中野山草園の山野草日記

日曜日、植栽は無事に終わりました。雪子が1500株ほかの山野草を入れて2000株位、来春が楽しみです。

風が冷たい一日でした

2019年05月07日 | 雪割草

 

 昨日の夕方に降り始めた雨は、朝まで降り続いていればいいのに、夜中にはやんでしまったみたいで、朝起きたら大きな杉の木の下は乾いたまんまだった。

 実った種に茶こし袋をかけるとこの前のブログに書いたら、早速よくわからないので画像を載せてという注文が入ったので、まっこんな具合にかけているのです、これだと水やりしても、種は袋の中に落ちてくれて、横着な自分には都合がよいということだけです。

 

  「ツタ葉ウンラン」が鉢いっぱいに咲いてきました。12日にある山草展にかざれそうです。

 

  これは、一人静の「黄金葉」です。次の「吉備一人静」とも山草展に並ぶ予定です。

 

「雪笹」も花を開こうとしています。

 この雪笹、山菜として重宝している地方があるとか・・・・摘み取る勇気がなくていまだ口には入っていませんが、いつかは食してみたいものです。

 

いろんな草が咲きだしてきていますが、春野菜の植え付けがまだ手つかずなので、雪子の種まきの前にやらなくてはと、耕運機を引っ張り出して、畑の荒起こしだけはやりました。

でも、苗の植え付けはまだ先になりそうです。

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« なんで10連休? | トップ | 雨がほしい・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雪割草」カテゴリの最新記事