ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

<隣家親子殺人>志村被告に無期懲役判決 複数被害では異例

2009-07-15 19:00:00 | 時事ネタ

 東京都杉並区で07年、隣家の親子を殺害したとして強盗殺人罪などに問われた元日本大生、志村裕史被告(24)に対し、東京地裁は15日、無期懲役(求刑・死刑)の判決を言い渡した。植村稔裁判長は主な争点とされた当時の責任能力について、検察の主張を認める一方で「計画性が乏しい。前科がなく当時21歳8カ月と若く、改善、更生の余地がないとまでは言えない」と述べた。法定刑が「死刑か無期懲役」と定められた強盗殺人で被害者が複数の場合、死刑を回避した判決は異例。
 判決は動機について「母親からもらう小遣いではパチンコ、ゲーム等の遊興費、たばこ代を賄うのに十分でなかったと言うに過ぎず、酌むべき余地はない」と指摘。さらに被害者に何の落ち度もないことや、2人の口をふさいで、ナイフで左胸を突き刺してほぼ即死させている点や2人の遺族が死刑を望んでいることも挙げ、「冷酷非情な犯行態様にりつ然とせざるを得ない。刑事責任は誠に重大」と述べた。
 しかし、計画性について、志村被告がスキー用マスクで顔を隠し、全身黒づくめの格好でナイフを持って隣家に侵入した点だけは「準備は周到」と認めたが、「当初はナイフで脅して現金を奪おうと考えており、殺意を抱いたのは実行行為の直前だった」として「当初から強盗殺人を計画していない」と認定した。隣家の包丁を遺体のそばに置いて凶器と見せかけた点についても「偽装工作としては程度が低い」と述べた。
 さらに、遺族あてに謝罪の手紙を書いていることや最終意見陳述で「反省している」と述べたことや、被告の家族が遺族に慰謝料を支払っていることも死刑回避の理由とした。
 弁護側は「事件当時、被告は心神喪失状態だった」と無罪を主張。公判段階で2回の精神鑑定が行われ、弁護側が請求した鑑定では心神喪失、検察側請求の鑑定では完全責任能力があったと正反対の結果が出た。判決は「責任能力に影響を及ぼす状態にあったとは認められない」と完全責任能力を認めた。
 判決によると、志村被告は07年1月、隣家の野元富恵さん(当時86歳)方に侵入、野元さんと長男、新一郎さん(同61歳)を刺殺し約5万円を奪うなどした。
 谷川恒太・東京地検次席検事の話 死刑が選択されなかった点は遺憾。判決内容を精査し、適切に対応したい。
(http://www.excite.co.jp/News/society/20090715/20090715E40.053.html)                          
                         


危なくて危なくて、自分の家に平穏に住むことさえできなくなったんかな?日本っていう国は・・・。

遊ぶ金欲しさに隣のバカ息子がナイフを持ってやって来る。
そしてナイフで胸を突き刺す、それも2人も・・・。


殺人1人でも死刑でいい。
それが 2人も殺しているにもかかわらず死刑回避は全く納得できない。

死刑回避しなければならないだけの重大な理由はどこにあるんだろうか?
遺族あてに謝罪の手紙を書いている。
最終意見陳述で「反省している」と述べた。
被告の家族が遺族に慰謝料を支払っている。

ー至極当然、なんら死刑回避の理由にならない。
強盗殺人の計画性がない。
ーだから死刑回避?「冷酷非情な犯行態様にりつ然とせざるを得ない。刑事責任は誠に重大」なんだろ!完全責任能力を認めたんだろ!

これが裁判員裁判だったらどんな判決が出ていたんだろうか?


妙に被告人に甘い判決のような気がする。

是非とも控訴して高裁で争って欲しい。
                        878号
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自民大揺れ、混乱拡大 首相、... | トップ | 運転免許更新 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事ネタ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事