トラブルシューター

私の修理・製作体験記(茨城・県西おもちゃ病院・JA7FJP)

DC-ACインバータ [V12V-220V40W] を試す

2018年02月03日 15時22分19秒 | 電子工作

 真空管用の高圧B電源に使えそうなスイッチング電源ユニットを探していたが、aitendoに「DC-ACインバータ [V12V-220V40W-B]」(この他に-C,無しの全3種類あるが全て基本的には同じ様だ)があり実験してみた。

使用トランジスタが2SA1441と2SA1443の違いがあるが。

入力にDC12Vを接続すると出力には678V P-P(テスターではAC240Vの表示)、46.3kHzの正弦波が観測される。

これにブリッジ整流器を接続して0.1uFのフィルムコンデンサで平滑してやるとDC366Vが出力される。
正弦波なのでスイッチングノイズは殆ど無い。

無負荷での実験だが、入力電圧3V以上から動作する。
DC3V入力でDC94Vの出力でした。

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ユニックRC-33RをRC-32Rケー... | トップ | 簡易赤外線チェッカーの製作 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。