なかふらの単車館

オートバイ私設博物館の日常と情報です!!

メグロS3㉚

2019-01-03 00:42:56 | メグロS3
みなさんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。私がやりたいことは、一人でも多くの趣味人の手助けになることですので、ブログでは引き続き自分のいじるバイクを通して情報を公開していきたいと思います。

今日は朝から厄払いに行って、旭川の奥さんの実家に挨拶に行って、ようやく夜から少しいじってみました。
ところでですが、カバータイプのフロントフォークのオイルシールを交換したことがある方もこのブログを読んでいる方には多いのではないでしょうか?。こんなタイプです。


カバータイプのフロントフォークは気持ちよく抜くともう一度戻す際に、サスが縮んでしまいうまく入りません。苦労した経験のある方もいるでしょう。これはまさに「急がば回れ」という事がぴったり当てはまります。それでは初めて行きましょう。

まずは、トップブリッジ上部のボルトを外します。そして根元のナットを少し緩めると、フリーになりますので、トップブリッジがクルッと回ります。その後にライトの固定ナットは外しておいてライトステー部分は外します。


そうすることで、インナーチューブを持って手で上に引っ張り上げることが出来ますので、このボルトをしっかり締めて落ちていくのを防ぎます。


後は、ライトステーを入れてライトのボルトを締めて、トップブリッジ上のフロントフォークのナットを締めこんでいきます。クランプしたボルトを緩めることによって、上部のボルトを締めこんでいくとしっかりと定位置に収まります。

CB72でもこの方法は通用しますが、メグロよりはちょっと難しいです。やってみればわかります。でも出来ます。

あくまで素人が経験上の苦労を解決するために考えた方法です。もっと良い方法があるなら教えてください。

マグネットは結局、コイルを巻きなおししてもらいました。ベアリングも交換して、これでしばらく大丈夫でしょう。


寒い冬ですが、いじる場所から順次塗装をしていき形にしていきたいと思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« メーターいじり | トップ | メグロS3㉛ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メグロS3」カテゴリの最新記事