トラブルシューター

私の修理・製作体験記(茨城・県西おもちゃ病院・JA7FJP/1)

県西おもちゃ病院(2020/08)

2020-08-08 16:00:14 | おもちゃ病院

1.プラレール・ヒロ
スイッチを動かしても動作しないという症状。
ギアボックスと電池ボックスとの接続は、細いばね性のステンレス線同士の接触で行っており、少し曲げて仮動作したときは動作しているがねじを締めていくと、どうしても動かなくなるので、ギアボックス側接点に銅テープを貼り付けてやったら問題なく動作する様になった。

2.スピのザウルスのフィギュア
あごが外れたという症状で、リンク部分の切断部を接着。
3.ラプトルのフィギュア
手が関節で切れたという症状で、切れた部分の両側に0.8φの穴あけをし、0.8φのリード線を差し込んで、更にクイックボンドで補強した。
4.アンパンマンレジスター
電源が時々入らないという症状で、電源用スライドスイッチの接触不良が確実なので、同一品に交換し動作OKとなった。

5.ラジコン(ジープ)
動作しないという症状で、プリント基板腐食によりアンテナとの接触不良が原因だったので磨いてOKとなった。
6.緑のモンスターの光るペンダント
ヘルメットと顔の部分が破断してしまったというもので、ロックタイト460で接着。
7.プルートぬいぐるみ
尻尾が付け根から折れたという症状ですが、この尻尾を元に体が回転するという仕組みなので、強度が重要になる。そこで、4ヵ所穴あけしステンレス細線で縛り付け、プラリペアで更に補強した。
8.プーさんの携帯電話
電池を交換しても反応しない(音が出ない)という症状で、分解してみるとスピーカーの磁石部分が外れてしまっていたので、同じ寸法のものに交換して、音が正常に出る様になった。
9.ラジコンRed Bull
前後に動かないという症状で、分解してみるとモーターへの配線が基板部で切れていたので接続して動作した。
10.アンパンマン・パン屋さん
音が出ないという症状で、分解してみるとスピーカーが断線してたので交換してOK.
11.ペンダント
電池を交換しても動作しないというもので、結局、専用IC(COB)の不良と判断した。
12.アンパンマンおしゃべり図鑑
読み取りペンの電源が入らないという症状で、分解してみると電源ON/OFFのスライドスイッチの接触不良でしたが、同一品が無いので、接点復活スプレー塗布で動作した。


コメント   この記事についてブログを書く
« サーボテスターを利用してレ... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。