抵抗戦線

ブログを使用しての種々の論考

詩596 琉球新報記事 「人殺し基地は沖縄から出て行け」 嘉手納基地に250人、憤り頂点

2016年05月20日 18時21分11秒 | 政治論

「人殺し基地は沖縄から出て行け」 嘉手納基地に250人、憤り頂点

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282689.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 琉球新報記事 「事件は全て私の責任」 四軍調整官、県に謝罪 地位協定適用認める

2016年05月20日 18時18分55秒 | 政治論

「事件は全て私の責任」 四軍調整官、県に謝罪 地位協定適用認める

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282760.html

ローレンス・ニコルソン在沖米四軍調整官とジョエル・エレンライク在沖米総領事ら

 安慶田副知事は「被害者は20歳のはつらつとした時期に事件に巻き込まれた。家族の心情を考えると居たたまれない。許されるものではない」と強く批判した。その上で「このような非人間的な事件が発生したことは、沖縄が基地と隣り合わせの生活をしないといけないことが大きな原因だ。被疑者が軍人であれ軍属であれ民間人であれ、事件は基地があるゆえに発生した。米軍施設が沖縄にあまりに集中している」と沖縄の過重な基地負担を指摘した。

 この人殺しの親玉(オバマ)の子分(四軍調整官)が頭を下げて終わるような生易しい物ではないさ。軍隊が民間地と接している上に人殺ししてきて異常な興奮状態にあるはずの軍人、あるいはその周辺の軍関係者などが、肩で風切って一般市民の中を獣の目で歩き回っている状況では、いつでも起こり得る禍々しい事件のはずだ。こいつらはどうあっても我々の住む場所から僻遠の地に隔離しなければならないのだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 沖縄タイムス記事 「願いは最悪の結末に」 沖縄・嘉手納基地前で200人黙とう

2016年05月20日 18時06分30秒 | 政治論

「願いは最悪の結末に」 沖縄・嘉手納基地前で200人黙とう

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169116

新川秀清団長は、「元気で帰ってほしいという願いは最悪の結末を迎えてしまった」と唇をかみしめた。「復帰44年たってもこのような状態に沖縄があるのは、日本の政治に責任がある」と米軍基地を沖縄に集中させる政治状況を批判した(抜粋)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 LITERA記事 沖縄の米軍女性殺害事件で本土マスコミが安倍官邸に異常な忖度!

2016年05月20日 14時04分20秒 | 政治論

沖縄の米軍女性殺害事件で本土マスコミが安倍官邸に異常な忖度! 読売は「米軍属」の事実を一切報道せず

http://lite-ra.com/2016/05/post-2260.html

「沖縄県警はすでに、事情聴取段階で相当な証拠を固めていた。ところが、県警内部で、捜査に圧力がかかっていたようなんです。安倍官邸の意向を忖度した県 警上層部が『オバマ大統領の訪日前でタイミングが悪すぎる』と、言いだしていた。それで、このままだと、捜査を潰されてしまう、と危惧した現場の捜査関係 者が琉球新報にリークしたということらしい。つまり、新聞に報道をさせて、既成事実化して、一気に逮捕に持って行こう、と」(在沖縄メディア記者)

そもそも、米軍、いや、すべての軍隊の性格や本質上、“暴力”を根絶することなど不可能だ。解決策はただひとつ、米軍の撤退。それ以外に、根源的防止策などあるはずがない。  戦争は、最初に女性や子どもが犠牲になる。そして、沖縄は軍隊基地が溢れ、日々“暴力的”訓練を受けている兵士が歩き回る“戦地”だ。今回のような悲惨な事件が二度と起こらぬよう「基地はいらない。軍隊もいらない。戦争もいらない」と訴え続けたい。

(以上抜粋)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 沖縄タイムス ツイート 辺野古現在

2016年05月20日 13時53分30秒 | 政治論

4時間4時間前

5月20日午前9時ごろ、キャンプ・シュワブゲート前では、新基地建設に反対する市民が、うるま市女性死体遺棄事件を念頭に「米軍属の犯罪を許さないぞ」と抗議しています。また、怒りを示そうと基地を出入りする車の前に座り混んでいます。

https://twitter.com/times_henoko

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 沖縄タイムス記事 他県より予算もらいすぎているの?【誤解だらけの沖縄基地・30】

2016年05月20日 13時50分54秒 | 政治論

他県より予算もらいすぎているの?【誤解だらけの沖縄基地・30】

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169008

  • 2011年度の公的支出額は全国27位で鹿児島・長崎より少ない
  • 1人当たりの額も全国18位で「もらいすぎ」とは言えない
  • 基地への協力姿勢が予算に影響しているような仕組みが問題 (抜粋)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 沖縄タイムス記事 沖縄振興は基地の「見返りで莫大」なのか【誤解だらけの沖縄基地・29】

2016年05月20日 13時48分56秒 | 政治論

沖縄振興は基地の「見返りで莫大」なのか【誤解だらけの沖縄基地・29】

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=168828

沖縄に予算を拠出しているのは、内閣府沖縄担当部局(旧沖縄開発庁)だ

1972年の本土復帰に伴い、戦後27年間の米軍統治下で社会資本整備が遅れたなどの「特殊事情」に配慮し、格差是正のため立法された沖縄振興開発特別措置法が、予算措置の根拠となった。法律には米軍基地があることが理由とは、一言も書かれていない。

 公共事業で高率補助(最大95%)の特例措置はあるが、沖縄だけに別枠で予算を措置しているわけではない。特例的な予算は沖縄振興一括交付金だが、基本的な特徴は予算使途の自由度を高めていることで、予算総額は一括交付金の導入前とほぼ変わっていない。

安倍晋三首相、菅義偉官房長官ら現政権の幹部は『償いの心』どころか、沖縄への愛情のかけらもない。戦中・戦後からの歴史認識が決定的に欠如している

沖縄関係予算は、国から県への補助金や那覇空港の 第2滑走路整備などの国直轄事業の総額で、年末に次年度の額が決まる。他の都道府県分の予算は各省庁の予算に組み込まれるが、沖縄関係予算は内閣府が一括 計上するため、全体を把握しやすい。一方で、他と同じように予算をもらった上で、さらに沖縄分を上乗せしているといった誤解を招くことがある。

(以上抜粋)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 琉球新報記事 翁長知事どう動く? 「政府は当事者能力がない」 

2016年05月20日 13時40分28秒 | 政治論

翁長知事どう動く? 「政府は当事者能力がない」 

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282647.html

この70年間、基地のある市町村長は訴えているが、政府は当事者能力がなくただ米軍に伝えるだけで今日まで来ている。本当に憤まんやる方ない形で抗議して いるが、今日まで残念ながら聞く耳を持たなかった。今回も多くの関係者が抗議するが、今のままではいけないということにつなげていかなければならない(知事コメント抜粋)

日米地位協定との関連は?

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282661.html

(1)公務外の犯行(2)容疑者が基地外に居住していた(3)日本側に身柄があった-などの条件が重なり、日米地位協定上の身柄引き渡しに伴う問題は生じない。(抜粋)

「またか、が県民の感情」 かけはしの会、菅氏へ再発防止要求

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282682.html

「帰ってほしかった」 沖縄県民 悲しみ、憤り、涙…

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282659.html

怖さしかない。基地は要らないから出て行ってほしい。米軍関係者の事件が続き、沖縄の女性は軽く見られている気がする(抜粋)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 朝日新聞記事 元米兵逮捕、閣僚「大変なことに」 オバマ氏の訪日控え

2016年05月20日 08時29分41秒 | 政治論

元米兵逮捕、閣僚「大変なことに」 オバマ氏の訪日控え

http://digital.asahi.com/articles/ASJ5M7SWLJ5MUTFK01L.html?rm=562

安倍内閣の閣僚の一人は「タイミング的にまずい。大変なことになった」と嘆く。サミットやオバマ氏の広島訪問など重要な日米間の外交日程が続く中、友好ムードに水を差すことになるからだ。公明党幹部は「日米首脳会談でも触れざるを得ないかもしれない」とみる。(抜粋)

米軍司令は、犯人が軍関係から遠いと強調して米軍存在の前提的責任(在日軍隊として当然にかかる責任問題)を言い逃れるはらだ。これをオバマは真に受けて適当にあしらうに違いなく、安倍晋三、島尻安伊子などおよそ「ヒト」ではない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 沖縄タイムス社説 社説[不明女性遺体で発見]米軍がらみ 最悪の結末

2016年05月20日 08時16分10秒 | 政治論

社説[不明女性遺体で発見]米軍がらみ 最悪の結末

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169007

軍属(ぐんぞく)とは、軍人武官または徴集された)以外で軍隊に所属する者のこと

軍隊に所属する文官および雑役

在日米軍を対象とする日米地位協定における「軍属」は "civilian component" の訳語 軍組織に属さない一般公務員や軍関連企業の職員を含んでいる

但し犯人は元海兵隊であり、米兵だったことははっきりしている。しかも嘉手納基地で働いており、米軍関係者であることは否定しようもない。確かに、沖縄に米軍基地さえなかったなら起こらずに済んだ可能性の方が高い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 沖縄タイムス記事 沖縄県警、解明へ「捜査徹底」 最悪の結果に表情硬く

2016年05月20日 08時03分14秒 | 政治論

沖縄県警、解明へ「捜査徹底」 最悪の結果に表情硬く

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169030

米兵が沖縄にいる限り沖縄は何時でも彼らの魔手の餌食とされるということだ。日米安保とは沖縄を食い物にする人殺しどもの国家挙げての国際的犯罪体制だ。

米軍関係者の刑法犯 復帰後5862件

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169018

戦中及び戦後まもなくのことを考えれば、数の問題ではなくおよそ軍民共生などということはあり得ないということだ。「良き隣人」「お友達作戦」とは言ったものだ。自分たちがやっていることを少しでも考えることができるなら、このような在り得ないでっちあげなど口にするのも憚れるのに。しかし、日本国政府とアメリカ合衆国の共同での沖縄イジメは到底人間業ではない。こいつらが国民に「死ね!!」と言われるのは当たり前のことだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 琉球新報社説 <社説>米軍属女性死体遺棄 日米両政府に責任 防止策は基地撤去しかない

2016年05月20日 07時46分47秒 | 政治論

<社説>米軍属女性死体遺棄 日米両政府に責任 防止策は基地撤去しかない

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-282393.html

米軍基地から離れた場所であっても、県民は米軍人・軍属の凶行の被害者になる危険性と常に隣り合わせで生活していることを今回の事件は物語る。
 基地がなければ、容疑者は沖縄にいない可能性が高く、今回の事件も起きなかっただろう。米軍基地あるが故の痛ましい事件であることは明らかだ。

在沖米軍は何のために存在するのか。日米両政府は日米安保に基づき、日本の安全を守るためだとする。県民の命を奪っておいて、日本の安全などあったものではない。日米安保の矛盾が沖縄からはよく見える。(抜粋)

沖縄県は既に70年以前に、軍隊が、住民を守るどころかこれを害する存在だということを痛切に学んだ恐らく唯一の日本人である。彼ら兵隊は単なるよく鍛えられた「猛者」どころではない。殺人を最大の生業にする機械化した物質にほかならない。その矛先は何時でも一般住民に向かう、ということが今でも沖縄では頻繁に起こっている。戦後間もなくの野獣と化した米兵による強姦殺人等の事件は目を覆うほどの在り様で、この沖縄では間断なく生起し続けた。米軍も日本政府も決して沖縄を守ることをしないのは最早常識となっている。辺野古などお話にさえならない。この人殺しどもが。オバマの広島訪問などお笑い草だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩596 琉球新報記事 うるま女性不明 米軍属の男逮捕 遺棄容疑、恩納で島袋さん遺体

2016年05月20日 07時00分16秒 | 政治論

うるま女性不明 米軍属の男逮捕 遺棄容疑、恩納で島袋さん遺体

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282405.html

 水上正史沖縄担当大使と井上一徳沖縄防衛局長が20日午前、ローレンス・ニコルソン在沖米四軍調整官とジョエル・エレンライク在沖米総領事が20日午後、県庁に安慶田光男副知事らを訪ね、事件について謝罪する。
 県警によると復帰後、2015年末まで、県内での米軍構成員による凶悪犯罪の件数は、574件発生している。(抜粋)

この連中は一体誰に対して謝罪するというのか。

「じゃあどうすりゃいいの?」.....「さっさと沖縄から出ていけ、この人殺し集団めが」

「怒り 持って行き場ない」 知事、政府を痛烈批判

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282408.html

翁長知事は事件について「基地あるがゆえに事件が起きてしまった」と強調し、米軍普天間飛行場の移設問題を含めた基地問題に「不退転の決意で取り組みたい」と話した。

今年の初めごろに那覇市内で婦女暴行事件があり、四軍調整官が県庁におわびに来ていたが、何ら改善されていない」と指摘。その上で事件が起こった際の日本政府の対応について「当事者能力がなく、ただただ米軍に伝えますということだけで今日まできている」

(以上抜粋)

ケネディ大使「深い悲しみ」 明確な謝罪の言葉なし

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-282410.html

中谷元・防衛相は在日米軍のジョン・ドーラン司令官と会談した。中谷氏は「事件は極めて凶悪であり、言語道断だ」と述べ、再発防止と綱紀粛正を求めた。
 これに対してドーラン氏は「非常に心が痛ましく、大変寂しく思う事件だ」などと述べた。一方で逮捕された米軍属の男について「分かっていることは現役の 米軍の軍人ではないということ、国防総省の軍属、職員ではないということ、また米軍に雇用されている人物ではない」などと説明し、自らの責任を回避するよ うな発言もあった。(抜粋)

此処に示されている人間でない言葉を沖縄県民はもとより日本国民乃至は全人類は、米帝国主義者ども国際犯罪組織が発する殺人予告と受け止めなければならない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩594 沖縄の抵抗 目取真俊氏

2016年05月20日 06時40分27秒 | 政治論

米軍基地の全面撤去以外にない。

http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/285364ac02ed128b9cd4e1eb58d89d97

コメント
この記事をはてなブックマークに追加