namのスウェーデン輸入住宅

北欧輸入材を使った注文住宅を建てました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガーデンライト

2015-12-15 | 居住
アプローチの照明をどうしようかと考えて、

配線もなく、電気代も不要のIKEAのボラードというソーラーライトを採用、5年になります。



5年も経つと、さすがに電池もへたってきて、おまけに冬場は日照が限られているので夜暗いの何の、ほとんど役に立ちません。

そこで、検索したところ、

DIYでもこんなのができそうなことが判明しました。

          

よく似ているし

和風のお庭なら

こんなのもあります

         

早速注文しました。

アマゾンのレビューにもありましたが、ライト本体を購入するだけではダメで、コントローラという、100Vから12Vの直流に変換するアダプタと延長コードあるいは分岐コードが必要です。

ライトには3mのコードが付いていますので、コントローラから3m以内で2本だけなら延長コードはいらないようです。

早速到着しました。



中身はこんな感じ



新旧対照



IKEAのソーラーライトより背が低いです。



植え込みに隠れるように設置したので、昼間は目立ちません。

コントローラに光センサが付いていて、夜になると点灯します。

点灯後何時間で消灯するかも決められます。このあたりの仕様は便利です。

明るく光り、存在感がでます。



5年前のも一応光っていますが、ほとんど役に立っていないのがお分かりかと。

このポールライトに付属するのは0.5Wの電球色LEDですが、オプションで、LEDを昼光色0.5Wあるいは電球色1W,昼光色1Wのいずれかに交換することができます。
(結構お高いです)

でも、そのままで十分な明るさ、色合いと思います。


タカショーという会社はいいものを出しているようですが、

素人向けの説明をしていなくて、わかりにくいのがいまひとつです。

素人の需要なんて知れているのでしょうけどね。









にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

ポチッとしていただくと輸入住宅のブログが一覧できます。
コメント   この記事についてブログを書く
« 長期優良住宅の点検 | トップ | 窓拭き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

居住」カテゴリの最新記事