抵抗戦線

ブログを使用しての種々の論考

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

詩596 琉球新報記事 抗議者は「暴力集団」「外国籍」 北部訓練場 機動隊派遣訴訟 都が「合理性」主張

2018年05月25日 08時56分24秒 | 政治論

抗議者は「暴力集団」「外国籍」 北部訓練場 機動隊派遣訴訟 都が「合理性」主張

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-724883.html

被告の都は準備書面で、「抗議参加者の実態」として「県民のみならず、いわゆる極左暴力集団反差別勢力の活動家または外国籍の者も確認されているのが実態」と指摘し、派遣根拠の「合理性」の一つに挙げた。

 これ、戦前の特高、戦後の赤狩りと大差ない考え方で、全てはアベイズムの踏襲であり、民主性破壊の官憲版と言ったところだが、司法もヒラメ化しアベイズムに呑み込まれているので、凡そ愚劣な統治論に至る情けない結果が丸見えだ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 詩596 琉球新報社説 <社説... | トップ | 詩596 琉球新報辺野古高江ツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治論」カテゴリの最新記事