Naked a STYLE (サブログ)

映画レビュー、ニュースネタを中心に、自身のメンタルチックな話題を絡めて、ノージャンルで書き綴るぜぃ~

日帰り”鹿児島ツアー”概略など

2020年02月15日 23時59分59秒 | Weblog

【予59()おりに敢行】


先日のブログでも報告したとおり、微妙な体調・気持ちのままではあったが、ひとまず当日の朝は羽田空港へ向かってみることにしたんだ。


搭乗予定の便は、JAL643便。
つまり羽田8:15発の鹿児島行き(10:10着)である。


羽田までは、この時間までに鉄道では到着できないため、高速バスで向かった。
バスに乗ったときは、もう思いっきり旅を満喫するつもりで意気揚々としていたのだが。


【朝食時にいきなり?】


朝7時前に第一ターミナルに到着したのだが、なぜか前夜から天丼を食べたくなっていたので、羽田空港のHPで見つけた天丼屋に行くことにしたんだ。


もちろん、大手チェーンの”てんや”も頭にあったが朝なら蕎麦も食べたいし、なによりWAONでの決済ができるというから、これはいいと思って行ってみたら・・・なんとそれが使えないという(笑)


加えて、オーダーを取りに来るまでの時間が提供の待ち時間より長いという事態でイライラ島倉千代子(※)ですよ。
<※ 我々世代のラジオリスナーだったら、誰もが知ってる高嶋秀武氏の持ちギャグだ。オレも久々に使ってみたわww>


さらにさらに、オレの前に来ていた客らは、ちょっとした騒動が起こっていたらしく、いくつかのテーブルにおいてオーダー品が30分以上も出てこなかったらしい。


そのうちの2組は、オーダー品がすべてそろわないまま清算して帰っていったという。
客の入りは6割くらいで開店して1時間もたっていないのになぁ、店員も悪びれた様子もないし。


オレも気分がモヤモヤしたまま帰ることにしたけれど、やっぱりそんな店ってもう行きたくないわな。
ちなみに、飛行機に間に合わないからと清算していった2組の客も中々のタマだったなぁ。


というのも、会話を聞いていると搭乗受付の20分前を切っていたようだから、保安検査も飛び込み割り込みで入ったはずなんだけど、まったく慌てずにのんびりとゆっくり歩いて行っていたのよ。


階下の保安検査所は、この時間って最低でも10分は待つ状況だったぜ??
(きっとご迷惑をおかけしたこと必須?)


(この表を見てよ。WAONが使える紹介になっているよね?実は使えないのでみなさんも注意!)



【飛行機はやや遅発も】


目標の飛行機は、下表のとおり6分遅れで出発したことになっているけれど、実は飛び立ったのってこれより20分以上先のこと。


まあ、運行表を眺めていれば遅れることを見越しての時間設定だったことは分かっちゃいたけれど、思わずあの蕎麦屋の一件を想起してしまったことはいうまでもない。


ちなみに、オレも大混雑の保安検査所に10分以上並んだのだけど、途中から鹿児島行きの客だけショートカットで保安検査するよう係員から誘導されて、慌てて検査をすることに。(実は急がなくても平気だったんだけどね。)


なぜかというと、4番ゲートは第一ターミナルの一番端っこだから、もし時間ギリギリで保安検査を抜けたとしても搭乗口まではとても間に合わないからだ。



(予定の6分遅れで出発になっているけれど、これって左舷のドアが閉まった時間のこと。空港内の出発渋滞を経て鹿児島に向かったのだけど、少々揺れる程度で快適な空旅だったよ。)


【機体は767-300型】


鹿児島行きのほとんどは、B767-300型で運行されている。
自分が乗った行き帰りの便の機体も例外なくそれだった。


個人的に座席やシートは嫌いじゃないが、充電機能がクラスJの座席を含めて一切存在しないんだ。
Wi-Fiは完備しているのにねぇ。


まあ、実質片道1.5時間なので文句を言うほどでもないのだけど、福岡便で使っているA350機を経験しているだけに比べるとやはり・・・モニターもないから物足りないかなって思ってしまったよ。


【初上陸の鹿児島だったが】


鹿児島空港は、中心部から車で1時間弱の場所にある。
ひとことで言ってしまえば、ちょっと不便で遠い。


だから空港直結の駐車場は、横長で広いのだけど満車に近い状況だったなぁ。
クルマを使わざるを得ないもんなぁ。



あと、飛行機で鹿児島まで行ったのだけど、一度も現地で鉄道および鉄道駅を利用することなく旅を終えたという初めての旅にもなったんだ。


時間的には、市電を使うことも視野に入れていたけれど、空港と市内を結ぶ高速リムジンバスが市内中心地である「天文館」を通ることから、拠点を天文館とすることで駅を利用せずに事が済んだのはとても大きかった。


事実、予定の工程よりも1時間半も短縮できたことからもそれが分かるよね。
わずか6時間しか鹿児島に滞在する予定だったから、その短縮時間はいかに大きかったかわかっていただけると思う。


【天文館のイメージは天神?】


鹿児島中央駅を博多とすれば、天文館はさしずめ天神なのかなぁとイメージしていたけれど、規模はその何十分の1というところだろうか。


鹿児島では市電(博多や天神では地下鉄)も走っているが、市内の移動の中心はバスであるところも似ているところだが、規模だけはどうしても差がありすぎるところだろうか。


天文館も行ってみてわかったけれど、ほんの一角という感じだったからね。
アーケードのイメージだったけれど、それを含めた一角が天文館・・・だよね。


【市内中心部の滞在はわずか3時間】


予定していたイベントを3つこなしたら、空港に戻る予定だった。
というか、それは工程的に時間がギリギリになる見込みまであったからなんだ。


結局、想定どおりというかバッチリの予習によって予定行動時間を3分の2で動くことができたともいうのだが。
でも、唯一の大きなイベントもあった護国神社へ参詣という場面において、まさかのグーグルマップが不発という事件があってさ。


マジで肝が超冷えた事件があっただけに、この一件はこの日の最大のポイントだったように振り返る。
ドコモの新しいarrowsよりSIMフリーのM03やM04のほうが明らかに優秀だったことが実感。富士通のドコモ機は大外れの機種だよ、トホホ)



【市内のバスが超超・・・わかりにくい】



この日は天文館を拠点として動いていたのだけど、事前情報でバス停が複雑かつ工事で移動ということや、乗るべきバスの路線が煩雑すぎて本当に困ったんだよ。


向かいたい方面は一緒なのに乗り場が異なっているし、中央駅に立ち寄るバスと立ち寄らないバスがあったり、アプリがあるからとDLしてみたら系統を調べる機能なんてないから全く使い物にならないという有様で。


だから、市バスの護国神社前というバス停と天文館を通るであろう系統路線図を全て印刷して用意していたのが本当に助かった。


それでも天文館のバス停では、思いのほか離れていない乗り場で右往左往しながら、その系統図を広げて来るバス来るバス確認しながら乗るべきバスをチェックしていたからね。


実は天文館のバス停で20分ぐらいいたからねぇ、何本か乗るべきバスもやり過ごしちゃったし・・・地元の人は凄いよ。
30以上の系統があるバスを一瞬で見極めなくちゃいけないんだから。


お年寄りも結構いたけれど、本当に理解しているのかしらと不安に思ったほどだし。
だから、手持ちで系統図を用意していたのは自分なりの超ファインプレーだったなぁ、これが無かったらまず現場へ行くことはできなかったからね。


なんか今春から、民間の南国バスに一部系統を譲渡(移譲)していくということらしかったから、もっともっと市内のバス事情は煩雑になっていたことだろう。


そうなったら、駅を拠点にしないと本当に移動できなかったかも?
(旅行者には優しくないということかな。交通系ICも地元専用のヤツしか使えないところとかね。)



【時間の使い方を間違えたなぁ】


計画時は、もう一か所予定していた場所があったのだけど、これだったら行けたかも・・・・って振り返ったかな。
でも大雨とグーグルマップの不発で気落ちしたのも事実だったから、結局はどうなっていたやら。


移動時間=空港待機時間=市内行動時間というタイムスケジュールだったから、完ぺきとは言えない行動になってしまったのは反省すべきところか。


まあ鹿児島に行くことは当面ないだろうから、次回への勉強ということにしておこう。


【PS/(以下、箇条書きで)


JAL643便は、過去最大の最高の着陸だった。
(スーパーパイロットさんだったのでは?)


ほぼ着陸角度0度の状態で進入したのかと思うほど、着陸時の衝撃がゼロに感じたからだ。
あんな着陸、二度と経験できないかも、むちゃくちゃ感動したわ。


鹿児島市内は、当たり前のように火山灰が各所で確認できた。
さすが鹿児島って感じたなぁ。


また市電のほうがバスより若干運賃が安いせいか利用本数も多いのに乗客率も高かったのが印象的だった。


帰りの飛行機では、ステータス修行する人にリアルに遭遇した。
勿論、どこの誰だかわからないが、到着口を出ずに彼を搭乗口内でトランジットするよう案内放送が流れたからね。
(鹿児島から羽田に来たのに、すぐさま出雲に向かう人なんて修行僧しかいないよな)


オレも時間とお金さえあれば・・・もし健康でお金もあるタイミングでドロップアウト出来たら、ステータス修行したいしたいと感じた時でもあった。


特に出会いもなく、強い印象が残るような旅ではなかったけれど、多くの人には紹介したい街であることは事実だろうな。
だって、黒豚の持っていたポテンシャルを直に感じて本当に来てよかったと思ったもんなぁ・・・マジで旨かった。
食べログで語るよ!)





(↓どれかひとつで結構ですのでクリックしていただくとありがたいです!励みになります!!)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へにほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ


 


 


 

コメント

明日の旅行は晴れるといいな

2020年02月14日 22時22分22秒 | Weblog

【今度の九州旅行も雨らしい】


明日3/15に旅立つのだけど次回で4回目となる九州紀行。
そして人生初の上陸地となる鹿児島県。


これまで九州といえば、45歳を過ぎてからしか上陸していなかったが、縁もあってここ数年で頻繁に飛行機で訪れるようになった。


このことは、先日来ずっと語っていることだけど「飛行機嫌い」を克服したことによって、すっかり飛行機旅にハマってしまったという事実が大きい。


そしてなぜ今回、福岡県でもなく鹿児島県を選んだのかというと、JALが年末に羽田-鹿児島便の特売を行っていたから。ただそれだけというか、乗せられたというほうが正しい。(JALの戦略に乗ったわけね)


だから、飛行機のチケットだけを購入してから工程(行程)を決めるというスタイルにしたため、調整がうまく着かずなんと日帰りという強行軍になってしまった。


まあ、いつものように神社のいくつかでも行ってメシ食って帰ってくるという作戦はどこまでできるか時間と天候とモチベーション次第ということになるよね。


例によって、鹿児島は大雨だというからオレの九州降雨確率が80%という高打率にもなりそうだ。
(しかも雷付きの大雨だというから)


体調も万全でなくコロナ騒動も落ち着かないが】


ここのところの無駄遣いで金欠気味であることや咳が止まらないという状況から、正直なところ3日前の段階では旅行を回避しようとも考えていた。


まあそうはいっても、コロナは予想通り国内で順調に蔓延していくだろうし、いつか誰かが身近に発症することは間違いないことなので、今月の台所は赤字であるものの鹿児島まで行ってみることを決めた。


現地にはわずか6時間もいないというとんぼ返り行軍だけど、練りに練った旅行計画を想定通り動いてみてきたいと思っている。


その後のこのブログへは、記事にしたら多くて3本くらいの報告になりそうだけど、ここでもいつか記事にしていくのでよかったらノビゾウ的旅行記を拝見してくれたらうれしいです。


【その次回の予告】


昨年12月に北九州ツアーに出かけた後は、本来、来月3月の滋賀リベンジツアー(いつもの高山つき)をお届けするつもりだったんだ。


なので、来月の旅行記が次回予告となります。
そして、その旅行以降は2年に一度以内のピッチで岐阜・高山へ行くことになるかな。


ここ2年で高山へ行きすぎてしまったきらいがあるので、今や第三の故郷となりつつ高山を飽きてしまいたくないので。
今度は、明日以上に歩く予定なので天候に恵まれますように。





(↓どれかひとつで結構ですのでクリックしていただくとありがたいです!励みになります!!)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へにほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ


 

 


 

 


 

コメント

原因不明の体調不良が続く当方に

2020年02月09日 23時59分59秒 | Weblog

【おしらせなど、近況をノーカットで報告します】


実は当方、原因不明の病に侵され始めているんです。
それは先々週の1/29(水)の夜のことかな。


約3週間ぶりに訪れた居酒屋さんにて、一杯始めていたのだけど、ここで座席が隣り合わせになったのが大阪からの出張帰りだという自分にとって所見の紳士。


ちょうどTVのニュースで新型肺炎の日本での患者が確認され、ツアーガイドをしていたという大阪在住の中国人がそうであるとのことだったから、店長を交えてその話題で盛り上がっていたんだ。


彼がセキをするたびに、そんな話題になっていたから冗談よろしくで楽しい酒になったのよ。
ところが、その夜から酒に酔ったわけじゃないのに体がダルくなって感冒の初期症状が。


まあ、感冒だったとしてもそのうち治るだろうと思っていたら、日を追うごとに段々具合が悪くなるのよ。
「おいおい、これってマジで新型肺炎じゃないのかっ?」


自分に問いかけつつ冗談で職場の話題にもしていたのだけど、いよいよ2/3(月)にはセキがひどくなる。
たまらず2/5(水)に町医者へ駆け込むのだけど、まったく熱もないしノドもそれほど腫れていないということから、抗生物質と咳止めを処方されるのみ。


インフルの可能性すら検査もせずに否定されたので、オレ自身もそのうちこれで回復するだろうと思いきや、翌2/6(木)は出勤はしたけれど、カラダがダルすぎて午後には帰宅する状態で。


その後、2/7(金)はどうにかダルさも抜けたので出勤して、貯まりかけた仕事を処理していたのだけど、こんな日に限って今まで頼りにしていた同僚の一人が謀反よろしくで大暴れを働き、こちらはガッカリというか気落ちしているところへ失意のヤリを放り込まれた気分になる。


このほか、同じ日には元同僚の関係者から、硬く約束していた禁忌行為を先方のトップがやらかしたという情報が入り、かつての職場からも裏切られるというトンデモな一日になってしまった。
(こんな一日ってなかなかないよ...マジで仕事をやめようかと思ったし、今でも辞めたいと思う気持ちが抜けないままだ)


おかげでこちらのそのせいでイライラがピークになって、体調不良なところに血圧も大いに上がったのが、ひどい頭痛に巻き込まれ最悪な金曜日に。


まだ感冒疑いで抗生物質を飲んでいる期間であったけれど、イライラを我慢できずに帰宅後の夜遅くに深酒目的で路線バスに飛び乗って駅前まで飲みに行ったのよ。


するとどういうわけか行きつけの店を含めて、駅周辺の居酒屋が軒並み満席。
仕方がないので「餃子の王将」のカウンターに飛び込んだら、今度はオレよりガタイのいい奴がオレの左側に着席。


「あっ、こいつは」


そう、そいつは忘れもしないヤツだったんだ。
かつて10年以上通った居酒屋で、「大声で喚いたり忙しい店員を捕まえて説教する」見覚えのあるクソ客だったのよ。
(年のころは40歳くらいか)


当然というかこの時も想像通り大人しくできなかったようで、着席後1分で女性店員を捕まえて、なんでマスクをしていないんだと喚きたてる。


「だったらオメーがここで食わなきゃいいじゃん」


と、こちらが突っ返してやりたかったが、普段はマスクをしているが店ではできないからやらないと店員さんから説明を受けると大人しくなった。


っていうか、繁忙時で忙しいのに詰まらないことで騒ぐなよっていうほかの店員らの視線すら、ヤツには感じなかったのかと思うと、こんな人間を野に放った関係者まで個人的にイライラと気分が募ってしまう。


オレはそんな空気を読めないヤツの隣で、のんびり酒を飲んでいる気持ちの余裕もないから、オーダー品も揃っていなかったが全額代金を支払って退店する。


「ほんとに今日って、なんて日なんだ」


こんな最低の金曜日をこのまま大人しく帰るのもシャクだったが、駅前のコンビニで多少のつまみを買って帰宅した。
そう、家には知人から御土産でもらった泡盛があったから、これで一杯やって寝ようと決めたんだ。


泡盛自体は25年ぶりくらいに飲んだのだけど、やっぱり自分には合わないことを強く感じながらも、もらった泡盛1合を水割りにして飲み切って就寝したんだ。


するとその2時間半後・・・
思ってもみない事態に。


猛烈な吐き気と下痢症状に、トイレから出られなくなってしまった。
いつか()の食中毒が脳裏に浮かぶ。


しかし、大変な思いをして排泄等をそれぞれワンセットこなすと、その後はスッキリ寝ることができた。
単純にオレに泡盛が合わないということだったのだろうかと割り切って寝ることにしたのだけど。


そんな今 2/9(日)、時刻は11:50ごろ。
体調はどうかというと、芳しくないが悪すぎてもいないというところか。


ただ、いつもに比べ食欲はなく、なにかと意欲もなく、だらだらと時を過ごしているだけ。
そして時折生じるセキの発作に苦しめられているという状況だ。


もともと、メンタルヘルス診断やあちこちの診断で「うつ」発症の危険度が高いと警告され続けているワタクシ。
これを境に記事の更新が無くなったら、もしかしたらそうなっているかもしれん。


まずは、そうならないためにも早く回復して、職場および旧職場での一件も何らかの形で切り抜けられたら最悪のケースとはならないだろうな。


今度の土曜日(2/15)は、なんといっても緊急でぶち込んだとんぼ返りの鹿児島ツアーが控えているのでね。
ダウンしているままで旅行もできないとなれば、オレ自身が納得できないから。



【※いつかの食中毒とは】


3年前の正月、とあるラーメン屋で食べたポテトサラダが原因と思われる食中毒騒動。
食後2.5時間後から、翌日朝までの6時間連続で吐き気が止まらず、本当に死ぬ思いをしたという一件。


年老いた父親が見かねて、クルマで15分の大学病院に担がれたあの一件は、一生忘れることのできないこと。
当然、先日の吐き気を覚えた瞬間、この食中毒騒動が頭をよぎったんだわ。




(↓どれかひとつで結構ですのでクリックしていただくとありがたいです!励みになります!!)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へにほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ


 


 


 

コメント

新型肺炎の対策効果?=インフル、低調に推移

2020年02月01日 23時59分59秒 | ニュースのレビュー


gooニュース
https://news.goo.ne.jp/article/jiji/life/jiji-200201X562




【インフル低調?】


思えば、最近流行っているインフルエンザも実は新型インフルエンザのこと。

かつては、成田空港で大騒ぎしたニュースだったはずだったが、いまでは何でもないように「インフル」のひとくくりとなっている。


先の自分の過去ログに示したように、いずれこれも時間が立てばそうなるのではないかというのが自身の推測なのだけど、まだ浸透するまでは気持ち悪い。


だからといって、いつものインフルエンザが低調だといわれても事実がどうかもわからない。
まあ、自身がインフルにかかったことがないこともあるけれどね。


しかし、この記事のとおり新型肺炎の話題もあって、みんなマスクだったりの予防対策がいつになく充実しているからだということがその原因だと思うから、そこまでの話題であるような気もしないけど...



過去ログでのコメント】


過去ログで語ったというか提案した「新型インフルを拒否した2名の実名吊し上げ」は、結局のところ、未症状者の陽性発覚にビビって当該検査を彼らが実施する方向となったことで、それらが未遂というか公になることはもうなさそうだ。


時間的にも、もう拒否したら法令違反になるから現時点ではこのような事態にならないのだけど、こうした事態の再発防止のために、彼らには何らかのペナルティは必要だと思うがどうか?


もしかしたら、すでに彼らの個人情報はネットで晒されている可能性は否定できないけどな。


(↓どれかひとつで結構ですのでクリックしていただくとありがたいです!励みになります!!)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へにほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ


 

 


 

 


 

コメント

新型肺炎の流行は人口調整の前触れか

2020年01月30日 22時22分22秒 | ニュースのレビュー

【おそらく日本国内も大流行になる】


この新型肺炎についてWHOが中国に特段の配慮をして(現時点において)緊急事態宣言は避けたようだが、素人目に見ても明らかに世界的パンデミックになることは火を見るより明らかなことである。


国内でもヒトからヒトへの感染が確認されたことや武漢からの帰国対応なども重なって、さらなる拡散が推測できる。
自分もしくは自分に近い人がそれに感染することは、もう数日のことかと俺は考えている。


潜伏期間でも感染するということは、国内にウィルスを保有する全員にタグ付けする以外、拡散を防ぐことなど不可能だからだ。
事実、新型インフルエンザがそうだったように、成田空港で国内に1名が入国した時でさえ大騒ぎだったことを思い出す。


いまではその新型インフルも身近な同僚らが普通に感染する時代になったからなぁ。
なので、この新型肺炎も瞬く間に広がることだろうかと思うが、最大限できる拡散防止策は国がやって欲しいモノだ。


【この新型肺炎は人口調整とふるい分け】


都市伝説ではないが、数十年に一度のピッチで謎のウィルスによって定期的に地球上では多くの人が亡くなる時代がある。
古くはスペイン風邪であったり、最近ではまさにこの新型肺炎がそうなるだろうか。


このことは、理想的ではない増え方をする人口に地球(今の地球を作った神)が一定の警告を出しているともいわれているし、人類存続の選抜作業が始まっているかも知れない。


だから、この流行は受け入れなくてはならない時代の流れなのかもしれないと悟る必要がある。
つまり、もうそういう時代なのだと我々も覚悟しなければならないのかもな。


【それより心配なのは東京集中】


ちょっと話はズレるかもしれないが、ここのところの首都東京の発展は目まぐるしいものがある。
TVのニュースも高層ビルを含む複合型大型施設がオープンするニュースが多くなってきているのは皆も感じているよな?


東京オリンピックが目前に迫る中、さまざま話題が上がるのは大いに結構であるが、ここまで注目が集まり、のほほんとしているメディアの対応などをみていると、そろそろ大きな人口調整(災害)が発生するような気がしてならない。


これまでの歴史を振り返ってみても、日本の首都が東京に移ってから以降、定期的に人口が集中する東京に大火事が定期的に生じたことに加え、関東大震災などの災害によって人口調整を行われてきたともいわれている。


そんななか、2020年のオリンピックが東京で開催されるとともに、この度の新型肺炎の流行がどうにも様々リンクしているような気がしてならない。


もちろん、オレの気のせいであってほしいと思うことだけど、嫌な予感しかしていないのは、現時点でそれを払拭できる要素がないから不安が不安を呼んでいるのだろう。


【あとがき】


そういえばチャーター便で帰国した人の中で2名が検査拒否をしたあげく、政府は彼らを「法の下」を理由に盾に野に放ってしまったという。


チャーター便を用意してまで帰国させてあげたのだから「まさか拒否することはないだろう」という認識の甘さが政府側にあったことは明らか。(飛行機に乗せる前になぜ検査の約束をさせなかったのかがそもそもの疑問だよ)


(”後悔先に立たず”じゃすまされないぜ??)


実際に未症状者の中から陽性反応者が出てしまったから、野に放ってしまったことの政府の責任は重大だし、拒否した2名も同罪だ。


個人的には、氏名を吊し上げることで逆に別角度から隔離させるしかないと思っている。
身をさらすことで身を潜めなくてはならないからな、結局それって隔離と同じ意味になるだろ?


そのあと社会復帰できるかの保証はしないが、それくらいのことをやったんだと当時の判断を後悔するんだな。
いずれ身をさらされることになるだろうから、今からでも遅くないから「検査を受けました」ってことでケツまくるしかもう手立てはないぜ?


(↓どれかひとつで結構ですのでクリックしていただくとありがたいです!励みになります!!)

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へにほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

コメント