goo

あきらめ


出来ないものは出来ないと明らかにするのが「あきらめる」。

出来るものを出来ると明らかにするのも「あきらめる」。

出来ると思い込んでいたことを、出来ないと明らかにするのも「あきらめる」。

出来ないと思い込んでいたことを、出来ると明らかにするのも「あきらめる」。

あきらめて、やることを、やる。

自分のことなのに、よくわからないから、あきらめるのは、なかなかに難しい。




トークライブ・インフォメーション



平日のお話会、3月のスケージュルは、下記の通りとなっております!

これまで通り、事前予約なしの当日会場受付となります!


平日のお話会「月イチ☆」(東京開催)
【日時】3月23日(金)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】三鷹産業プラザ7階 703会議室
    東京都三鷹市下連雀3-38-4(MAP
【料金】お一人様2,000円

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋開催)
【日時】3月29日(木)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】ウインクあいち 10F 1009会議室
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(MAP
【料金】お一人様2,500円

平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪開催)
【日時】3月30日(金)19:00〜21:00(開場18:30)
【会場】大阪産業創造館 5階 研修室B
    大阪市中央区本町1-4-5(MAP
【料金】お一人様2,500円


*****


久しぶりに福岡へお邪魔いたします!

雲黒斎トークライブ in 福岡
【日時】3月24日(土)14:00〜16:30(開場13:30)
【会場】福岡国際会議場504+505会議室
    福岡市博多区石城町2-1(MAP
【料金】お一人様3,000円
《主催》Be Here Now 常冨さま
詳細・お申し込みは【こちら】から!


******


『パラめくシリーズ』のシャランさん、『神さまと友達になる旅』などの著者、荒川祐二さんとご一緒させていただきます!

山本時嗣プロデュース!
イケてる作家たちによる春のプレミアムトーク&サイン会
「夢をかなえる人がこっそりしている3つのこと」

【日時】4月14日(土)14:00〜16:30(開場13:30)
【会場】梅田蔦屋書店4thラウンジ(MAP
【料金】お一人様5,400円
《主催》株式会社ダーナ 山本時嗣さま
詳細・お申し込みは【こちら】から!


←あきらめることなく、押して欲しい。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )
« どうかご容赦を 風呂掃除 »
 
コメント
 
 
 
頭が〜 (ゆみ)
2018-03-04 08:35:20
こんがらがるーー
けど、
あきらめましょう🎵
あきらめましょう🎶
スッキリしましょぉ パッパパラッパ🎵

ブログ更新いっぱいしてほしい!
なんてっても、私は何もできんもんねー
ってあきらめてたら、なんと3連チャン!!

これくらい短くても全然いい!!
 
 
 
ありのままで (りんりん)
2018-03-04 09:03:52
こんにちは。久しぶりにブログ更新されていて、嬉しくなりました😊

そして、しばらくの沈黙の理由も、これだったのかなぁ…と思いました。

一つの言葉、表現も、受け取る側によって変わってしまう。本当にそうです。なぜそういう風に理解するのだろう?と、こちらが驚くような解釈をする人もいます。

言葉には限界があります。
黒斎さんは黒斎さんの思う「言葉」でブログを綴って欲しいです!ありのままの黒斎さんの言葉で‼️誤解がなんぼなもんじゃ〜👊🏻
 
 
 
深い…。 (そら)
2018-03-04 13:26:26
シンプルな文章なのに内容は深い。

「桜花のひとひら」のもそうですけど、ノンデュアリティ覚者の方々、最近とても発信がさらにシンプルになっていますね。

行き着くところまで行くと意識が軽くなるのかな…。
 
 
 
こくさいさん (こじか)
2018-03-04 14:16:17
以前、黒斎さんのブログがつまらなくなったなんてコメントした者です。ごめんなさい。黒斎さんは理路整然としていてしかもユニークなお人柄、イケメンと色々なものが揃っていて、完璧な印象を持っていました。
ものすごく繊細なお人柄ということを気にもかけずに、無神経に傷つけてしまったかもしれません。本当にごめんなさい。
黒斎さんのブログは面白いです。だから変に期待してしまったのだと思います。
黒斎さんは誰の要望にも応える必要はない!ほんと、受け取る側は勝手な都合で受け取りますもんね。私がそうであったように。
ご自身の思うままに書き続けてほしいと勝手ながら思っている次第です。本当にすみませんでした<(_ _)>
 
 
 
Unknown (hana)
2018-03-04 14:41:21
以前『 いい子をやめた 』という某CMが
テレビで放送されていましたが
覚られた方だと思いました。
無理をしない自然体の自分を生きる。
素敵な方だと思いました。
 
 
 
このままで (ゆったりゆみこ)
2018-03-04 17:09:30
連日の更新うれしいです(^-^)v
私は友人のススメで雲黒斎さんの本やブログを知り、阿部敏郎さんも知りました
誠実なお人柄は伝わってきますし、こちらの受け取る力の足りない点も含め、知る前と後では断然知ってからの方がイイです❗
続いていても間があいても、いいタイミング!と思うことも多いので勝手にご縁があると思っています
 
 
 
Unknown (バクスイ)
2018-03-04 22:42:29
パッパパラッパ♬ ←に笑っちゃいました笑 どこかで、諦める=明らかに見る って、聞いたことがあります。心に響いた解釈でした。
 
 
 
Unknown (hana)
2018-03-05 08:39:16
性格は改善し
それぞれの特性を活かしつつ
個性 ( 違い )を認め合う。

こんな感じなのかな…と個人的に思った。
 
 
 
黒斎さんへ (lovelondon)
2018-03-05 11:21:51
「ガンダーラ」がとても面白かったので、
いま「十牛図」を拝見しています。

黒斎さんのコトバが、
スッと染み入るように入ってきます。

はぁぁぁぁぁ、なるほど!!

と思いながら拝見しています。

見るのが楽しみですが、
とても感動的でうれしい気持ちになっているので、
一旦止めて、感謝の言葉を伝えようとおもい、
メッセージを書いています。


黒斎さん、いてくれてありがとうございます。

十牛図も面白くて、楽しいです。
 
 
 
初めまして。 (真ピンク寅三)
2018-03-06 11:00:46
スタンド使いゴン太のブロクを運営しています。
ブログ上で、雲黒斎さんの本の書評をしたいと考えています。
ついては、あらかじめご了承を頂きたく、ご連絡させていただきました。
お手数ですが、ご回答のほどよろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (モハメド蟻)
2018-03-07 01:02:47
おお~、更新されてましたね。
いま何時?から眼を通して来ました。

いましかないのが分かります。
そしていまに居ながら「あきらめ」を見ています。
アナログやデジタルのイメージングもいまの中で見ています(意味違ってる!?)
けど、いましかないのは良く分かるのですが当然過ぎて余りに簡素、それがどないしたと!?(笑)
つまりこの自覚をどこまでも貫き通せということなんでしょうかね!?
!?
 
 
 
再読 (白い稜線)
2018-03-07 16:12:00
黒斉さん、こんにちは〜♪
最近また過去記事のカテゴリー「物語」の後半辺り?(2011年4〜6月辺り)を再読しています。
黒斉さん、長きに渡って色々な表現で同じことを語って下さっていて、有難いです。再確認することも多いです。
ネットで読むより、本の方が書に一冊にまとめられているから、本買うかと思ったり…(黒斉さんの本全て買っている訳ではないので)。
長きに渡って、黒斉さん、有難う〜♪♪♪
 
 
 
Unknown (モハメド蟻)
2018-03-07 17:59:48
すいません、空気を読んでませんでした。
コメント欄も見るべきでした
 
 
 
アイロニー ()
2018-03-08 09:07:27
諦めて執着をやめる。

それは言い換えれば、

対象に対する価値を明らかにし、自分にとっての重要度を下げることだろう。

無我の境地に達したという釈迦。

きっとそれは、全てに対しての重要度を下げ、同価値と見做す目線。

全てを同価値と見ることで、全てを同レベルで大切に思えるだろう。

が、皮肉にもその境地は、その辺の石コロと人間の命、どちらが大事かさえ分からず選べないだろう。

手足が壊死するまで座禅をしたという伝説があり、ダルマ のモデルとなった達磨大師。

それが事実なら悟りや無我の境地にはそれほどの中毒性があるということだろう。中道とはよく言ったものだ(笑

手足が腐り落ちようが、達磨大師は至福だったのだろう。しかし、野性(自然のままの本能的な性質)としては落第ではないだろうか。

本能的にありのままに生きるためにこういった類の話に興味を持つ人が多いと思うが、皮肉にもそれに近付き過ぎると失ってしまう。おもしろいもんだ(笑
 
 
 
『あきらめたと思った後』が、肝心かなと (ただの「自分」)
2018-03-08 22:41:42
本当に『あきらめられた』ら、『視界』が広がりますね。
そしたら、今できることがわかりますね。
それがわかって、初めて

>あきらめて、やることを、やる。

ことができますね。

で思うのが、

あきらめて、何もやる気がしなくなった時、

実は『あきらめられてない』から、それ以外やる気がしないのか、
本当に『何もしない事』が、今、すべき事なのか、が
物凄くわかりにくい、て事なんですね・・・・・

だから、『あきらめたと思った後』、
『全体』とまではいかなくとも、本当に『視界』が広がっているか?
を確認する事が必要だと思います。
『広がった視界』に見えたもの、感じたものをきっかけとして
やり始めた事、やめた事が、本当に正解かなんてわかりませんが、
そうならそうで、また一度『あきらめて』、『視界』を広げ、
『広がった視界』に見えたもの、感じたものをきっかけとして
また、やり始めたり、やめたりする・・・・・
そんな感じで繰り返していけば、自然とその時々で切り替えられて、
その環境での『正解』に近づいていく感じがしますね。

 
 
 
Unknown (hana)
2018-03-08 23:52:25
自分の性分、癖に少しずつ気づいて
肩肘張らずに生きていけるように
やってみます。
ありがとうございます。
 
 
 
引き寄せの呆弁 (モハメド蟻)
2018-03-09 19:05:54
>あきらめて、やることを、やる。
つまりこういう事!?
これは作業興奮を言われてるんでしょうか。
ずっと思考っていたのでは行動に移せない分けでして。
だから考えるのを辞めてやることやった方が早いと。

>自分のことなのに、よくわからないから、あきらめるのは、なかなかに難しい。
正に我々は未来の事が解らないので、色々と憶測してしまいます。
出来るかどうかと、検討すればするほどに行動が遅れてしまいます。
そしてともかく行動に移したにせよ、出来るかどうか確信がないので行動がままならない。

まぁ内容にもよりますが、即、取り掛かった方が賢明かもで、出来なかったらその時に検討すればよい分けでして。
このように堂々巡りの思考を辞めて行動を起こすことを、引き寄せの法では意図すると言うことらしいですが、けどまぁ既に周知の事でしょうけど(汗)

端的に引き寄せの呆弁を語らせて貰えるなら、己がワンネスを悟って「いまここ(全体との一体感)」に在る場合には、欲しいものは既に全体としての己の中に備わっているので、願望を抱くこと自体が有り得ないのかも知れません。
だからもし願望を抱くとすれば、それは己が個我の次元に居る時であり、そしてこの世で望んだ対象とは全体(潜在次元)からこの世(顕在次元)へ移行している素粒子体なれば、我々はそれゆえに己から離れた位置にそれを見て、そしてそれを欲しいと願う分けでしようか。

< けど己が全体次元に移るなら、己とそれは一体化してしまい距離が無くなり、見てる己が居なければそれだけが存在してることになります。
そして、自我が居ないので時間空間を感じない分けで願望も有り得ない。
ただ蛇口を捻って水を飲むように単に欲求(意図する)があるだけ。
そして仮に、未だワンネスを体験してない凡夫だとしでも、ワンネス(潜在次元・潜在意識)に願望を手放した感覚をアリアリと自覚して脳を騙せば、願望エネルギーは潜在次元(空?)と共鳴し、それが「空即是色」となってこの世に望んだものが現れるかと。>

それを現実化するには、今言ったように暗示(思い込み)を利用すれば良くて、我々がその気にさえ成るなら脳は錯覚を起こし潜在意識はそれを実行してしまう、つまり潜在意識の需要と供給が暗示によってスムーズに行われる事に成るのだと思う次第ですが、実際どうなんでしょう!?
まぁとにかくです、凡夫の貧相な想像力でどこまで脳を騙せるかがカギと成るんでしょうか(爆汗)
とまぁ参考になるかどうかはともかくとして、一応スッキシです。 

プハァー 
 
 
 
妙案 ()
2018-03-09 20:23:40
以前、テラさんのブログを読んでいたが、彼のブログにはコメントする気が起きなかった。

それは彼が、
「このブログは私が書きたいことを好き勝手に書く場所。だから矛盾してても問題ない。キリストも矛盾したことを言っている。対機説法とはそういうものだ。」というようなことを度々書いていたから。(まぁ、毎回毎回長ったらしくて読むと草臥れるor途中で読む気を無くすからってのもあるんだけれども(笑))

彼の真似をして開き直るのも一つの手でしょうね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2018-03-10 05:03:43
超お早うございますぅ

矛盾しててもええですよ、コメント欄で自分勝手に呆訳させて頂きますからぁ
 
 
 
明らめ、諦め (まゆげ)
2018-03-31 19:47:15
 はじめまして、しばらくスピリチャルなこととは遠ざかってましたが、たまたま電子書籍サイトでベストセラーにあがってて、胡散臭いな~とは思いつつ、書籍を購入してしまいました。読んでみた結果、著者は雲黒斎とありますが、胡散臭くなかったです。

で、曹洞宗の修証義というお経に

生をあきらめ
死をあききらむるは
仏家一大事の因縁なり、

とあります。「生きる意味、死ぬ意味をあきらかにするのは、人間にとって一番大事なことである」と私は理解しています・・・その後も興味深いですが。

 私自身、いろいろなことをあきらめていきたいのですが、中々難しいですね。
 一般的には、あきらめる(明らめる、諦める)が、何故、ネガティブなイメージになったか、調べてみたいと思います。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。