前進 善ちゃん

岸善一郎のブログへようこそ

5月31日(金) 県議団研修会

2013年05月31日 | くらしと行政
                                             (敷島・ばら園)

 夏を感じさせる天気です。午後から図書広報委員会、終了後、みやま文庫理事会。17:00~県連にて県議団研修会。
「農林水産行政をめぐる最近の状況」と題して、農林水産省 今井敏(さとし)官房長(吉岡町出身・57才)を招き、
3Fフロアーはいっぱいでした。

1 世界の食料をめぐる状況
2 我が国の食料、農業、農村をめぐる状況
3 今後の農業政策の検討方向について
4 経済連携の推進

 以上を限られた時間でありましたが、分かりやすい講演をいただきました。
世界の人口は現在、約69億人。2050年(37年先)には92億人に達する見通しの中、日本は世界人口大国ランキング10位の
1億2700万人です。この地球上に多くの国(いくつあるかナァ?)がありますが、人口が1億人以上は、10数ヶ国しかない事。
又、経済(1人当たり国民所得)が発展、上昇するにつれて、1人当たりの年間食肉消費量が増加傾向にある。
都道府県農業総産出額ランキングの推移(1~24位)では、平成22年度14位群馬県。2,226億円、米6%、畜産41%、
野菜41%、果実4%等であります。日本の農林水産業の位置づけは、古来より「瑞穂(みずほ)の国」と呼ばれ、
農林水産業は「国の基」である訳ですが、近年の国内においては、農地集積の加速化、担い手の確保(1万人/年→2万人)
農林水産業の6次産業化、医食農連携など多様な異業種との連携など問題提起をされました。
 私に一番頭に残った事は、我が県はもとより他県も良く調べて、その県でトップになっている農畜産物を作る事。
又は、取り扱う事である。
 我が県の人口も2030年には163万人になるとの予想。どうなっちゃうのかなー?私はちょうど80才であります。
コメント

5月30日(木) 一般質問

2013年05月30日 | くらしと行政


 10:00~一般質問です。午前中2名は自民党大林俊一県議、公明党福重隆浩県議、午後1番は私、岸善一郎、臂(ひじ)泰雄
県議です。私の質問は7つの大項目の中、16項目に分けて質問をいたしました。大項目だけ列記致します。

1 東日本大震災後の県民の暮らしの安心度について
2 円安、株高の県内産業への影響等について
3 今後の群馬県のまちづくりについて
4 家畜伝染病について
5 群馬県の医療体制について
6 「文化県群馬について」
7 西毛広域幹線道路について
               以上であります。

1-1 農畜産物に係る損害賠償の流れについて
1-2 きのこ等に係る損害賠償の遅れについて
1-3 県内における観光業の風評被害について
2-1 本県の中小企業及び、小規模事業者への影響について 
               以上4項目については5月31日に新聞報道がありました。

                                         (上毛新聞より)

                                           (毎日新聞より)

 傍聴、又、テレビの前でのご清聴いただきました皆様方、応援をいただきアリガトウございました。
今後共、ヨロシクお願いします。 

 尚、議会を傍聴された方々の様子をアップしておきます。傍聴された方々は、この後、県埋蔵文化財調査センター
発掘情報館を見学されました。

  


 


  






            

                                        
                                             

                      
コメント

5月29日(水) 一般質問

2013年05月29日 | くらしと行政


 本日より6月3日までの3日間で、12名による一般質問が行われます。自民党8名、公明党1名、リベラル2名、
新星会1名です。群馬県発展の為として、執行側を質(ただ)す訳です。自民党は所属県議が多い為、1年に1回、出番が
回ってくる訳ですが、県政全般及び、地元問題を取り上げます。非常に皆さん勉強されておるので、私自身の
浅学、非才を嘆くばかりです。本日、自民党は狩野浩志県議、中村紀雄県議です。
コメント

5月25日(土) JAはぐくみ第16回通常総代会&高崎地域医療センター公益財団法人移行祝賀会

2013年05月25日 | くらしと行政


 13:30~JAはぐくみ第16回通常総代会がミサト文化会館にて開催され、約270人程の参加でありますが、私は祝辞の中で、
TPP問題は今後7月中旬に交渉事が開始とマスコミ等で報道されるが、注視する考えであると伝え、又、農業者の高齢化、
耕作放棄地問題、鳥獣害問題等、山積する問題に後押しさせていただきますと挨拶させていただくと共に、
全農、JA推薦、山田としお参議院比例区候補者の呼びかけをお願いしました。

 高崎地域医療センターの財団設立40周年、公益財団法人移行記念祝賀会が盛会の内に開催されました。
振り返れば、高崎医師会員の寄付金を基に昭和48年にセンターを建設し、昭和50年4月から財団法人として事業を開始、平成23年度には新設された高崎市総合保健センター内に移転し、公共性、公益性の運営に務めております。
今後においては地域医療の核として、限りない医療界の発展を切望申し上げるとご挨拶させていただきました。
又、参議院比例区においては、全国医師会副会長 羽生田たかし先生(前橋出身)をお願い申し上げました。



 
コメント

5月24日(金) 5月定例会開会

2013年05月24日 | くらしと行政


 7:30~朝食会。定例会の流れの打合わせ等。しかし本日は、議長、副議長、各常任委員会の正、副委員長、特別委員会の
正、副委員長の選任があり、議場はあわただしかった。議長、副議長は選挙により、久保田議長、岩井副議長が誕生。
1年間、体調管理をしっかりし、議会運営をお願いします。
コメント

5月23日(木) 群馬商工会通常総代会

2013年05月23日 | くらしと行政


 16:00~私が会長をお世話になっている群馬商工会の通常総代会です。歌代支所長(高崎市長代理)、飯塚市民経済
常任委員長(議長代理)、石原孝雄西部行政事務所長、田部井ぐんま共済理事長他、多数のご出席を賜り盛会に開催出来ました。
議案5件、報告事項2件でありますが、慎重審議を賜わり、25年度のスタートを切ることが出来ました。
 平成24年度において当商工会は、県企画提案型事業に初参加し、食のキャンペーンイベント「復活!国分人参味めぐり」
に、当商工会飲食店8店舗の協力を得て、群馬地域の活性化に取り組みました。多くのマスコミにも取り上げられ、
群馬商工会知名度アップにもつながり、今後地元の特産品を軸に、地元における農商工連携の第6次産業化の展開にも
取り組んでまいりますと、挨拶をさせていただきました。
コメント

5月22日(水) 商工会、群馬県連通常総代会

2013年05月22日 | くらしと行政


 10:00~商工連会館にて通常総代会が開催されました。大沢知事も来賓として出席、ご祝辞のあと知事会出席の為、知事
は東京に向かわれました。県下において商工会は44団体、約2万人の会員数でありますが、近年の景気、後継者問題等により
廃業の小規模事業者が増加傾向にあります。少子高齢化の問題はいろいろな面で前途をふさいでおります。本年夏に
第23回参議院選が行われますが、商工政治連盟として、群馬地区山本一太氏、全国比例区代表として石川県、みやもと周司氏。
(42才、前全国商工会青年部連合会会長、造り酒屋の主人です)まだ私はお会いしていないが、写真、プロフィールを見る限り、
若い感性を感じます。頑張っていただきたいと思います。


コメント

5月21日(火) 倉渕商工会総会

2013年05月21日 | くらしと行政


 榛名山の樹木も緑を深め、天気予報は最高温度28°Cをを示しています。5月も20日を過ぎると各業界団体で
総会が目白押しですが、高崎地区の商工会では倉渕商工会の総会がトップです。来賓のご案内をいただき
出席させていただきました。商工会は県下44団体ありますが、会長さんはどこでも縁の下の力持ちです。
追川清商工会長も御多聞にもれず、商工業発展のために永きに渡りご尽力いただきました。その会長さんが
7月に80才になる事で後進に道を譲る決断をなされ、ご勇退されました。役員協議の上、新会長追川徳信氏が
誕生致しました。「人間どこで幕を引く」と言われますが、大勢の人々に祝福され、まだまだ「遊ぶ力」が
ある内が、私は一番ではなかろうかと思う一人であります。

 明日は群馬県商工会連合会のH25年度の通常総会だ。
コメント

5月19日(日) 第一回榛名ヒルクライム、小渕優子国政報告会

2013年05月19日 | くらしと行政




 今日は5月の風が心地よい。昨年から入念に計画された高崎市のビッグイベントの自転車レース(榛名山ヒルクライム
in高崎)が榛名支所前でスタートし、榛名湖(16.1km) 榛名神社(11.6km) 初心者(6.7km)の3種目に分かれ、
坂道と格闘しながらゴールを目指しました。私は、5:45に車で自宅を出発、榛名商工会に駐車し、6:30から群バス
榛名営業所で、応援と観戦をしました。3,893名疾駆とニュース発表されたが、スタートの合図と八木節の音頭で
ヒルクライムの盛り上りを見せて、又、来年の開催を楽しみにしている人々も大勢おりました。
事故、ケガをしないよう、楽しく健康の中で競技を行っていただけたらと思います。来年も楽しみです。
 自分は三ッ寺公園でヒルジョギで頑張る!





 15:30~箕郷文化会館において、小渕優子先生の「国政報告会」が高崎群馬連合会主催で開催されました。優子先生も
当選5回、13万4,685票をいただいた訳ですが、昨年末の選挙の御礼も後援会の皆さんにしていない、という事で開催された
訳ですが、農繁期になるこの時期ですが、大勢の皆様より祝福されました。副財務大臣として、お体をご自愛いただき
政務に励むと共に、ご家族の団欒もお願いします。
コメント

5月17日(金) 「国府ニンジン味めぐり」反省会

2013年05月17日 | くらしと行政


 本年2/23(土)~3/17(日)、幻の人参、復活「国分ニンジン味めぐり」と題して、群馬商工会・県企画提案型事業
実行委員会で開催され、商工会会員である8事業所(やすらぎの湯、gurumi、亀屋、つかさ、国府野菜本舗、覚瑛、なかにし、ほたる)
がエントリー。国分人参を使用して各店舗が料理を作り、メニューにしてお客様に食べていただいた。おやき、シフォンケーキ、
二色うどん、人参うどん、ジュース、クリームコロッケ、人参生パスタ、人参ワンタン等々であるが、各店、考えていた以上に
盛り上がって驚いている。波及効果が出てくる。スタンプラリーが良かった。和洋中でありバラエティーがあった。群馬地域の
ブランド野菜に脚光が浴び有難いと思う。人参の生と粉末等の材料が使えたら良かった。人参パスタを学校給食に取り入れて
いただければ、料理に使うには規格外も使えるので良い等の意見が出され、平成25年度も県の事業にエントリーすることが
確認されました。
 協賛店舗になりたい方、群馬商工会にご相談下さい。℡027-373-0237(代)
コメント