トラブルシューター

私の修理・製作体験記(茨城・県西おもちゃ病院・JA7FJP/1)

ナショナル製フリッカーブザーを解剖?

2013-12-13 18:25:18 | おもちゃ病院

Img_6453_r Img_6454_r Img_6455_r Img_6456_r Img_6457_r Img_6458_r Panabzosc1火災受信機の警報(フリッカー)ブザーが鳴らないというので、分解してみた。
トランジスタ部が変色していたので、手持ちのチップNPNトランジスタに交換したが鳴らないので、発音部の導通を測定してみると3端子有るが1巻線が断線していた。取り敢えずは手持ちの代替え品にコネクタを付け替えて交換しOKとなった。
3端子の巻線は、想像からハートレー発振用だろうと、基板のパターンから回路を書いたのが左図である。
基本波を発振させておいて、更に15kΩと2.2uFの直列でフリッカーさせているかも知れない。
手持ちの新品も分解して見たが、全く同じ回路だった。
何十年も同じというのは、信頼性が高いのだろうか?

コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« LED電球用赤外線リモコンのパ... | トップ | 県西おもちゃ病院(2013/12) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。