こんな気候の中、おっさん農園の野菜たちは順調に育っています。

その中で収穫し忘れたきゅうりが一本。

昨日、気がつくと巨大化してました。



あまりに大きくなったので測ってしまいました。



なんと40㎝を越えてます。

ずっしり重い!

とても一度では食べ切れません。

けれどこのきゅうり君、ウドンコ病にかかってしまって少し元気がない。

週末から治療に入ります。

植物でも育てていると、こんな感じに感情移入してしまいます。

その代わり今元気なのはゴーヤたち。

次々と花が咲いて、実をつけています。

もうすぐゴーヤたちの報告ができそうです。

コメント

少年に戻りました

2012-06-29 01:00:00 | お楽しみ
夏休みのバカンス中に読む本をあれこれ考えていたおっさん。

休暇中は、できるだけアナログに過ごすのがおっさん流。

かと言って、新しい本はちょっと肩がこる。

そこで書庫をあさっていたのですが、見つけたのがジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」。

懐かしいなぁ、とちょっと読んでみたところ止まらない。

気が付くと、半分ほど読んでいました。

やはりアナログはいい。

想像が広がります。

ただおっさんが持っているのは抄訳版。

完訳を読みたいと思って検索したところ見つけたのでポチリ。

先日届きました。



原題の「二年間の休暇」となっています。

開きたいのを我慢しています。

お楽しみはおいておきましょう。

ジュール・ヴェルヌの作品は、おっさんくらいの年代の人は必ず読んでいるのじゃないかな。

「地底探検」とか「海底二万里」とか、ワクワクしながら読んでました。

映画なんかにもよくなっていますね。

もうすっかり少年に戻ってしまいました。

早いうちに、残りの半分を読んでしまうことにします。
コメント

今回のワインはいいっ!

2012-06-28 00:42:22 | ワイン・お酒
今回飲んだワインは、



南アフリカのワイン「インクスポット ヴァン・ノワール」。

赤ワインです。

一口飲んでの感想は、「濃いっ」。

色からして濃い赤紫、というより黒ずんで見える。

果実味たっぷりのふくよかな香り。

その甘い香りと裏腹なちょっと荒めのタンニン。

面白いワインです。

面白いだけに、合わせるものに迷うなぁ。

一番合うのは肉、それもシンプルに塩、コショウだけで焼いたものと思うのですが、スパイシーなチョリソーなんかもいいと思いますね。

同じ肉でも焼肉のようにタレつきのものは、ケンカしそうです。

おっさんはサラミで飲んだのですが、ぴったりでしたよ。

このワイン、難しいのですが気に入ってます。




コメント

今日の魚?

2012-06-27 01:18:54 | 日記
今日の魚ではなく、肴。

でも魚というややこしい話。

日曜日の夕食に「コマイ(氷下魚)」を焼いたのですが、ちょっと残ったのでそれを酢醤油漬けにしてみました。



しっとりとした中に、酢の風味と辛子のビリっとした感じが加わって、おつまみにぴったり。

まあ、簡単南蛮漬けとでもいうやつです。

この「コマイ」という魚、味が濃くて、骨ごと食べることができる。

カルシウムも摂れて、おいしいのですが欠点が一つ。

少し塩分が強い。

何もつけずに食べられるくらい(マヨネーズと一味を添えても最高)。

高血圧であるおっさんには大敵。

でもこの味には負けるんだなぁ。

食べたことのない方、是非食べてみてください。

はまりますよぉ。
コメント

おっさんのおやつ

2012-06-26 01:28:18 | 日記
最近常備している「おやつ」がある。

甘いのもいいけれど、ちょっぴり塩気のあるほうがいい。

その方が、お茶にもお酒にもいけるではありませんか(いくら甘いものも好きなおっさんでも、羊羹でお酒は飲めませんよ)。

そこで、天王寺駅の近く、四天王寺さんへの参道にある「播磨屋本店」のおかきを買ってくる。

けっこうリーズナブルで、こわれではないちゃんとしたのが入ったのを三種類選んで1000円なのです。



写真は「助次郎」。

お米の香ばしさがおいしい一品。

他には、丹波黒大豆がたっぷり入った「御やきもち」やほんのりと甘い「朝日あげ」なんかがおっさんのお好み。

洋風のケーキやクッキー、ドーナツなんかもいいのですが、こういうおかきを頬張るとほっとするのはなぜなんでしょうか。

これからの季節、冷たい麦茶なんかと一緒にいただく。

最高です。

でも、おっさんはやっぱりビールかなぁ
コメント