ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

衆院選 橋下氏・松井氏、出馬断念 「投げ出し」批判を回避

2014-11-23 21:39:46 | 時事ネタ

 衆院選(12月2日公示、14日投開票)で大阪3区と16区からの出馬が取り沙汰されていた維新の党共同代表の橋下徹大阪市長(45)と幹事長の松井一郎大阪府知事(50)は23日、出馬を断念すると発表した。同日、大阪市内のホテルで開かれた松井氏の政治資金パーティーで、松井氏が明らかにした。
 両氏は大阪都構想の議論の進め方をめぐって、たもとを分かった公明党の前職への対立候補になることを検討していたが、任期を約1年残しての辞職は「投げ出し」の批判が避けられず、都構想実現の足かせになると判断したとみられる。
 関係者によると、松井氏は冒頭のあいさつで、「僕も橋下氏も国政に挑戦することはいたしません」と述べた。
 これまで橋下氏は公明が姿勢を転じて都構想に協力しなければ、公明の佐藤茂樹大阪府本部代表(55)の選挙区である大阪3区、松井氏は北側一雄党副代表(61)の選挙区である大阪16区から出馬する可能性を表明。橋下氏は15日の街頭演説で「公明の議席を取り、市長、知事のダブル選挙に勝ち、統一地方選(府議選と市議選)にも勝って公明と話すしかない」と強調していた。
 維新は前回衆院選で、都構想への協力と引き換えに公明候補者がいる大阪、兵庫の6選挙区への候補者擁立を見送った。しかし、双方はその後、都構想の議論の進め方をめぐり対立。都構想の設計図にあたる協定書議案は10月、府市両議会で否決された。
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00000548-san-pol)


当然や!
ハシゲと松井知事が出馬すれば選挙としては面白くなった。
しかし大阪都が実現していないのに出馬はできない。
少なくとも大阪都実現の道筋だけでも立てないと市長知事のダブル辞任はかなわない。

今回出馬を見送りよかった。
市長知事共に大阪都を目指し頑張ってほしい。
途中での投げ出しは許されない。
                           3147号
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« <衆院>解散、総選挙へ…アベ... | トップ | 白鵬、大鵬と並ぶ史上最多32... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事ネタ」カテゴリの最新記事