ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

日中首脳会談終わる 岸田首相「建設的かつ安定的な日中関係構築を」

2022-11-17 23:00:00 | Weblog

 岸田文雄首相は17日、訪問中のタイ・バンコクで、中国の習近平(シーチンピン)国家主席と会談した。首相は習氏に対し、中国による沖縄県・尖閣諸島周辺での活動や弾道ミサイル発射など軍事的な活動について深刻な懸念を表明。台湾海峡の平和と安定の重要性を強調した。両氏は安全保障分野での意思疎通を強化することで一致した。会談後、首相が記者団に明らかにした。

 中国側の発表によると、習氏は台湾問題に関して「中国は他国の内政には干渉しない。いかなる理由があろうとも中国の内政への干渉は認めない」と言及。海洋や領土の争いについては「政治的な知恵を出し、意見の相違を適切に管理する必要がある」と述べたという。

 日中首脳会談は安倍政権時代の2019年12月以来3年ぶり。両氏が対面で会談するのは初めてで、今回は約45分間行われた。

 会談の冒頭、首相は習氏に「現在、日中関係は様々な協力の可能性とともに、多くの課題や懸案にも直面している。日中両国は地域と国際社会の平和と繁栄にとって、ともに重要な責任を有する大国だ。建設的かつ安定的な日中関係の構築を双方の努力により、加速していくことが重要だ」と話した。

 一方、習氏は日中国交正常化50周年の意義を述べたうえで「世界は新たな動揺、変革期に入った。中日はアジアと世界の重要な国家であり、共通利益と協力の余地がある。中日関係の重要性は今も昔も変わらない。新時代の要請にかなう中日関係を構築していきたい」と述べた。

(https://news.yahoo.co.jp/articles/52af5dc5ee2d4f812c30b153851d1a6983db0e74)

 

 

習近平の笑みが印象深い。

関係悪化の時の安倍ちゃんとの会談の時の仏頂面と比べたら月とすっぽん、全然違う。

これは日本にとって良いことなんだろうか。

安倍よりも岸田の方が与し易い、扱いやすということ様な気が、、、。

岸田さん、言うことをしっかり言ったんやろか?習近平の言うことが日本の考えと違うならはっきりと違うと言ったんやろか?

この笑み、ちょっと心配。

                         5372号

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 俳優の松原千明さんが死去 ... | トップ | 首相が寺田総務相を更迭、民... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事