namのスウェーデン輸入住宅

北欧輸入材を使った注文住宅を建てました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チェロ(Cello)エンドピンストッパーのDIY

2015-05-04 | 居住

住宅に関係ない話題でスミマセン



時折、下手の横好きでチェロを触っています。

大事な、無垢床に傷つけないためにも、エンドピンを受ける、エンドピンストッパーというのが必需品です。

世の中には

こんなの(ブラックホール)とか、



こんなのとか、



こんなカラフルなのとか



いろいろあり、最初のはブラックホールという商品名が幸いして、多くのチェリストを吸い込んでやまないのですが、

へそ曲がりな私が選択した私のエンドピンストッパーはこれ





穴が2つあいていて、手前の穴にはプラスチックのキャップがはまっていてそこにエンドピンを刺すと、箱が共鳴して、もう一つの穴から共鳴音が出るので、より豊かな音になる仕掛け(らしい)



そこそこ気に入って使っていたのですが、エンドピンをさすところのプラスチックのキャップがすぐにとれてしまいました。

接着剤や両面テープでつけて使っていましたが、そのうち紛失….orz

仕方がないので、バルサ材を穴の大きさに加工してキャップ代わりにはめ込んでいましたが、


なんと、エンドピンがバルサ材を貫通。



エンドピンストッパー本体に大穴をあけてしまいました。



何かいいものはないかなと100均を物色していましたところ

紫檀のお香立てが目に止まりました。



ローズウッドとも呼ばれるこの木材は 硬く詰まっているためウリンに匹敵する比重、強度をもつ南洋材です。

このお香立ての平らな部分から、円形のディスクを切り出して(固いので時間がかかりました)



紙ヤスリで仕上げて



中心にドリルで穴を掘っておきました。



完成



こっちの方がプラスチックのプラグよりずっと良いです。

ちなみに適度な堅さなのでエンドピンとの相性も良さそうです。














にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

ポチッとしていただくと輸入住宅のブログが一覧できます。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 排水口のヌメリ取り | トップ | スベラーズのとりかえ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい出来ですね (mazzy)
2015-05-05 07:47:22
こんにちは
ローズウッドで出来たエンドピンストッパー、素敵ですね。こうやってDIYするのは楽しいし、出来たものにますます愛着も湧くと思います。
かなりの堅木だと思いますが、堅すぎて穴からズルッと弾いてる途中に外れてしまうなんてことはないですか?
床はパイン材とお見受けしましたが、パイン材にぐさっとなったらやっぱりダメですよね(笑)
ちなみに私はオケでホルンをやっています。去年書いた記事ですがエンドピンの無数の穴に萌えました(笑)
http://blog.goo.ne.jp/alexander102st/e/80a780787c5d43eb90d4f34c724a180f
mazzyさんこんにちは (nam)
2015-05-05 08:00:51
デンマーク住宅にお住まいなんですね!広島でもすてきなお家が何軒か建っていて、同じ北欧系列ですので、思わず見入ってしまいます。お察しの通り、床はパインで柔らかいので、エンドピンにとっては好都合ではありますが、はちの巣になる可能性が大きいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

居住」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事