中野山草園の山野草日記

早く植えた田んぼの早苗は、活着して緑色を日毎に濃くしていっている。それに比べてうちのナスはどうしたのか??

なんで10連休?

2019年05月01日 | 雪割草

 

 またまたごぶさたで・・・・・

 家から見える関越高速道路、いつもより通行量が多いようです。これも10連休とやらのおかげなのか・

 雪子の葉切りが終わり、実った種が落ちないように串を立てて花径をその串しに固定して、種に茶こし袋をかけるのですが、この作業をしているときに、早く咲いたものは、触ると種がパラパラと落ちてきます。この種を拾ってフイルムケースに保存するんですが、そんなことをしているもんで、仕事が進みません。

 

 今年の雪子は気候の影響だと思うんですが、まだ花が咲いているものがあります。上の画像は初花の三段咲ですが、来年が楽しみな花の一つです。

 

 この花も遅く咲くので、展示会ではあまり見れない「愛姫」(めごひめ)です。」花を切るのがもったいなくて、切らずに楽しんでいます。

 

 実生の「コジマエンレイソウ」です。

 

 

 他に山野草も、次々に咲いてきていますが、ゆっくと見てあげることができません。

 写真だけは撮っているつもりですが、その画像の整理が出来ない・・・・

 

 ユキツバキも一杯花をつけて咲いています。

  

 「サンカヨウ」も花をつけていますが、楽しむ時間が無くて・・・・

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 開花宣言?? | トップ | 風が冷たい一日でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雪割草」カテゴリの最新記事