前進 善ちゃん

岸善一郎のブログへようこそ

4月29日(月) こども太鼓フェスティバル、日本絹の里開館記念式典

2013年04月29日 | くらしと行政


 本日は風もなく連休日和です。朝から自宅回りの環境整備、その後三ッ寺公園へウォーキング、気持ちの
良い一日の始まりです。
 12:30~ソシアスにおいて第16回群馬県こども太鼓フェスティバルが盛大に開催されました。県内10団体が参加し、
遠くは伊勢崎、境、新田であり、地元である群馬町和太鼓会は、三国街道本陣太鼓、風に舞うを披露しました。
太鼓の演目もデッドヒート、キラメキ、だるまおどりパートⅢ、アンビシャスなど多彩でした。日頃の練習の
成果をソシアスのステージで充分に発揮してスバラシイフェスティバルにして下さいと、大勢の子供達、
そして保護者の皆様、関係各位にお願いと歓迎の挨拶をしました。
 次回は神流川合戦太鼓新町しのぶ会が担当との事、未来に向かってのスバラシイ太鼓の音色を県内中に
響かせて下さい。



 ソシアスから急ぎ日本絹の里へ向かい、記念式典に駆けつけました。午前からの綿菓子、豚汁、コンニャクおでんの
無料配布には500名位のお客様が訪れたそうです。式典では、村上館長から、「蚕糸業は、群馬県の文化と経済、社会に
大きな影響を与え、国の近代化を支えた重要な産業であった」とご挨拶がありました。絹の里は平成10年4月に設置、
15年めを迎え、入館者は46万人を超え、開館年度の5月8日には天皇皇后両陛下行幸啓され、日本にとっても県にとっても
絹産業が源である事が周知されております。しかし、厳しい環境に立たされている事も事実であります。絹の医療分野
での活用が期待される所です。アトラクションは尺八奏者 昌平氏の演奏。きものショーが来館者の拍手をいただきました。

 絹の里ボランティアの皆様12名、団体3組への感謝状が贈呈されました。大変ご苦労様でした。
 今後ともヨロシクお願いします。ボランティアの皆様方の力は偉大です。



コメント

4月26日(金) 箕郷町天神橋開通記念式典

2013年04月26日 | くらしと行政


 高崎都市計画道路3・5・10下芝線の天神橋開通記念式典に出席、旧天神橋は昭和42年に造られ、老朽化と幅員が
狭く歩道がないとの事で、高崎市との合併協議の中で最重点として盛り込まれていた事業です。歩道2.25m、車道3.5m×2
となり欄干分離帯をようし、橋長62.9mであります。平成20年度概略設計、そして平成25年4月26日午後3時供用開始となり、
大勢の皆様方に必要とされる橋でもあり、地域の皆様も待ち焦がれた橋でした。東西の交通に大きな影響を与える橋ですが、
当日、ゲリラ低気圧で突風がありチョット大変な一幕もありましたが、無事に式典は終了しました。是非、皆様スバラシイ
橋ですので、自分自身の渡り初めをして下さい。ヨロシク!
 合併協議の事業が完成でき、私も安心しました。
コメント

4月25日(木) 厚生文化常任委員会

2013年04月25日 | くらしと行政


 月イチ委員会であります。以前からの懸案であります「動物愛護」の取り組み問題です。委員会室で「動物愛護センター
の設置」について、県の姿勢、及び質疑を行い、長野県小諸市にある長野県動物愛護センター「ハローアニマル」への
近県調査を行いました。捨て犬、捨て猫、各愛玩動物等の問題であります。あなたは、動物愛護家ですか?
それとも動物愛好家ですか?動物の気持ちになって考えましょう。群馬県もいよいよ取り組みます。
 皆様の良いアイデアをお願いします。
コメント

4月24日(水) 後援会役員研修会

2013年04月25日 | くらしと行政




 7時に集合し国会見学及び、小渕代議士表敬訪問を後援会役員の皆様方で開催、桜の咲く頃の予定となっていた訳ですが、
本日になってしまいました。あいにくの曇りのち雨の天気となってしまいましたが、代議士に役員お一人、お一人が
激励のお言葉を申し上げました。
 副財務大臣は重責でありますが、国の為に踏んばってください。
コメント

4月22日(月) 高崎護国神社

2013年04月22日 | くらしと行政


 14:30~厚生文化常任委員会副委員長の公務である護国神社奉賛会(県各自治体からの)平成24年度監査の為に
久し振りにおじゃましました。代表者は大沢正明知事です。今、はからずも、靖国神社春の例祭等で中国、韓国より
何かと問題視されておりますが、日本の歴史の中で大戦はあった訳ですから、御霊を祀り参拝することは、
他の国の人があれこれ言う筋合いでないと考えます。中国、韓国でも、国民がお参りしていると聞いております。
県内の各自治体の皆様よりの浄財で奉賛会を運営している訳ですから、高崎へお出での際は是非お参りをお願いします。

 2礼2拍手1礼!
コメント

4月21日(日) 穀雨/国会議員・県会議員合同研修会

2013年04月21日 | くらしと行政
                                            (みさと芝桜公園)

                                          
 20日(土)は穀雨と呼ばれる日である。日本には春、夏、秋、冬の四季があるが、それをまた小さく分けたのが、
二十四節気となり、小寒、大寒、夏至、秋分、冬至などに代表され季語にもなっている。この中で、春から始まる
4月20日が穀雨と呼ばれている。現社会の農業分野においては、ガラスハウス、ビニールハウス、暖房機等で、季節外れの
花、果物、野菜などが市場に出回っているが、穀雨の字から読み取れる事は、春の雨が降っていよいよ種を播き、農業にも
活気が出てくる時が来たと私には感じとれるのですが、まずは今年の豊作を祈るばかりです。
 ちなみに5月5日、子供の日は、立夏と呼びます。

※榛名山、赤城山の山頂は雪で真っ白です。



 群馬県選出自民党国会議員、中曽根弘文県連会長、佐田先生、小渕先生、山本先生、福田先生、井野先生と
我が自民党県議による合同研修会が開催されました。群馬県の問題を国会議員の先生方と共有し、即座に
諸問題解決に取り組む事などを確認すると共に、7月の参議院選挙に向けての各地区のさらなる結束を
呼びかけました。

※「第28回自民党群馬県連大会」 平成25年6月8日(土)
 前橋マーキューホテル「鶴の間」 参加費1,000円
 講師 石破 茂幹事長

 大勢の党員の参加をお願いします。

 
コメント

4月20日(土) 景気が上昇しているのか?

2013年04月20日 | Weblog
                                      (国分寺 元気になる集い)

 新宿高島屋で重さ約120kg、時価6億円の巨大金塊が展示されている記事があった。「黄金のドレス」2100万円も展示、
又、和洋食器、仏具、小物なども販売とあったが、私にとっては高嶺の花であることは間違いありません。世界中の金は
東京代々木のプール3個分と聞いたことがありますが、ピンとこない。景気が上昇すれば金の需要が増えるとあるが、
何年か先にせまった年金問題の方が心配である。積み立てた分だけでも、必ず手元に戻ってくればとチョットそんな考えも
浮かぶ人もあるでしょう。中高年の人は、1,500兆円、タンス預金にしろ、株にしろお金のある人の話だ。
 歳を重ねると医者へ通ったり余分な出費もかさみます。健康が一番。私のお金はサビてきた。ワハッハ。
コメント

4月19日(金) 上郊地区新旧区長との懇談会

2013年04月19日 | くらしと行政


 本日は春の強風が朝から吹き、我が家の古民家も外壁が音を立てている。瞬間風速22.5メートルを観測したと
ありました。私も外出先で身体をもっていかれる程の強風を経験し、車などが来なくて良かったです。
 18:30~新旧区長(6名)公民館長、小学校長、私の9名の懇談会がありました。新区長さんは、今後において
2年間地域のトップリーダーとしての不安がありますとお話をしていただきましたが、中里、保渡田、井出(上郊地区)
各区、大小悩みはかかえておりますが、今の時代は地域での問題を共有し合い解決に取り組んでいただくと共に、
上郊地区の磨き上げをお願いしました。旧区長さんも、地域の為に尽力したいと固い握手をし激励、後押しをいたします
とのお話をいただき、有意義な会でした。
コメント

4月17(水) 母の誕生日と中里の春祭り(火渡り)

2013年04月17日 | Weblog




 朝から良い天気。毎年、この日は雨が降ったことはないと記憶しています。今日は母の米寿のお誕生日。母は旧群馬郡
中尾村(現高崎市中尾町、私も母の実家で生まれた)の矢島家で産まれ育ち、縁あって中里村の岸家に嫁いで私と妹を授かった。
母は中里の春祭りになると、自分の誕生日が来たと喜び、お祭りのお赤飯と御馳走を作って家族ともども1年の無病息災、
五穀豊穣を祝いました。
 又、春祭りにあっては「中里の火渡り」が私の記憶には鮮明である。小学校は半ドンでカバンを家に置くとスグに近所の
友達と、現在の中里ふれあい館に飛んで行って露店でおもちゃを買うのが楽しみでした。
50数年前でした。母も元気です。米寿を迎えられてよかったと思う本日です。

 ※ボストンマラソンで爆発 (3人死亡、17人重体)
 
コメント

4月16日(火) 北朝鮮の太陽節

2013年04月16日 | Weblog


 北朝鮮も1年を通じていろいろな行事があるようですが、今月は国の行事が目白押しだということです。15日はその中でも
大変重要な「太陽節」。故金日成主席の生誕記念日ですが、市民は静かに祝日を過ごしたと報道がありました。しかし、
「ミサイル発射問題」は、隣国、世界中の各国に対し、困った問題として数10日間投げかけたままである。ケリー米国務長官
は、韓国、中国、日本を訪問し幅広い北朝鮮包囲網の構築を目指すとしたが、私自身には、いつやめてくれるのかとの思いが
続いている。いったい何の得があるのかわかりませんが「困った問題」としてストレスが続く。
 国、県、市町村、の危機管理職員の方々の緊張は計り知れないものがあります。馬鹿な考えはやめて、国民の平和を思い、
早く隣国との調和を願ってやみません。

 ※三國連太郎氏死去(90才 太田市出身)
コメント