namのスウェーデン輸入住宅

北欧輸入材を使った注文住宅を建てました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

前起こし

2010-04-30 | フレーミング
上棟を控え、前起こしが行われました。

久しぶりに一階床が青空のもとに顔を出しました。

湿っている合板もあったけれど日の光でみるみる乾いていって問題なかったとのことでした。

床下も樹脂断熱材で比較的すぐ乾くのではないでしょうか。

ブルーシートが剥がされるとまもなく小型のレッカー車がやってきました。



次にキプロさんで作られたパネルを積んだトラックがやってきて

敷地の端にパネル積んで去っていきました。



この間ものの5分ほど。見事な連携プレーです。

レッカー車がパネルを次々とつり上げていきます。




なくなった頃に次のトラックがやってきます。

邪魔にならないように外から見ていましたが、休憩時間に中に入ってみました。



壁が出来るとだいぶ広く思えるようになってきました。皆さんの言われる通りですね・・・

やがて2階の床合板が貼られて、



ブルーシートで養生が始まったと思ったら



あっという間に青いお家の完成。



本日はここまでだそうです。

もし、パネル工場を使わなければここまで来るのに1週間近くかかって、途中では養生もままならないため、

どうしても雨は覚悟しなければならないそうです。

スウェーデンホームさんのスタンダードは2x4工法ですが、現場でパネルを組み立てなければならない場合は

無理せず在来軸組工法を勧める場合もあると監督さんがお話しになっておられました。

軸組では最初に屋根が出来るので養生の点からは大分楽なんでしょうね。




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>

コメント (4)

雨漏り

2010-04-29 | フレーミング
土台・大引きをつけて断熱材を入れ、一階床合板を打ち付けてから、はや2週間、

この間現場はどうなっていたかというと、

このような金物を一杯運び込んで



組み上げて、



足場ができただけ。

なぜ進まないかと言えば、天気が今ひとつ。

2x4の欠点は雨の少ない地域で開発されたため、雨のことを余り考えていないこと。だそうです。

屋根ができるのが最後なので、床や壁が雨が降るたびにぬれっぱなし。

そこで、天気のいい日をねらって一気に組み上げてしまおうと画策しているのですが、(もちろん私ではなくビルダーさんが)

なかなかうまくいかない。

大工さん(フレーマーさんと呼ぶようです)が都合がつく日は雨だし、

晴れの日には別の現場が入っていて都合がつかないし。

あれやこれやで2週間というわけでした。

お暇なので、雨の上がった日に現場の養生シートの下を覗いてみると、

オーマイガー

雨漏りが・・・・



大抵のところは合板の上にビニールシートが貼ってあって、問題ないのですが、

ホールダウン金物のところはシートに隙間が出来るので、そのまま合板に水漏れ



どうやら金物が出っ張っているのでブルーシートに穴を開けたようです。



シートを少し剥がして、廃材を入れて乾くようにしてみました。



翌日、現場監督さんがチェックして、ブルーシートの穴という穴を全部ふさいで帰られました。

遠い現場で、ご苦労様でした。遠隔地はやはりいろいろ難しいですね。

早く屋根が出来るといいのですが。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>
コメント (4)

チューリップ

2010-04-25 | 家事
去年、広島の山奥の世羅町と言うところでチューリップの球根を掘ってきました。

花が咲いた後の球根はやせているので、咲かないと言う噂でしたので大して期待していなかったのですが、

植えてみたら、小振りではありますが、咲きました。



なんだか、とてもうれしい。


ちなみにこれがちょうど一年前、掘り出しているところ。





花が終わったら、追肥をして太らせるとまた開花球ができるそうですが、さすがにもう無理かな?



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>



コメント

一階床

2010-04-16 | フレーミング
基礎ができたらあっという間に土台が取り付けられ

一階床が組み上がって、屋根状の養生シートの下に埋もれてしまいました。



写真(ブログネタ)を撮り損ねて残念でした。と

監督さんにお話ししたら、お忙しい合間に写真を送ってもらえました。

ありがとうございます。

土台に大引きを取り付けて断熱材をいれたところ



こちらは脱衣室の基礎断熱部。



ウレタンフォームを接着剤として使っているのでしょうか。

住まいの水先案内人もご推奨のやり方で、浴室の床下点検のために脱衣室と浴室とが独立して基礎断熱区画になっています。

そして最後に構造用合板を貼ると



一階床の完成です。

以上MISSING LINKでした。

これだけの作業が一日でできるのですね。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>
コメント

土台

2010-04-15 | フレーミング
ようやく雨も小休止

土台敷きが始まりました。

フレーミングはパネルやプレカットを手広くやっておられるキプロさんにお願いしてあります。

スウェーデンホームさんの下請はもちろん、全国的にも引き合いが強い会社だそうです。

なんでも先月には関東の業者さんにプレカット材を納入したとか。

さすがに施工は現地業者だったそうですが。

岡山の会社ですが、広島にほど近い井原と言うところにあり、最寄りの駅は福山駅。

お伺いしたときにキプロ帽子を頂きました。



お待たせしました。ようやく出番です。

まず土台を基礎の上にアンカーボルトで固定。



全体に赤っぽく見えるのは、防腐・防蟻剤を注入してあるためだそうです。

基礎と土台との間には黒い基礎パッキンが所々に挟んであります。



そのあと、大引きを束で固定して



断熱材を入れていき、

床合板を貼って終了。



2x4材で屋根のようなものを床の上に組んで、

この上にブルーシートを渡せば



雨が脇に落ちていくという計算だそうです。

明日から足場を組んで来週は上棟の予定ですが。。。

天気さえもてば。







ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>
コメント (4)

水道配管

2010-04-11 | 基礎工事
ようやく基礎立ち上がりも固まり型枠が外されました。

大分間取りがわかるようになってきました。



すぐさま水道屋さんが入って、給水・給湯用のヘッダー管がとりつけられ、そこから四方八方に配管。



サヤ管ヘッダー方式というやつだそうです。

青が水用、赤がお湯用です。

ヘッダー管も配管も断熱材が入っています(薄いですが)。





ヘッダーからキッチンまで10mぐらいあります。

冷めないで届くといいな。

排水管も取り付けられました。



次はいよいよ土台の取り付けでしょう。





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>


コメント

平成22年度木のいえ整備促進事業

2010-04-08 | 住宅建設ーその他
目下基礎のコンクリートが固くなるのを待っています。

こういう待ちの日々には、気のせいか、天気が良いような気がしています。

ネタがないので、長期優良住宅の話題を。

うちは長期優良住宅の認可を受けたのですが、昨年度の補助金の申請期限には間に合わなくて、メリットが余り感じられませんでした。

鳴り物入りで始まったこの制度、たいしたことないじゃんと思っていたら、なんと本年度も補助金制度が始まりました。

名付けて木のいえ整備促進事業



今年は木造の長期優良住宅にだけ補助金が出るようです。軽量鉄骨やRCが除外されたのはもともと申請件数が少なかったのでしょうか?

着工前に認可を受けないとダメなので、うちはちょうど狭間のエアポケットに落ちてしまったようです。

これから建てようとしていらっしゃる方(施主さん・ビルダーさん)にはチャンスです。

といって余計なお世話ですね・・・・



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>
コメント

立ち上がり打設

2010-04-04 | 基礎工事
ベースのコンクリート打設が終わってからしばらく雨・・・

晴れ間を縫って立ち上がりの型枠を設置されました



当然雨で水浸しです。



でも打設当日は奇跡的に雨がやみ、朝から水をかき出し、スポンジで吸い、

何事もなかったかのようにしてから、




打設開始。



小さな水平の出っ張りが見えますが、あれを目印にして注ぎ込んでいくようです。

生コンを入れたすぐあとをバイブレータを抱えた基礎屋さんが追いかけます。



生コンを注いでいくポンプ屋さんはベースの打設と同じ方でした。同じ人のほうが慣れていていいのでしょうね。

アンカーボルトの植え込みをして表面をならしています。



ちなみに一番手前はホールダウン金物で、ベースの打設前に固定してあったもの。

しばらくしてから現場に行くと



ブルーシートで養生完了していました。

次は土台の取り付けでしょうか?




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>

コメント (4)

玄関のひさし

2010-04-01 | 住宅建設ーその他
うちの玄関のひさしは75cmほどの設計です。

玄関ドアは建物から少し引っ込んだところにあるのでこれぐらいもあればドアには雨は当たらないかなと踏んでいます。

玄関ポーチは我楽邸さんにウリンのウッドデッキをお願いしておりますが、よく考えると、デッキはひさしからはみ出す事になります。

まあそれでもウリンは雨に強いし大丈夫だと思っていました。

最近、スウェーデンのお家の写真をみているうち、ポーチをウッドデッキとしているお家が結構多いことに気づきました。

このお家も



こちらのお宅も



こっちだって



共通しているのが、ウッドデッキ全体にひさしがかかっていて、ひさしをウッドデッキの柱で支えているという形態です。

設計段階ではひさしがないポーチについて別に何とも思わなかったのですが、写真を見ているうちに気になり出しました。

そこで、うちもいまある75cmのひさしを150cmぐらいに延ばせないかと、営業さんに問い合わせてみました。

すると、追加工事費だけでなく建築確認と長期優良住宅の両方の変更申請手数料が必要とのこと。

そうかーー長期優良住宅も不便なものですね。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>
コメント (8)