goo

破戒

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


さて、数ヶ月にわたって仏教を中心としたお話をさせていただきました。

いかがでしたか?

多分、皆さんがこれまで漠然と抱いていた仏教のイメージとは、だいぶ違うモノだったと思います。

ご覧頂いたとおり、本来の仏教の姿は、「信仰(神仏などを信じてあがめること)」の対象ではありません。

「宗教」というカテゴリーに入ってはいるけど、「神様を信じなさい」という話ではないんですよ。

神様の代わりに、「お釈迦様を信じなさい」という話でもないんです。

むしろ、神秘的なことに気を取られてないで、きちんと現実を見ましょう。ホントの事が知りたいのなら、何かを妄信するのではなく、ちゃんと目を覚まして自分自身で確認してごらんなさい、という話です。

もっと厳しく『奇跡なんて信じるのはおやめなさい。そんなもの、ありゃしないんだから。』とも言っています。

一言でまとめると、『しゃんとせい。(目を覚ませ・あり方を正せ)』と、それだけなんですね。

お釈迦様の話って、本来はそういうモノなんです。

ですから、お釈迦様は、何かを戒め(注意)はしても、規則やルールを強制するようなことはしていません。

単に、『「あり方」が正しければ、必然的にきちんとした姿勢、行動になっていくでしょ?しゃきっとなるでしょ?』と言っているだけ。


とはいえ、そんなお釈迦様でも、弟子達にお願いしたルールがあります。

このルール、実はイエス・キリストも同じ事を弟子達にお願いしていました。

なんだと思います?

それは…

『私の話を「マニュアル」にしないでください。』

というルールです。

『私がお話ししているのは「あり方」です。それを「やり方」にしてしまうような過ちは、決してしないでください。』

お釈迦様もイエス・キリストも、弟子達に、そう注意していたのです。


それなのに、あぁ、それなのに…


ねじ曲がってしまった宗教は(教えの本当の意味を理解出来なかった弟子達は)、まんまとマニュアルづくりに嵌っちゃったわけです。

僕らの身近にある「日本仏教」の大半も、お釈迦様が「してくれるな」と言っていたことを平然とやってしまっているわけです。(こういうこと言うと、色んな方から反感を買ってしまうのが現状ですが…)

仏壇がどうのこうのとか、線香は何本立てろだとか、いや、立てずに寝せなさいとか、これを唱えましょうとか、御札や短冊がどうのこうのとか、戒名がどうしたこうしたとか…(あ、勘違いしないでくださいよ。僕はご先祖様に対して、ぞんざいな態度で構わないという話をしているわけではないですからね。)

それぞれの宗教・宗派が、説いている「ルール」が違うからと言って断絶を起こしている。

そんな「How to」を説く宗教の、どこに「真理」があると言うんですか。


「仏教」は読んで字の如く、「仏(ブッダ)の教え」なんですよ。

考えてもみてください。

お釈迦様のいた2500年前には、仏壇も線香も御札も短冊も戒名も無いんです。

つまり、それらの話は後から誰かが後付けで勝手に作った話なんですよ。

それをね、大半の人が「仏教(ブッダの教え)」ですと、そう勘違いしているんです。ね、明らかにおかしいでしょ?

ましてや、本来「生きる」ことを説いている教えなのに、誰かが死んだ時にしか目を向けない。


なので、日本人になじみのある仏教と初期仏教では、おなじ「仏教」でも、だいぶ中身が違います。


勿論どちらも「仏教」ですから、大本は同じです。

立派なお坊さんもいらっしゃいます。

なのですが、伝来仏教は、やっぱりどうでもいい余計なモノが沢山付いてきているのも事実です。

そして、本当に大切なことより、どうでもいい余計なモノがクローズアップされがちなのも事実です。

その現象は、信者が「あり方」に目を向けず、「やり方」を求めてきた結果でもあるのですが…


仏教にせよ、キリスト教にせよ、他の宗教にせよ、そこに「やり方」を求めると、大失敗します。

また、「やり方」を語るあれこれに気を取られてると、それはそれで失敗しやすいです。


その宗教が説かれているあらゆるモノを、「あり方」という観点で捉えてみてください。

本当に信頼できる教えは、そこを明確にしないと、本当の意味が理解できません。


どんな宗教に属すのであれ、属さないのであれ、自分の「あり方」を無視し、「何をすれば幸せになれますか?」と、安易に「やり方」を求めるのはやめましょう。

その態度こそが、本当の破戒(戒律を破ること)です。



←「何をすれば押してくれますか?」と、安易に「クリック」を求めるのはやめましょう。(自爆)

コメント ( 26 ) | Trackback ( 0 )
« 正精進 索引 »
 
コメント
 
 
 
なるほど (ミリチャン☆♪)
2008-09-04 10:59:11
『やり方』ではなく『あり方』
シンプルで良かったです

色々しきたりや『やり方』をせねばならないのかと不安に思っていたから…

自分で『あり方』も出来ていないのに『やり方』ばかり目を奪われていたら


本末転倒でしたよね
 
 
 
うんうん (kuro)
2008-09-04 11:36:21
あんまりまっとうで涙がでる。
なんで人類は何千年もかけて
宗教をねじ曲げ、人を抑圧し、
あまたの悲劇を生み出して、
いまだにそれを続けているのか。

個人的には墓も戒名も供養も
いらないと思っているんですが。

黒斎さん、お疲れさまでした。
 
 
 
ごめん、また下ネタで・・・ (ぽん)
2008-09-04 12:21:46
セックスの正しいやり方

ではなくて

セックスの正しいあり方

と変換すると

うら若き青少年の性教育に使えそうなネタだなと・・。



すみません!また色をつけてしまいました。。。
 
 
 
書いてしまたのね (ひで)
2008-09-04 17:04:45
中世ならば魔女狩り(男性も含む)の
対象になるような大胆な内容ですね。

伊勢のリーマンさんもおっしゃってましたが、
「既存の宗教の役目は終わった」という
ところでしょうか。
目覚める方が益々増えていくような予感がします^^。
 
 
 
パチパチ☆ (白猫庵)
2008-09-04 18:20:09
黒斎さん こんにゃちは。
前に阿部さんのブログに書き込みされて
ましたね。びっくりしました(^▽^)

お釈迦さんシリーズ、楽しく拝見してました。
いつもはロム専ですが、今日の記事にビビっときまして
思わずカキコしてしまいました(笑)

>そんな「How to」を説く宗教の、どこに
「真理」があると言うんですか。

よくぞ言ってくれましたぁ! (^▽^)
おかげさまで既成宗教に感じていたモヤモヤが晴れ、
胸がすぅ~っとしました。

エゴはなんでもマニュアル化したがりますが、
「やり方」より「あり方」がだいじというのが
よく分かりました。ありがとうございます。
 
 
 
Unknown (littlemy)
2008-09-04 18:20:57
おっしゃる通りだと思います。
宗教の違いが原因で殺し合いをするばかばかしさを痛感します。
そんな時代ももうすぐ終わるんでしょうか。
 
 
 
うんうんうんうん (ヘンゼルとグレーテル)
2008-09-04 19:05:23
そうですよね~。
釈迦にしろキリストにしろムハンマドにしろ、今の各宗教の教義とはかなり違うことを言っていたそうですから。
後付けのルールや教義ばっかりだそうですね。
彼等自身、自分達の教えがこんなふうになっちゃってるのを知ったらガッカリでしょうね(苦笑)
いや、もうとっくにあの世でガッカリしてるのかな。



あり方とやり方の違いを教えてもらえたのは、僕にとって本当に大きな収穫でした。
このことを知るだけで生き方はグッと変わります。
ありがとうございました( ‘∀’ )
 
 
 
お疲れ様でした。 (あい)
2008-09-04 19:52:52
仏教について読み込ませて戴きました。
関連する本を読んでいるだけだったら、ここまで理解することは出来なかったと思います。

『やり方』より『あり方』なんですね。
実際、身の回りにはマニュアルだらけ。
自分もまた『やり方』を求めていたと思います。
でも『あり方』だと思うと、何かから解放されたように楽になりました。

私のアハ!体験です
(^-^)

ありがとうございました。
 
 
 
昨晩 (ふじこー)
2008-09-04 19:55:56
最新記事のタイトルが「ふじこー」になってて僕の事を褒めちぎった文章が並んでたので、これは小遣いでもあげないかんなと思ったものの、財布を持ってなかったため「また今度な~」と黒斎さんに言っている

(´・ω・`) そんな夢を見ました・・

( ´-ω-) とても良い気分でした・・ふふ・・

 
 
 
勉強になりました (rrr)
2008-09-04 20:01:22
いや、気づかせてくれた、という感じです。

宗教とは神様仏様を崇めるものではなく、単なるこの世の過ごし方を説いたものだったのですね~。
考え方のスイッチ一つで何もかも変わる世界で、自分が変わるためのスイッチを押すのは自分次第なんですね。宗教はただその手にそっと押すか押さないかの触れるだけと。

長い間仏教についての特集、お疲れ様でした。
そしてありがといございました。
 
 
 
スッキリ☆ (ぴーちゃん)
2008-09-04 20:51:29
そうだよねそうだよね。
色々思ったり考えたりしてると、私もそんな風に思えたんですが、ど~も世間ではそれが通用しないというか・・。
仕方がなかったにせよ、根本を忘れちゃいけないんのではないかと。

世の宗教者に誰か言ってやってよ~~~!と常々思ってたので、読んでるとちょっとスッキリした気分でした。
 
 
 
たしかに (テルキチ)
2008-09-05 04:02:20
ごもっともなことで。

今回のこの宗教シリーズ。大変興味深く読ませて頂いてました。

しかも今の自分にとって、リアルタイムに胸に付き刺さるものがあり、深く納得しました。
しかし、そうゆうことに気付けたというだけのことで、それで油断しないようにしないといけない。
ちゃんといつも「自分道間違ってない?」と確認しながら進まないといけない。
ただ、気付けたことで、この先人生、ワクワクです♪

今現代の宗教について、本当に黒斎さんのおっしゃる通り悲しい現実ですよね。
ただアタシ思うんです。

受け取る側の人それぞれ魂のレベルというのでしょうか、解釈、捉え方が変わってきてしまうのは残念ながら仕方ないと。

アタシ、幼い頃とある宗教で教えを頂き、幼いなりこれは素晴らしいと胸に刻んでました。しかしどこかしっくりいかないです。
素晴らしいけど、何かが違うと…。
そして十数年経った今になって疑問が解けました。
生意気ながら、あり方で捉えその教えの表現に疑問を感じてたのだと

こうゆうことってちゃんと理解するのも難しいのに、それをまた人に伝えるって並大抵の人に出来ることじゃないですよね。
何てったって、この世は未熟者の集まりなのですから。

けど、その素晴らしい教えの言葉だけはちゃんと残ってます。
それなりの人が見れば、きっとわかるはず。

そして今、こうゆうことを理解出来る人が増えてきてると思うし、またちゃんと教えが正しい解釈で広まる日が来るような気がします。
夢物語ですかね(笑)

長々と失礼致しました。

常々、黒斎さんに縁がもてたこと嬉しく思ってます。
これからも学ばせて頂きます。
 
 
 
教えてください (アッズーロ)
2008-09-05 07:35:03
はじめて投稿します。
黒斎さんのブログは、構える必要がなく、毎日楽しく拝見しております

少々疑問があり、質問します。今回の仏教の話と、
初期の頃なされていた、願いのかなえ方は、両立
するのでしょうか?

例えば、守護霊と話すには、”私(守護霊)の存在を認め、信じること”
という雲さん(当時☆)が言われた文章が、06年7月5日にあります。そのように、ないことを信じて願いを引き寄せる方法と、
自分を客観的に自分を観察し、あり方を知るヴィパッサナーや、メタ認知、八正道。一方は今ないことを信じること、一方は正しく現実をとらえる教え。自分の中で繋がらない気がするのです。まず、現状を正しく捉えてから、次の段階として、信じ引き寄せることが有効になるのでしょうか。

個別には両方ともなるほど、と思うのですが。よろしくお願いします


 


 
 
 
そうですね (ふんころがし)
2008-09-05 10:56:24
日本人は型から外れることを異常に怖がると、散々金髪のお方から指摘されていました。それぞれ自分へ焦点あてることに力を注いでこなかったから、みんなどうしていいのかわからなくて不安なんでしょうね。権力者にしてみれば個人に焦点あてたらコントロールがきかなくなるし。

「やり方」=型から「あり方」=個人へシフトしてる時代なんですね。それぞれが幸せという炎を照らしたらどんなに日本が明るくなるのかと考えただけでワクワクします。楽しみな時代です。
 
 
 
コメントありがとうございます! (雲 黒斎)
2008-09-05 18:18:29
ミリチャン☆♪
シンプルゆえに、理屈じゃないですよね。
>自分で『あり方』も出来ていないのに『やり方』ばかり
>目を奪われていたら末転倒でしたよね
うんうん。そこに気づくとね、前にお話しした「あべこべ」がわかりやすいと思います。

kuroさん
>個人的には墓も戒名も供養も
>いらないと思っているんですが。
ルールやしきたり、マニュアル等に縛られる必要は無いと思います。
とはいえ、ご先祖さんを敬う気持ちは大切にしたいですよね。^^

ぽんさん
いえいえ。とてもまっとうなご意見だと思います。
そうですよね。セックスだって、「やり方」より「あり方」。
僕の場合、「やり方」「あり方」より、「持久力」が必要な気がしますがって、やかましいわ!w

ひでさん
どうなんでしょう?
ぶっちゃけ僕にはその方の書かれている内容って、結局既存宗教の焼き直しにしか見えないんですけどね…。
説明がめんどくさいので、とりあえずこれ以上の発言は控えときます。。。

白猫庵さん
あはは。
だって僕、阿部さん好きなんだもの。w

littlemyさん
>そんな時代ももうすぐ終わるんでしょうか。
とりあえず、他人がどうであれ、自分のあり方をしっかりしておくしかないと思ってます。

ヘンゼルとグレーテルさん
例のご質問の件、もっと具体的に続きを書いた方がいい?
多分、まだ納得できてないよね?

あいさん
>でも『あり方』だと思うと、何かから解放されたように楽になりました。
よかったです~。

ふじこーさん
お小遣いを用意出来ていれば正夢になったかもしれないね~。
とか言ってみる。w

rrrさん
ね、なんだか宗教って葬儀のイメージ強かったりするよね。
それだけ無関心ってことでもあるけどね。^^;

ぴーちゃん
「世間」は固定観念が大好きだからね。
おかしいモノはおかしいと、自分で気づかないとずっと洗脳されっぱなしのままでいることになっちゃう。
だから、自分で判断し、行動出来ないとね。
ですから僕の話もそのまま鵜呑みにしないで、ちゃんと自分で確かめてくださいね。^^

テルキチさん
>ちゃんといつも「自分道間違ってない?」と確認しながら進まないといけない。
うんうん。その通りですね!

アッズーロさん
はい。多分そのご質問が出るだろうと思っていました。
詳しく書きたいけど、今日はとりあえず短縮版で返答させてください。
「八正道」と「引き寄せの法則・思考の現実化」は、実は同じ話なんです。そこには相反することも、矛盾することもありません。
そこにあるのは「表現の違い」だけなんです。
ただ、とても「通約不可能性」が発生しやすい話題なので、話が通じないっていうだけなんです。
僕が書いた「私(守護霊)の存在を認め、信じること」は、表現を変えれば「無意識との対話」と言うことです。
心理学では「フォーカシング」とも呼ばれたりしています。
この「無意識との対話」については、先日ご紹介した『ひらめき脳』の最終章にも書かれておりますので、ご興味がありましたらご覧になってみてください。
2つの意味が繋がるヒントになるかもしれません。

ふんころがしさん
>「やり方」=型から「あり方」=個人へシフト…
なるほど、こう言う表現の仕方もいいですね!
 
 
 
黒斎さんへ( ‘∀’ ) (ヘンゼルとグレーテル)
2008-09-05 20:16:18
はい、正直に言うと納得仕切れてないです。(というより、理解仕切れてない??)
僕としては続きを望みたいところなんですけど、どうなんでしょう、他の方の意見は……。


今僕が興味があるのが、
死後についてと、
悟りを得ることと、
想念が現象化しやすい体質になって願望実現しまくりラクラク人生を生きること(w)なんです。
アッジーロさんがされた質問は僕も気になっていたことでした。アッジーロさんの質問を見たとき「シンクロだぁ」って思いましたね。
この三つはこのblogを読んでる方なら、わりと興味を持っている方が多いんじゃないかと思います。
二番目については詳しい説明が聞けて大いに満足です。( ‘∀’ )
三番目についても、すでに解答を頂いたので(矛盾はないらしいと判ったので)、とりあえずモヤモヤは解消されました。

で、僕はやっぱり残された一番目の疑問を完全に解消したいです。( ‘∨’ ;)
他の方には別の要望があるかもしれないな~、というのが気になりますが……。
 
 
 
何となく (あかげ)
2008-09-06 04:55:29
人は往々にして愚かなもの
だからこそその隙間(schema)を
愛し愛され
愛でられるんでしょうね。

なーんて、若干俺のキャラじゃない事を
何となく思たものでw
 
 
 
言葉の印象が変わりました (アッズーロ)
2008-09-06 08:19:08
 ご丁寧に答えていただきましてありがとうございました

「無意識との対話」と変換することで、話題が身近になった気がします。私にとって、守護霊等の単語で解釈するよりも、心理学で使われている言葉のほうがイメージしやすいようです。むしろ私は、「無意識との対話」が「私(守護霊)の存在を認め、信じること」と表現できるのか!と、驚き、そして楽しく思いました

 フォーカシングのことを取り上げている本や、茂木さんの「ひらめき脳」が図書館にありましたので、さっそく読んでみようと思います。ありごとうございました

 
 
 
 
後付で… (kaorin)
2010-03-06 18:20:31
てんこ盛りなんですねん。(笑)み~んな、私たちと少しも変わらないんですってん…(笑)偉い方たちだけれど、あまりに神聖視してもね…。それより、なら、できるかも…って。
 
 
 
ありがとうございます! (幸烏)
2010-09-24 10:29:30
超スッキリしました!
読み進めていくうちに
頭がクリアになっていくのが嬉しかったです
 
 
 
マニュアル (新入り)
2010-09-24 10:41:22
現代のマニュアルって都合いいようにかいてます?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2010-09-24 10:46:17
書いてます
 
 
 
Unknown (ハトホル)
2010-09-24 11:04:26
あはは~~~~~~~~~~~~~~っ
9-24 10:46 Unknownさん
すき!!!
新入りさん こんな感じで一緒に楽しくやってこね。
 
 
 
耐震設計 (設計士)
2010-11-05 14:16:49
黒斎さんは、リフォームされてるのですね。

がんばってくださいm(_ _)m
 
 
 
How (MakikoOTA)
2013-09-03 06:02:45
2013年です。今現在。
雲黒斎さんのことは、
だいぶん前から(2006~)知ってましたが、
怖い話系で、ちゃんとブログ読んだことなかったんです。

で、私も目覚めていない凡夫なんですが、
2003年くらいから、ずっとスピリチュアルやら、
啓蒙の本やら、自己啓発やら、
ホンマに、死ぬほど本を読んでわかったつもりになってたくせに、
なんにも苦しみがなくならない人生にほとほと嫌気が
さし、
エックハルトトールのような境地に今年至ったようで、
それでも苦しいもんだから、まだ答えを探そうとしてはいけない、と思いつつ、彷徨ってたら、
ここのブログにたどり着き直しました。

ほんとうに、ゼロスタート、
というか、学び直し、のためにここのブログへ導かれました。
わかってるっちゅーねん!って頑固に思い込んでいた、真理なるもの、
ひとっつも、腑に落ちて体に染み込ませていませんでした。
気づき、をありがとうございます。

これから、また一から一歩歩いていく、
って感じで、心もとなくて、不安ですが、
それでも、そこが、一、ゼロ、なんで、
元気いっぱい幸せを噛み締めて、このブログを楽しませてもらいます!
まだ、2008だから、あと5年分も楽しみあるし~
過去(時間をいうとなんですが)とか関係なく、
いま、出会えて、ほんとうに感謝してます。

目覚めなくとも、守ってくれている宇宙に感謝します!!守られてるっていうのは感じてますから!!
 
 
 
はじめまして (akka)
2018-10-16 14:15:55
こんにちは。
最近、雲黒斎さんの本を読んで、あの世の仕組みがとてもわかりやすく書かれているので(例えが現代風でユーモアも抜群、とにかく最高です!)、このブログに飛んできました。

私自身、とある宗教の会員ですが、仏教の話はもちろん、今回の「それぞれの宗教の、教祖がマニュアルじゃないよ!」という事に共感しかないです。

宗教団体に属してる人もそうでない人も、それをうっかり勘違いしてる人は、きっとたくさんいますよね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。