-This nice day of everyday-

Works "another" Styles

SHS 2018

2018-05-17 18:55:03 | 展示会
三ヶ月半ぶりのご無沙汰でございます。

昨年末から仕事の担当が変わって何かとバタバタする毎日が続いておりまして
家への持ち込み仕事なんかしちゃったりして
模型の方は満足に時間を割ける状態じゃありませんでした。

カマロは空き時間を見つけては手を付けていたのですが
トホホな状態になって停滞中…というか後退中。

まぁ、それは日を改めてアップすることにしましょ。



そんな中で言ってきました静岡ホビーショー。
数ヶ月前から上司に念押ししてなんとか馳せ参じてまいりました。

豪快にレポートと言いたいのですが今年のホビーショーはものすごい人出で
ゆっくりと他ブースを回る余裕も無く…。
僅かながら撮影したものもブレブレだったりしてお見せ出来る代物じゃなかったり。

という事で今回は我がクラブ「GARAGE24」の作品に絞ってご紹介させて頂きます。

☆☆

我がブースの話題を全部かっ攫って行ったkatsuさんの電動ルーフなロードスター。


nagaちゃんのセリカ&エディ・マーフィを注目を浴びてましたよ。


開閉隊の大御所、茶菓餅さんのゴルフ。


流石の清潔感。SHUN1/24さんのベルエア。


KADさんは毎度おなじみのNASCAR。


他ブースでの展示でありましたがモケデン師匠の1/12 R32。
実車同様に可動するボンピンに口あんぐり。


今回のクラブお題は「OLD&NEW」だったのですがそれを1台で表現してしまったmonさん。


有楽町さんはジープを新旧で。NEWの方は中華キット。


マチウリさんはアルシオーネ新旧。2.7VXはそのうち私も作ります。


トヨタWRC新旧はおぺさん。ヤリスは3Dプリンタで出力したもの。


マキネン新旧(判りづらい!)はにくきゅーさん。インプは当日朝完成。


n-hirobeさんはアウディで。細かいところまで手の混んだ作品には頭が下がります。


トヨフリさんのトヨタ愛溢れる作品の数々。


kwnさんのランボ。パッキパキな仕上がりのエッジは真似できません。


最後に私はこの5台を持ち込み。

目論見通りダズルNSXは好評でした。タミヤの公式Twitterでツイートされるというオマケ付き。
他の作品についても昨年以上に「変態」というアリガタイ褒め言葉を沢山頂きまして
今後の糧にさせて頂こうと思っております^^;

という事で簡単ではありますが静岡ホビーショーのレポートを終了。
他ブースにも物凄い作品が沢山あったのに紹介出来ずにスイマセン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西高東低

2018-01-31 17:51:05 | AMT:シボレー・カマロSS 1LE '17
寒い、寒いんだよ。

関東でも先週大雪が降りましてそれ以降冷え込む日々が続いております。
時によっては北海道より寒い時があったりして寒さが嫌いな私には憂鬱な日々だったりします。

よく「北海道の人だから寒さには強いんでしょ?」とか聞かれますが
あれ、全くのデマですから。

そりゃあ-30℃のお外で仕事してたりもしましたが大事なのは設備なのよ。
服とか靴とか家も対応してないと来れば手も足も出ないっすわ。
慣れなんて全体の1割も必要無いと思っております。


なんだか明日も雪予報が出てたりするんだよなぁ…。


そんな感じで塗装するにも寒くて窓を開けられないので進捗は滞っております。
カマロ製作記の第3回目です。



サフ吹いたボディはガッツリ面出し。



エッジだらけのボディなのでダルダルにしてしまわないように気を付けます
と言うよりもこの時点では強調するくらいで丁度良いと思います。


で、下地色の吹付け。
フィニッシャーズのファンデーションクリームをブワッとね。



まぁこの色を下地に使うってことで塗装色はおわかりですね。



フィニッシャーズのレモンイエローを吹いてみました。
 

昨年末に北海道の模型仙人にお会いして「カマロは黄色にするよん」と報告したら
「なんだツマンネーな」と言われたりしましたがメゲずに強行突破です。


が、このままでは面白みに欠けるので軽くパールを載せてみます。



画像じゃあんまりワカラナイね…。


とにかくボディ塗装は終了。
次はシャーシに取り掛かろうか、それとも内装にしようか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年始挨拶

2018-01-14 18:10:41 | 模型
今頃何言ってんだよと言われそうですが
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は例のごとく札幌の自宅に帰っておりましてネ
丁度仕事の間になった関係上長めの休みが獲れたのでのんびりと過ごさせて頂きました。

帰ってきてから速攻でブログの更新をと思っていたのですが
ホンの少し忙しかったり、体調が悪かったり、気分がのらなかったりのなんやかんやで
伸び伸びになっておりました。


昨年の総括でも書きましたが相変わらずのダラダラ振りになるかと思いますが
今年は完成台数を増やすことと余裕があれば違ったジャンルにも手を付けられればイイなと
思っていたりしておりますので引き続きのお付き合いをよろしくお願いいたします。



で、今年一発目の作業はシンナー風呂に浸からせたGTOの再塗装。



やはり下地を丁寧に作っておくと塗装も上手く行きますわ。
新年早々順調なスタート。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本年総括

2017-12-31 11:07:18 | 模型
本年も残りわずかとなりましたので総括など。


今年の完成品は5台。

ヴィヴィオRX-R 5月完成

SVXに続いてマチウリ氏謹製の1台。
あまりレジンキットの経験があるわけじゃありませんが作りやすさは特筆もの。
もう少し上手に仕上げてあげたかったな。


NSX“Dazzle” 6月完成

自分でも完成できると思ってなくてブログでは非公開で製作していたドMゴコロ溢れる1台。
想像以上に展示会での評判が良くて最近では私の名刺的な作品になってしまいました。

こんな製作はタマにやるのがイイのであって毎回はやらないヨ。


AMG GT 7月完成

気が付けば4年連続での独レベルキット完成だったりします。
車種選定、作りやすさ、仕上がりの良さが私の腕にピッタリ来ている感がありますね。
来年も1台製作する予定でいるので今から楽しみです。


マクラーレンF1-GTR 9月完成

今年の最重点作品。
フジミのキットを自分好みのスタイルにイジるってのはずーっと前から構想を抱いておりまして
自分の腕の範囲で出来ることは全部やったつもりでおります。


AE92レビン 12月完成

これから先お世話になるであろうBEEMAXのキットを味見的に制作。
作り難さは無いしスタイルも文句無しなんだけど無難過ぎて何か物足りなさを感じてしまう1台でした。

目標の6台には及びませんでしたがそれほど手が止まること無くやって来られたので良しとします。
今年の仕掛品が数台あるので来年はもう少し多く完成できるかな?。


今年は8年ぶりの静岡HS、例年通りのHME、初めてとなる横浜ホビーフォーラムに参加させてもらって
良い刺激をもらうことが出来たと思います。
来年もこのあたりを参加できたらイイなと思っておりますです。


今年もダラダラとしたブログにお付き合い頂きまして有難うございました。
来年も相変わらずのダラダラ振りだとは思いますがお付き合いいただければと思います。

新年が皆様にとって素晴らしい1年になりますように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一刻千金

2017-12-22 18:20:49 | AMT:シボレー・カマロSS 1LE '17
今年も残すところ10日を切りまして公私共にバタバタしていたりします。

そんな中、先週の土曜日になりますが秋葉原で行われた
「ペキモ忘年会(ペキモ抜き)」に参加させていただいて来ました。

43モデラーさんが中心な会なのですがワタクシもお声を掛けていただきまして
昨年に続いて参上させて貰いました。

まぁ、モデラーの飲み会ってことでハナシの種がズラッとね。















凄腕のモデラーさんの集まりですから素晴らしい作品がワンサカと。
「ヒロのカウルは閉まりますよ」って会話がサラッと交わされたりする中で
小さくなっていたのは秘密です。

今年も本当に楽しかったです。
次の機会があった時は是非とも呼んでくださいね。


という事で、モチベーションを上げつつカマロ製作記の第2回目です。



仮組み状態で眺めているとホンの少しフロントの車高が高い気がします。



実写画像と並べてみるとそれほどでもないのですが
コイツは少々前のめり気味のほうがカッコイイ気がするので手を付けることにします

シンプルなパーツ構成なので改造するのは意外に簡単。
キングピンを切り取って上側が1mm程低くなるように削り込みます




切り取ったキングピンは真鍮棒に置き換えておきます。
右が加工前で左が加工後。


ロアアーム側は下げたい分(1mm)だけのプラバンを貼っておきます。



至って簡単。


そして再仮組み。



ホンの少しの差ですがかなりイイ感じに収まったと思います。



続いてはボディの加工。
やっぱりドアノブがボディ一体と言うのが気に入りません。



なのでスパッと切り取りまして。



リューターで窪み部分を削り込んでやりました。
カタチがイビツになってしまうのは仕様だと思って下さい…。


ついでにルーフのアンテナもスパっとね。



ドアノブもそうなんだけどパーツを紛失してしまわないか凄く不安。


ウィンドウパーツを仮組みしたらサイドのハメ込みがタイト&トリッキー。



四面一体のパーツなんですが前後を合わせるとサイドは斜め方向に押し込むカタチになりまして
薄めのパーツと相まってパキッとなってしまう可能性が大。


なのでウィンドウパーツは三枚おろしに。



窓枠が塗装済みなんですが不注意で塗膜に傷を付けてしまいました。


そしてもう一回仮組み。



この方がストレス無く組めそうですね。
パーツの折り返し部分の乱反射が気になるので縁は黒塗装したほうがイイかも。


スジ彫りを深くしたり足付けのペーパー掛けを進めたのですが
フロント部分のヒケが気になりまして。



溶きパテ盛って修正。
この部分って複雑な形状になっていてプラの厚みが微妙に変化していくトコなんで
このくらいの修正はしょうがないのかな。


そして捨てサフ吹き。



小修正は必要ですがそれほど手間は掛からなさそう。
だけどボディ塗装は年明けになっちゃうかな?。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

カマロはじめました

2017-12-06 18:59:28 | AMT:シボレー・カマロSS 1LE '17
前回シンナー風呂にお入りいただいたGTO。
スペアデカールを注文したのですがあろうことに送り先を札幌の自宅にしてしまいましてね。
デカール1枚を札幌から送らせるのも忍びないので年越しに帰った時に持ってこようということで
一旦GTO製作の方はお休みさせて頂こうかと。

年内はコッチのブログは休止してしまおうかとも思ったのですが
なんとなく時間が勿体無い感じがするので新しいキットに手を付けちゃいます。


今回は



本当は次の次あたりで手を付けようと思っていたカマロSS 1LE。
実はAMTのキットは初体験だったりします。

最近のダッジ・チャレンジャーやマスタングなどの「アメ車レトロモダン」系のデザインが好きでして
特にカマロは先代からの適度なマッチョ感が堪りません。

元々はスナップキットがベースでエンジンなどが追加されただけのお手軽キット。
それほど手間を掛けずに完成出来たらなと思っております。


で、早速仮組み。





感覚的に組む前は「ちゃんとカタチになるのかな?」という不安のあるキットなのですが
いえいえどうして想像以上にカッコイイです。

成型色の影響なのか画像で見るとなんとなく「デカいビックワンガム」に見えなくもないですが…。


少しフロントの車高が高い感じがするのでその辺を修正してやればイイ感じに仕上がりそう。
次回から本格的に製作を開始しますね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

魑魅魍魎

2017-11-15 21:33:02 | タミヤ:三菱GTO
ちょっと前のハナシになりますが
11/5に行われた横浜ホビーフォーラムに今年もお邪魔してきました。











ゴメンネ、あんまり写真撮ってませんでした。
なんか雰囲気に呑まれてそれどころじゃ無かったのよ。

今まで静岡SHSやHMEなんかは2日開催の展示会にお邪魔することが多くて
1日目に雰囲気に慣れて2日目にゆっくり、じっくり見て回るパターンが染み付いたせいか
ぼけーっとしてる間に終了しちゃった感じです。


とか言いながら間借りしてちゃっかり展示しちゃってたり。



手ぶらで行くのもアレなので仲の良いモデラーさんとの話の種になればと持ち込んでみたんですが
気付けば一緒に並べられてしまってました。
(QUATTRO VALVOLEの皆さん、ありがとございました) 

やはりダズル迷彩NSXの反応は上々でしたし
ラーク・マクラーレンの細かい改造点にも気付いて頂ける方もいらして有意義な時間でありました。

「変態」のありがたい称号も頂けましたし「来年もなんか作ってきてね」とのお言葉も頂けたので
次回の機会がありましたらよろしくお願い致します。


という事で、三菱GTO製作記は第4回目になります。




ボディはクリアーを吹いて研ぎ出しまで。



なんとなく良い感じのツヤが出ているように見えますが



久々に豪快な角だしなどを。


その他にも下地を大雑把にやりすぎてなんとなく清潔感が無いし
ウレタンクリアーを吹いた時に水分が混入しちゃって表面のウネウネもかなりキビシー。


迷った挙句。



シンナー風呂へダイブ。

なんかモチベーションが切れちゃったなぁ。
デカールのスペアも無いしこのままお蔵入りにさせてしまおうか…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳寒松柏

2017-10-23 18:29:00 | タミヤ:三菱GTO
だんだん寒くなってくるとエアブラシ嫌々病が発症しちゃって進みが停滞しがちですが
頑張って手を動かしましょう。

三菱GTO製作記の第3回目です



サクサクと言ってた割には進みが遅くてスンマセン。
今回はボディの塗装を進めます。

サフ処理の終わったボディをまずは白吹き。



アッチのブログでも言いましたが最近の下地白は
ガイヤのEXホワイトに黒を数滴を落としたものを吹き付けてます。
見た目は白のみを吹いた時と殆ど変わらないのですが隠蔽力は格段に上がります。


そして赤塗装。
今回はクレオスのGXハーマンレッドをチョイス。
まずはエッジを中心に吹き付け。



この色、吹き始めはスッゴク濁った感じの発色で
このまま吹いたらどうなるかと不安になるですが



吹き重ねていくと鮮やかに発色してくれます。

隠蔽力も強いし色止まりも良いので数ある赤塗料の中では楽ができる一品。
特にこだわりの無い時はこの色に逃げちゃうのよね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蹈常襲故

2017-09-23 14:52:20 | タミヤ:三菱GTO
三菱GTO製作記の第2回目となります。
ゴメンよ、あんまり進んでないんだ…。



この時期のタミヤキットはパーティングラインがキツめに入っているのがマイナスポイント。



オマケにボディラインの微妙なラインを通過してるので処理には少々気を使います。


ついでに言うとスジ彫りの中にパーティングラインを収めている箇所も
それを境に段差がついている事があるので要注意だったりします。



根気強く修正するのみですね。


ある程度の目途が着いたところで捨てサフを吹いて面出し。



#1000のペーパーでサフをボディに刷り込むように水研ぎします。


小キズが少しあったのですが全体的にヒケも無いし想定以上の段差もなかったので
本サフをブワッと。



今回は突起物を削って置き換えるということはしないつもりなので
下地処理はこれにて終了。

次回はボディ塗装まで終わらせるぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GTOはじめました

2017-09-14 12:24:13 | タミヤ:三菱GTO
AMG GTが完成して1ヶ月半ほどですか。
ストリートカーに関しては製作意欲はあるけどコレと言って作りたいものが無いという状態でして
展示会報告やら放置していた完成画像のアップなどでやり過ごしていたわけでございます。

しばらくコッチは休止…ってのも考えたのですが
私の場合コンペ車の1台よりも市販車と2台同時進行したほうが気分的な効率も良いですし
今年は製作ペースも順調なのでこのまま完成台数を増やして行きたい思いもありますので
在庫処分でサラサラっとお気楽気分で作れるものに手を付けて行きます。


で、



コレ作ります。三菱のGTO。

過去に一度、発売直後くらいの時期に製作したことがありまして
記憶が確かならば当時付き合っていたオネーチャンにプレゼントしたんだっけかな?。


早速仮組み。



こんなに前後のオーバーハングが長かったかな。
改めて見るとタミヤデフォルメが全開のような気がしないでもありません(嫌いじゃない)

ノーマルのままってのも面白みがないので以前作った80スープラのように
外観ノーマル、足回りローダウンの線でイジってみようかと。
あくまでもサラサラっとね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加