naldanブログ

自分の趣味である音楽と美味しい珈琲と共に紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Little Milton

2015年07月30日 11時55分20秒 | Weblog
Little Milton
シカゴブルース及びモダン・ブルースの巨人と呼ばれる
リトル・ミルトンはんは
1934年ミシシッピー州イバーネスに生まれ12歳の頃からストリートミュージシャンを始め
南部の町を渡り歩き18歳の頃メンフィスでアイク・ターナーと出会いBLUES CLUBで演奏し
その後T-BONE WOLKERのバックメンバーとして迎えられ
SUNレコードと契約したんやけど残念ながらヒットに恵まれず
チェス・レコードに移籍してから
才能が開花しドル箱スターになり富と名声を手に入れたのよね 
はたまたSTAXに移籍してからも邁進してたのよね
そいで後年マラコでも渋いアルバムを出してはったんよ
艶やかな歌声と垢抜けたギタリストはん
リトル・ミルトンの大好きなアルバム貼っときます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

The Isley Brothers

2015年07月28日 10時15分37秒 | Weblog
The Isley Brothers
オーケリー.ロナルド.ルドルフ 3兄弟でコーラス・グループとして
ビートルズがカヴァーした『Twist & Shout』
モータウンに移り『This Old Heart of Mine』ヒットさせ
後に兄弟達が加わりT-Neckレーヴェルを立ち上げ
ヴォーカル・インスト・グループとして
時代の音を読み華々しく活躍した数々のアルバム
御機嫌やね♪ やっぱし!



The Isley Brothers - It's Your Thing
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Jerry Garcia

2015年07月25日 10時45分08秒 | Weblog
All Good Things: Jerry Garcia Studio Sessions
グレイトフル・デッドの親玉 ジェリー・ガルシアはんのアルバムは
御機嫌やな ほいでボーナス・トラックも良いしね♪
オリジナル・ソロ・アルバムに多数のボーナス・トラック、未発表音源集が加わったボックス
 こりゃ宝もんやね

Jerry Garcia - Outtakes, Jams, and Alternates
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Averege White Band

2015年07月24日 20時25分01秒 | Weblog
Averege White Band
スコットランドのソウル・ファンク・バンド、アヴェレージ・ホワイト・バンドのCD19枚組のボックスセット
『All The Pieces - The Complete Studio Recordings 1973-2003』を海外で7月14日発売。
リリース元はEdsel。
ちゅう事 聞いたんで嬉々として注文したんよ
何しろ彼等の集大成なアルバムの数々無視は出来んね さて今から聞きますかね 楽しみやね♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Greteful Dead Description (1973-1989)

2015年07月23日 09時52分47秒 | Weblog
Greteful Dead Description (1973-1989)
ボックス【The Golden Road (1965-1973)】に続いて
第二弾だ 中期から後期までのデッドは緩やかな音色ながら深いね
 こないしてアルバム見てみると
デッド流儀のルーツ・ミュージックとオリジナル曲は魅力的だわな
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Greteful Dead The Golden Road (1965-1973)

2015年07月22日 23時55分46秒 | Weblog
RHINOのリマスターは、ええよね デッドの音源 蘇ってるしぃ
そいで数々のボーナストラックも興味深い
The Golden Road (1965-1973) ええボックスでっせ
全作品聴けば あんたも ラリパッパ ダーク・スター☆ 危ないな-♪

あっ!そうそう未発表版 Europe’72 Vol 2 此れも貼っとこ
        ええぞーー!
        
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Grits & Gravy: Best of the Fame Gang

2015年07月16日 09時03分32秒 | Weblog
STAXにはブッカーT & MG's ほいで~
MOTOWNにはファンク・ブラザーズちゅう
御機嫌なリズム・セクションが、おったんやね 
      そいで
フェイム・スタジオ三代目のリズム・セクションらの
当時のヒット曲を中心とする
インスト・カヴァーを集め編集した1969年にキャピトルからリリースした
唯一のアルバムなんやけどインストや言うてもサウンドが黒い黒い♪
     あきんな~ 
流石 ドラマーのフリーマン・ブラウンを擁したフェイム・スタジオの
リズム・セクション ウネッとりますぅ♪
The Fame Gang - Grits and Gravy / Soul Feud
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

The Fantastic Four

2015年07月14日 01時13分25秒 | Weblog
The Fantastic Four-The Lost MOTOWN Album
*How Sweet He Is +Bonus Tracks
ええーー!マジで!未発表だとは信じられん出来栄えやん!
しっかし なんやね 
1970年にセカンド・アルバムを発表する予定で録音していた楽曲 12曲と
未発表音源 ボーナストラックも14曲収録ちゅうから罪やね 
ほんま聴き応え大有りの すんばらしい内容ですがな
パワフルで情熱的なリード・ヴォーカルのジェイムス・エップスを
中心にしたデトロイトのヴォーカル・グループは後に
WESTBOUNDから名を上げる事に成ったんやけど
此のアルバムがリアルタイムで発表されていたらテンプテーションズ
フォートップスと肩を並べてたかも知れんね やはり罪やね
ちゅう事で是非 聞いておくれやす ええもんよ♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Bettye Lavettye

2015年07月12日 22時49分45秒 | Weblog
Bettye Lavettye
聴けば心にガツンとくる歌心にしびれて舞う♪
酸いも甘いも噛み分け長年生業にしたソウル・シンガーの心意気を
どのアルバムにも感じますな 素晴らしいわ♪

Bettye Lavette - The Stealer (1972)

Bettye LaVette - He Made a Woman Out of Me
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Dave Mason

2015年07月09日 23時52分56秒 | Weblog
Dave Mason
英国のロックミュージシャンでスワンプ・ロック伝達人
 
そいでソロアルバムの楽曲の美しさは、どーよ!

ほいでライヴ・アルバムは情熱的やし
       
ファンキーや ええもんやね♪
   
      

Dave Mason - We Just Disagree
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする