前進 善ちゃん

岸善一郎のブログへようこそ

12/31(木)2015年大晦日

2015年12月31日 | 活動報告


5:30起床。
今年の手帳と来年の手帳を見る。今年の反省は沢山思い当たるが、皆様へ新年のご挨拶で気がもめる。
我が家には「クリ」という名の老犬がいる。長寿犬として表彰された。耳と片足が不自由だが野良猫と一緒に食事をし、柿の木の下で太陽を浴びている。
日向ぼっこして気持ちよさそうだが鎖に繋がれているのが侘しいなアとも思う。

来年は申年。群馬県では 鳥獣被害が大変です。農作物被害約8億5千万円といわれています。「猿の皆さんいたずらしないで!」と祈らずにはおれません。

岸善一郎のブログを読んで頂いている皆様、来年も更なるご活躍とご多幸をご祈念申し上げます。

今年は大変お世話になりました。
コメント

12/29(火)

2015年12月30日 | 活動報告


本日より会社、役所も年末年始休暇に入りゆっくりと7:00起床。朝食をとってから三ツ寺ウォークへと行く。
通過する上越新幹線の乗客は、何か満席の様な感じです。
暖冬の影響でしょうか、山では雪が少なく里では野菜が伸び過ぎてしまうとか報道されています。
世界共通の暖冬予報ですが ここの所冷え込んできました。
お身体ご自愛ください。

*17:30より中里区役員との懇談会へ出席
*21:00より群馬地域消防団詰所3ケ所歳末夜警の激励へ
コメント

12/28(月)御用納め

2015年12月29日 | 生活・習慣
午前中は挨拶回り及び自民党控室自席上の整理。

*16:00より高崎市群馬商工会御用納め挨拶。
当商工会イベント事業は、4月より12月まで雨降りもなく予定通り全事業消化できて良かった。
12月13日群馬県グルメグランプリでは準優勝。来年の第5回大会は○○を目指してとエールを送りました。

*18:00より高崎市役所執行部との行政懇談会出席


*17:30より㈱石商中里の忘年会。協力会社の参加も頂きまして盛会に開催できました。
コメント

12/26(土) 1年に1回

2015年12月26日 | 生活・習慣
18:00より友人達と1年に1回の懇談会。
4人での男の話しであるが、最後は自分の身体の事。
お酒も1合が適量と分かっていても、ついついおチョコに手が出てしまう。
悪い手ですが、大変お酒が美味しいです。
あと何回懇談会があるのやら!
コメント

12/25(金) 挨拶回り

2015年12月25日 | 生活・習慣
今日はクリスマス。
幼少の頃、少年画報(新年号)を買ってもらうのが楽しみだったが、今の孫は何の事だかわからないが、すごいベルトをしめて我が家に見せに来た。
孫の笑顔に一瞬心が和む。
しかし孫との話しどころではない。
週末の金曜日、挨拶回りが忙しい。
コメント

12/23(水) 大安

2015年12月23日 | 生活・習慣
大安の日も今年2回となる。
今日と29日(火)ですが、今日は天皇誕生日です。
82才ですが、日本の象徴として、そして全国民の負託にこたえる事は、大変重要なお仕事です。
お身体をご自愛下さい。
コメント

12/22(火) 冬至

2015年12月22日 | 活動報告
今日は冬至。
朝の三ツ寺ウォークを終え朝シャワーと風呂へ入ると柚子が浮かんでいました。
身体がポカポカですが、冬の到来を感じさせます。
今年も残る所10日間。残された今年の予定を頭の中に入れて頑張ろう。

13:00 TPPの内容活用の説明会に出席。県公社総合ビル

18:00 代議士との懇談会出席。

コメント

12/19(土) 説明会最終日

2015年12月19日 | 地域ニュース
19:00本日で最後の西毛広域幹線道路(3.15KM)保渡田地区説明会。
5地区(17日代理出席)での説明会が終了しましたが、全長27.8KMの内高崎工区(3.15KM)が最大の難所である為、私自身も皆様方に大きな声でお伝えしました。

どの会場も初めての説明会でありましたので、満杯状態でした。
各地域の皆様ご苦労様でした。
次のステップへ足が出せます。
コメント

12/19(土) シンポジウム

2015年12月19日 | 活動報告
13:00より東京日本消防会館ニッショーホールにての尾瀬保護財団設立20周年記念シンポジウム「これからもみんなの尾瀬であるために」13:00~17:00の中の式典。
知事(理事長)特別表彰、写真家新井幸人氏によるスライドトーク、基調講演橋谷晃氏まで参加。
パネルディスカッションは、19時よりの為不参加、私の地域の尾瀬山小屋組合長がいるのだが、大変失礼する次第です。
会場は500名程で満杯でした。
尾瀬の優れた自然環境の保全を図るころを目的に1995年に設立されました。


コメント

12/18(金)研究会2日目

2015年12月18日 | 活動報告
18日(金)ホテル出発。
朝は気温は1度との事。ホテル前の復興現場は多くの現場作業車が動いています。
その中、きのこのSATO株式会社(H15年4月に創業、社長佐藤博文氏、従業員46名)現地視察。
陸前高田市である為、H23年3月11日の東日本大震災津波により事務所及びきくらげハウス流出、被害多数。
H27年1月においては、新菌床製造工場完成、製造開始、3000玉/日、60000玉/月、720000玉/年。
7月にはハウス断熱工事完了、冷房工事完了、培養棟1棟、育成棟2棟、しいたけ栽培にかける大変な情熱が伝わってきます。
光熱費が事業における最大の出費です(冷・暖房一年中)


19:00より西毛広域幹線道路(3.15KM)観音寺地区説明会に出席。
コメント