goo

十二因縁

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


今年の夏休みはあれですかね。

やっぱり、「子供と一緒に映画館に行って、今話題の『崖の上のポニョ』に涙する予定です!」という方も多いんですかね。

でも。

僕は知っている…

日々お母様方を涙させているのは、「崖の上のポニョ」ではなく、「ベルトの上のポニョ」であることを!


♪ポーニョ ポーニョ ポニョ おなかんとこ~

 ♪すごーい しょくよーく やってきたー

♪ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ~

 ♪まんまる おなかの…


Σ(; ̄Д ̄) はっ! 殺気!



サクッ! ←(; ̄Д ̄)―《《《 ≡≡≡



おとなしく続き書きまーす。




さて、サトレンジャーに説法をすべくサルナートへ向かったシッダッタ。

その道中、シッダッタは、自らの苦を解決する道が正しかったかどうかを「十二因縁(じゅうにいんねん)」の形で確認しながら歩んだそうです。


今日はその「十二因縁」のお話。

これ、お釈迦様の説く『原因と結果の法則』とでも言いましょうか、人間が「苦」を感じる原因・メカニズムを、12段階に分け、それらを順に分析したものです。

訳によっては、「十二縁起(じゅうにえんぎ)」と言われることもあります。

では、その12段階の項目を順に見ていきましょう。


《過去世》

1.「無明(むみょう)」:物事がどのように存在しているのか、正しい認識をもっていないから

2.「行(ぎょう)」:誤った認識によった行為(業)がうまれ

3.「識(しき)」:行為の結果が意識の中に蓄積され

《現世》

4.「名色(みょうしき)」:蓄積された意識によって、次の人生における心身が作られ

5.「六処(ろくしょ)」:肉体の形成に伴い、5つの感覚器官(目・耳・鼻・舌・身)と心が生じる

6.「触(そく)」:その感覚器官が対象と接触し

7.「受(じゅ)」:接触によって生まれた「心地よい」「苦痛」などの印象が心を動かし

8.「愛(あい)」:「心地よい」と感じたものをより求める欲望(煩悩)がうまれ

9.「取(しゅ)」:欲望の対象に執着が生じ

10.「有(う)」:意識に蓄積された業と執着によって、次にどう生まれ変わるかが決まり

《来世》

11.「生(しょう)」:新たに生まれ変わり

12.「老死(ろうし)」:生まれた瞬間、再度老いと死の苦しみに向かって流されていく



つまりは、ぐるぐると生まれ変わりを繰り返しながら、延々と苦しんでいると、そういうことですね。

生まれる事も苦、老いも苦、死も苦、結局、「人生そのものが苦」ということがはっきり分かりました。だから、本当に苦を滅するには、この輪廻転生から抜け出すほかにありませんと、そういうことなんです。


世の中には「生まれ変わりたい」と切望している方が沢山いるかと思います。

それは、「今よりもっと幸せになれそうだから」という希望を持ってのことだとは思いますが、「残念ながら、生まれ変わったところで、幸せになることはできませんよ。だってどんな環境に身をおいても、人生そのものが苦なんだから。」という話なんですね。

こういう話をすると、「いやいやいやいや!そんなことはないだろう。人生は苦ばかりじゃないさ。幸せな人だっているじゃないか!」と思われるかもしれませんが、その言葉はこうやって返されてしまうんです。

「今幸せだとしても、その幸せはいつまで続けられますか?人間には老いや死がつきものなのですから、結局、いつかは失ってしまうのではないですか?幸せを失うということは、苦ではないのですか?」と。

「人間誰もが共通して思っていることがあります。それは、“幸せになりたい”という願いです。“幸せになりたい”と願うということは、逆に言えば“今に不満がある”ということです。不満があるということは、苦ですよね?」と。


だからこそ、「生まれ変わりの輪から脱することが出来るように生きましょう。」というのがシッダッタがたどり着いた答えなワケですが、どうでしょう?分かります?



←♪ペータペタ ポーチポチ ♪ボタンっていいな 押しーちゃお!


コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )
« 道中 初転法輪 »
 
コメント
 
 
 
おおおーーーっ (pyo)
2008-07-22 15:20:37
>「生まれ変わりの輪から脱することが出来るように生きましょう。」

激しく納得!
メカラウロコでした。
黒斎さん、ほんとにわかりやすい解説をありがとうございます。
 
 
 
お腹がポニョ (kame)
2008-07-22 15:40:21
そぉ~さぁ~お腹に~いてるんだよぉ~ポニョッ!
ムカ・・・(-_-メ)

理解できてます。

輪廻から解き放たれた時こそが様々な苦しみから逃れる事ができる。

でも人は輪廻を望むんですよね。

そして肉体的、精神的な欲に翻弄されて苦悩するんですよね。

それを理解していても、生きてる事って幸せだ。
苦悩しても失敗しても、けっこう何とかなるしね。
これは理解が出来ていないと言う事かもしれません。

崖の上のポニョ、観てきました。
絵がパステル調で私は最近のジブリより好きです。

娘も楽しんでいたので竹彩ちゃんとどうですか?
 
 
 
こうすらすらと文章化されると (ぽん)
2008-07-22 15:48:34
なんだか、得したような損したような、変な気持ちがします。
一生かけてたどり着くような真理を知ってしまったら、
煩悩だらけの私は迷います。
心に従うのか、真理に従うのか。

人に説いて生きると言うのが一番葛藤がありませんが、
生臭く生きても、真理に近づきたいという気持ちは忘れずにいれば、いつか、迷いが消えると信じるしかないな。

 
 
 
いつか失われてしまうものは苦に変わるんだから云々……というのはどうも( ‘Å’ ) (ヘンゼルとグレーテル)
2008-07-22 15:56:35
理屈はわかります。
煩悩のせいでカルマが生じて、カルマの消化のために生まれ変わりが必要になる。
煩悩を捨ててカルマ作りをやめて輪廻を脱して、老いも死もない霊界にず~っと居れば、たしかにそれらの苦悩はないですね。
でも、魂は自らの成長のために、現世に来るんですよね?
カルマ作りをやめても、結局は向上のために転生することにならないんでしょうか。
この世ならではの苦も、魂にとっては得難いものだと教えられました。
それとも、悟った魂は輪廻の必要もなく、霊界だけで成長していけるようになるのでしょうか?

いや、そもそも煩悩を克服するためにこの世に来ているのか…? う~ん

ま、悟った後の輪廻の必要性の有無は置いといて。
心身を毒する煩悩の摂取は、控えた方がいいのはたしかですね。

今回の記事は人生の素晴らしさ自体を否定されたようで、複雑です。
人生の全てはいつか失われてしまうものですが、やっぱり意味はあると思います。
それとも、いつか失われてしまうという理由で、今享受している幸せを無価値だと思えますか?
家族とか友人とか、いずれ失うにしても、素晴らしいものがいくらでもあります。

……「次からは」輪廻をやめよう、という話とはまた別か。
まとまらないなぁ。
 
 
 
あの世とこの世 (rik)
2008-07-22 18:34:40
こんにちは。素晴らしい内容ですね。
ただ本文の文字が小さいので、お気に入りにメモって少しずつ拝見。

いま私も「あの世とこの世」について、ホームページにまとめようとしているところなので、とても勉強になります。
 
 
 
人生は苦しみ ()
2008-07-22 22:32:20

 文句を言わず、悩まずに、ただ、今をそのまま

 受け入れて、流れに逆らわず流れに乗って生きる。

 素直、謙虚さ、感謝、愛、受容を忘れずに、

 ありがとうございました。
 
 
 
欲望 (リア)
2008-07-22 22:32:33
『「心地よい」と感じたものをより求める欲望(煩悩)がうまれ』

とありましたが、

私が悩まされてきたのは、欲望だったんですね。
 
 
 
煩悩を消すために (HASE)
2008-07-22 23:58:37
ということは、一番最初の無明の物事の認識を正しくうけとめればカルマが増える要素はなくなって生まれ変わりからも脱却できるということでしょうか?物事を正しく受け止める、、、、、正直いまいち理解できないです、、日々本等を読み勉強していけばいいのでしょうか?
 
 
 
Unknown (スサノオ)
2008-07-23 00:15:14
ま~
いいじゃないか。

どんな真実でもね。

求めること
(自分はもっていない)
求めない 逆にあたえる
(自分はもっている)

人は全てをもっていないと感じている。

しかし、実は全て初めからもっている。

ふふふ・・・ふふふ

恋愛が一番わかりやすいかな~

恋ー>相手を求める

愛ー>相手にあたえる

お・・

おお・・・

聞こえるぞ・・・

声が・・・・

「ポ~ニョ ポニョ」

「見たいな~ ポニョ」

「見にいきたいな~」

・・・・・・

・・・・・・

私につぶやくように彼女の声がゆっくりと聞こえてくる・・・。
「ポニョ・・・ポニョ・・・」

「見たいな~ 見たいな~」

聞こえてくる・・・

求める声が・・・・


(@し。@;)

 
 
 
ポニョ (えじ)
2008-07-23 00:50:16
見てきました
私もトトロみたいで好きでした~~


で。。。
あまりに当たってるので
もしかして見られてるの?って不安になりました
(勿論、ポニョの話題です)


ま~まだまだ黒いので
多分、来世も生まれ変わると思うけど
出来れば少しづつでも向上して行きたいなって
思ってるトコ

 
 
 
腹が!! (通りすがりの何がし)
2008-07-23 13:02:35
ポーニョ ポーニョ ポニョ 腹がポニョ~♪
家ではこれで歌ってたw って笑い事じゃねーorz

毎回、楽しく拝見させてもらってます。


この道の上では何かを拾った
ほんとはもう少し捨てなきゃならない
走って行くことでそれだけはできるよ
先はまだ何も決めてない

salyuでalbam TERMINALより トビラ


どれくらいの値打ちがあるだろう
僕が今生きてるこの世界
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてんのかな?
(中略)
未来が僕らを呼んでる
その声は今君にも聞こえていますか?

mr,childrenでHANABI


ロジャーはあの文字を解読できたわけじゃない
アイツはな・・・
“万物”の声を聞けた・・・・
それだけのこと

ONE PIECE 第507話 レイリーの台詞より


行きたい場所は全部廻った 泣きそうな雲の下
何にも無くしてないのに 空っぽの気がした
(中略)
大丈夫 見つけたものは本物だよ 出会った事は本当だよ
捨てられないから持ってくよ 迷子だったときも
出会った人は生き物だよ 生きてた君は笑ってたよ
迷ってた僕と歩いたよ 偽者じゃない荷物だよ
これだけあれば きっと僕でいられるさ
一緒にここから 離れよう

BUMP OF CHICKENでalbam orbital periodよりarrows

量多いし、安直だったかな?
まずかったら、削除してやってください。

実感して、単位とって、頭でじゃないとこで納得して、卒業したいと思う。

そのためにはやっぱ、痛みと意味と自由意志重んじた世界に変えないといけないんだけど。
 
 
 
コメントありがとうございます! (雲 黒斎)
2008-07-23 15:05:38
pyoさん
お。何かサクッといきました?

kameさん
竹彩とは、まだ一緒に映画館に行ったことがないんですよ。
ポニョ、連れて行ってみようかなぁとおもっとります。^^

ぽんさん・ヘンゼルとグレーテルさん
お二人はとても似てますね。どうも物事を難しく捉えようとする癖があるように見えます。
あまり難しく考えない方がいいですよ。
(おまけ)
http://abetoshiro.ti-da.net/e2188868.html
↑僕の好きな阿部さんのブログから。

rikさん
ども!
文字の大きさの件、ブラウザの表示メニューから「文字のサイズ」を選択してみてください。拡大できとると思いますよ。^^

夢さん
夢さんは、どこまで本気なの?

リアさん
もう少し言葉を選ぶと、『渇愛(かつあい)』と呼ばれます。

HASEさん
>物事を正しく受け止める、、、、、
>正直いまいち理解できないです、、
目の前で起きていることを脚色せずに捉えるんです。
僕たちは、目の前で起きている物事に、なんだかんだと自分なりのストーリーを書き加えて解釈する癖がついているんです。
で、その自分で書いたストーリーに一喜一憂している。
その癖に気づいて、脚色が加えられていない、素の状態を捉えるんです。
って、余計わかりずらいかな?

スサノオさん
どうぞ、彼女に鑑賞チケットを。w

えじさん・通りすがりの何がしさん
うんうん。同感です。
 
 
 
黒斎さんへ (ヘンゼルとグレーテル)
2008-07-23 23:56:45
とても素晴らしいブログを紹介してくださってありがとうございました。
お陰で、僕の中でこの「ウンコクサイ」ブログの不動の地位が少しだけ揺るぎましたよ^^
 
 
 
Unknown (スサノオ)
2008-07-24 01:18:06
今気がついたが・・・

なんかここ・・・・・

妙に落ち着かないか?

たしかにブログだ。

しかし・・・・・・・

家にいるような妙な・

なつかしい空間にいるような・・・・

それは私だけかな

(=し=;)

ななさんのコメント読んでいたらそう感じていたw
 
 
 
Unknown (Unknown)
2008-07-31 07:45:16
自分は幸せの中で死ねたら最高に幸せだなぁ。
 
 
 
Unknown (YU)
2011-03-04 19:00:49
幸せになりたいと願うでなく
(このまま)幸せでいたいと感じたら気持ちも楽かしら…。

いや、そもそも幸も不幸も無いと認めるべきなのかな…。
実際には幸も不幸も無いのに、私のフィルターを通した際に
勝手に幸か不幸か分別されてるだけなのかもしれない。
まだ私には勉強と修行が必要ですorz
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。