namのスウェーデン輸入住宅

北欧輸入材を使った注文住宅を建てました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気密試験

2010-10-08 | 内部仕上げ
竣工時の気密試験報告書が届きました。



このお家の気密試験としては2回目のものです。


スウェーデンホームさんの気密試験は、本来、竣工時の一回だけですが、

今回ダクト式第三種換気のルフロを導入するに当たって、

気密が悪くては換気効率に影響するので、もし漏れがあれば補修できる段階で試験してほしいとお願いしました。

結果としては補修の必要のない良い値だったのですが・・・




本来の測定として、竣工時にも気密試験をして頂くことになり、その報告書が届いたというわけです。

今回の測定では、前回器械を設置した、キッチンの窓は、その後、パナソニックが入って狭くなったので、リビングで行い、

あと、前回はまだ付いていなかった、給気口や排気口の目張りも行って測定しました。



グラフが少し左に寄っているのがおわかりでしょうか?



前回0.54だった隙間相当面積が0.45まで改善していました。

これぐらいの気密性能があればルフロの動作環境としては十分だそうです。







ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
ポチッとしていただけると、励みになります。<(_ _)>
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 洗濯機排水管もれ | トップ | スニッカーペールのガードプ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kenken)
2010-10-10 10:47:19
気密、ばっちり取れてますね。
本来、1.0を切れば十分なスペックなのですが、0.5を切るとは相当なものです。
逆に機密が良すぎると、室内ドアが閉めにくかったり、特に玄関ドアを閉めるのがドアチェックの力だけでは、閉め切れなかったりします。
なので、ドアチェックの調整が微妙に成りますし、また、閉じるスピードを上げないと閉まならかったりします。そうなると、小さなお子様が、ドアの開閉をする時注意しないと、指を挟んだりしますので、お気を付け下さい。
室内ドアは、換気がルフロ(3種)なら、大丈夫だと思いますが。
kenkenさんこんにちは (nam)
2010-10-10 17:06:15
玄関ドアを開けると少し固くて、明いた瞬間、風がびゅーと入ってくるのがわかりますし、お風呂の換気扇から外気が漏れてきたりして、気密性能が良ければ良いで困ることもありました。

一種換気だと、陰圧にならないので、このような問題は出てこないのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

内部仕上げ」カテゴリの最新記事