抵抗戦線

ブログを使用しての種々の論考

詩596 沖縄タイムス記事 沖縄女性遺体遺棄で4千人が追悼 米軍撤退求める

2016年05月25日 18時26分23秒 | 政治論

沖縄女性遺体遺棄で4千人が追悼 米軍撤退求める

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169891

米軍属女性遺体遺棄事件を受け、「沖縄に基地はいらない」と声をあげる集会参加者=25日午後、北谷町・米軍嘉手納基地第1ゲート前

コメント

詩596 沖縄タイムス ツイート 辺野古現在

2016年05月25日 13時52分29秒 | 政治論

2時間2時間前

5月25日午前10時過ぎ、米軍キャンプ・シュワブゲート前では、米軍属による遺体遺棄事件事件に抗議する集会が始まってます。市民ら約300人が集まり、「命と暮らしを守るために団結しよう」と声を上げています。

https://twitter.com/times_henoko

コメント

詩596 琉球新報記事 「綱紀粛正」県民を守らない 県女団協が日米両政府に抗議

2016年05月25日 13時48分10秒 | 政治論

「綱紀粛正」県民を守らない 県女団協が日米両政府に抗議

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-285740.html

米軍はじめ、およそ一般住民が同居している地域の軍隊においては言葉の上の「綱紀粛正」などあってないような絵空事と思った方がいい。現に彼らがいるおかげでこうした事件は決してなくならない、とこの70数年間で確実に証明されているわけで、日本政府もこれに便乗する米軍も何しろ言葉の通じない人殺し相手だから、こういう事実や現実にはこういう結論が当然導かれる、という最低の常識すら欠如しているのは目に見えている。我々はそういう動物と変わらない人群の中に裸で置き去りにされているということだ。自警団や私家警察が必要なのだ。

約400人が抗議集会 抗議中の男性1人拘束 シュワブゲート前

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-285693.html

この県警機動隊の一切の行為にこの国の、安倍政権の国家暴力の正体と政権の悪辣さがはっきりと表れている。同時にナチス台頭前夜の再現は目前だ。

米軍事件「人権の問題だ」 識者らが指摘

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-285721.html

容疑者の“素顔”は… 元軍曹、射撃指導も

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-285737.html

いずれにしてもこの軍属も、米国の軍産複合戦争経済主義の一人の犠牲者なのだろう。一片の同情の余地もないが。



 


 

コメント

詩596 沖縄タイムス記事 国民の自由と豊かさと平和を奪う安倍政権

2016年05月25日 08時56分19秒 | 政治論

国民の自由と豊かさと平和を奪う安倍政権 小林節慶応大名誉教授の講演会(2016.4.20@那覇市)

http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=421

日本の外交官は日本とアメリカの間に懸案ができると、アメリカの側に立って我々日本人に「そういうこと言うとアメリカ怒りますよ」って言うんです。これは ね、日本の外交官の伝統なんですよ。それが今、安倍政権になってなおさら官邸を乗っ取っちゃってるじゃないですか。鳩山さんもそれにやられちゃったんです よね。(抜粋)

コメント

詩596 琉球新報社説 <社説>6・19県民大会 真の解決策を示す場に

2016年05月25日 07時44分46秒 | 政治論

<社説>6・19県民大会 真の解決策を示す場に

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-285450.html

 

コメント

詩596 琉球新報社説 <社説>基地土壌汚染 沖縄の安全は二の次か

2016年05月25日 07時42分20秒 | 政治論

<社説>基地土壌汚染 沖縄の安全は二の次か

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-285449.html

コメント

詩596 琉球新報記事 22議会が抗議決議へ 沖縄県内の市町村、怒りの輪拡大

2016年05月25日 07時40分48秒 | 政治論

22議会が抗議決議へ 沖縄県内の市町村、怒りの輪拡大

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-285468.html

事件事故政府決定などにつき繰り返されるこのような議会活動(議会制民主主義か)を否定する気はないが、その限りない非力さ、無力感、国家のネグレクトへのやりきれなさ、諦め、地団太踏む思い、など、沖縄県民が恐らくは等しく抱く感懐をこそ、はっきりとその政治課題に据えるべきであろう。この国は、「専権事項」「外交問題」として沖縄の自己決定権を排除し、頭越しにここまでずっと米軍基地問題等を決定、押しつけてきたのであり、今回も甚だしく簡略にこの人命軽視問題を「痛恨の極み」とか言いのけて何気に通過させる気でいる。ここで考えさせるのは、一人の人間の命(軍属に惨たらしく殺された沖縄県の女性はじめ多くの犠牲者のひとりひとり)、尊厳は、その他の大多数のそれを超えることがないのか、ということになる。安倍晋三政権は「テロに屈しない」という勇ましい文言とともに数人の「軽々しい命」であるイスラム人質を見殺しにした。そういう危険なところにのこのこ出かける方が悪いのだとさえ思われている。しかし、逆に沖縄県民はこの危険な無法地帯に否でも住み続けるしかないのである。というより、元々自分たちの生まれた土地に戻って住んでいるというにすぎずこれを先住者特権と言うわけだがつまり我々は、君たち、後から来て勝手に基地を造り(米軍)、かつ戦争の最大の惨禍に叩き込んで置いて更に戦後も多大の軍事的負担を押し付けている(日本国国家とその国民)その居直り強盗、盗人猛々しい傍若無人な輩に、ただただここから出て行ってくれ、といっているのだよ。「帰れ、帰れ」は東京の派遣警視庁機動隊にばかり向けられてない。おまえたち米国軍隊とこれを卑屈に歓迎している日本政府とその国民に向けられているのだよ。

 

きょう嘉手納基地前で緊急県民集会 米軍属の女性遺棄事件

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-285470.html

 


 

コメント

詩594 沖縄の抵抗 目取真俊氏

2016年05月25日 06時52分17秒 | 政治論

県民大会のあとに何をするのか。

http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/dfee0d7af47d2349b135f4a801c74fe4

コメント